日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

10月25日 八幡浜~佐田岬(往路)

10月26日(日)に開催される”サイクリングしまなみ”に参加するために愛媛県に行ってきました。
10月24日(金)夜勤明けから2時間程仮眠を取り、会社メンバー8人より先乗りの前々日入りに向けて、
昼前から自宅を出発。土曜日のしまなみ前哨戦の為です。

眠気で動けなくなるまで、行けるとこまでいってみようと、名2環から湾岸、東名神と車を走らせます。
途中亀山JCTで第二名神に入るはずが、何を思ってか素通り。
しょうがないので約20年ぶりに名阪国道を通り、奈良県天理経由で大阪を抜ける。
神戸で渋滞に巻き込まれながらも、ほぼ順調に明石海峡大橋を通過します。
ここは一昨年の”淡路島ロングライド150”以来で懐かしい。また走ってみたい所です。
赤石海峡大橋

淡路島を抜けて大鳴門橋から、人生初の徳島県入り。
大鳴門橋

四国の中央構造線、吉野川に沿って徳島道を通過しているが、香川県に入る前に日が暮れてしまいました。
夕闇に微かに映る渓谷美に、明るいうちに見たかったなと強く思ってみたものの、
出た時間が遅かったのでしょうがないですね。
四国の中央構造線

折角松山に到着したので、道後温泉に入っておこうと本館に立ち寄って、汗はかいていないけど
運転疲れを癒します。
そういえばここまで眠気が感じなかったけど、到着した安心感からか、温泉に入った途端急激な眠気に襲われる。
さて懸案の今夜の寝床はどうしようか?
テントなどキャンプ道具一式は持ってきたものの、今から手頃な河原や公園を暗闇の中探す気にならない。
明日のライド起点を潮騒公園と思っていたが、メンバーとの合流予定時刻を考えると、
どうも間に合いそうも無いので、伊予市起点を変更して佐田岬半島だけの行程へと短縮を決める。
となると今夜の車中泊する場所を、半島付け根にある八幡浜市とし、そこを目指して更に車を走らせる。

道後温泉
何とか眠気と戦いながら、道の駅”八幡浜みなっと”に到着。
まだ真新しい施設のようで、駐車場も広く気兼ねなく車中泊に車を停めることが出来た。

道の駅に車を置いて八幡浜の町を酒を求めてぶらつくが、シーンっと静まりかえって人の通りも無い。
たまたま止まっていたタクシーの運転手に居酒屋の在り処を訪ねて、
何とか夕食を兼ねた肴とビールの一杯に有りつけた。

そこで一緒になったビジネスマンとの世間話では、サイクリングしまなみの影響で
尾道、今治、松山界隈の宿は何処も空いていないらしい。
唯一紹介されたのが一泊3万円台の宿だけだそうな。
何気に凄いなサイクリングしまなみ。

23時過ぎの人っ子一人いない町を、ほろ酔い気分で車に戻り、狭いジムニーでの車中泊ではあったが
ホント寝不足の影響からぐっすり眠ることができました。

朝目が覚めると既に7時を回っており、周囲に人の往来の気配がする。
すぐ裏には綺麗な芝生が。テントが張れたかな?
道の駅 八幡浜みなっと

身支度を整え、バイクの両車輪を組み準備して急いで出発する。
ところが小さな山を1つ越えた所で突然雨が降り始める。
雨雲レーダーには映っておらず、通り雨っぽいのでしばらく軒先で雨宿りしながら待っていると
小雨になって来たが、なかなか完全に止む気配無いので諦めて出発する。
出だしから雨中走行
道にはしまなみ海道と同じブルーラインが伸びて三崎港までの距離が表示されている。

坂が始まり標高を上げていくにしたがって、汗なのか雨に濡れたのか分からなくなった頃、
気が付けば空が明るくなってきていた。
路面は多少濡れているが、登る速度も遅く、後輪から上がってくる背後からの飛沫が
飛んで来る程では無くなっていた。
雨が上がる
しかし相変わらずまだ登りが続きます。それでも200m程上がったところで一旦ピークに。
緩やかなアップダウンとトンネルが続きます。
この道、意外に大型のトラックや乗用車の往来が多いのに驚く。
この先半島の何処に行くんだろうと疑問だった。
登りが続く
雲は相変わらず黒くてぶ厚いが、切れ間から差し込む光との対比が綺麗に感じる。
この先天気もこれ以上悪くならないと感じさせる。
雲は厚いが景色良し
道の駅”伊方きらら館”はこれまで見えていた宇和海と反対側の伊予灘側をちらっと見ただけで素通りし、
すぐ先にある道の駅”瀬戸農業公園”を目指す。
ここは今年BRM719広島600kmで通過CPだった場所。モリゾーさんとマコさんが来た場所。
広島からここ通って宇和島までを往復か。とても真似できませんね。
道の駅瀬戸農業公園
ここから32kmだそうだが、まだまだ先は見えません。
半島を形成する尾根中腹あたり、海面から200mほどの高さを維持しながら国道197は岬へと伸びます。
未だ半島の先は長い
軽快な下り坂を走り海面高さまで降りると三崎港に到着。大きなフェリーが出航しようとしている。
フェリーは対岸の九州佐賀関へと航路を結んでいて、今まで追い抜かされたり、すれ違っていた車は九州と往来していたんですね。
海の水質が澄んでいて綺麗な港ですね。
三崎漁港
ここまで道の駅以外に商店らしいお店がほとんど無く、ようやく補給にありつける。
フェリーターミナル前のパン屋でパンを2個購入。四国限定はちみつゆずと併せて頂きました。
パン補給
三崎を過ぎるとまた登る。
これまでの国道から県道へ、この先も2車線だったのが急に道が狭くなっていきます。
でも車がほとんど通らず、自転車にとっては快適な道へと変わり、空も青空となり当然気分が良くなる。
再び登り
後ろを振り返ると、遠くに次の便のフェリーが到着しようとしていた。九州四国間を往来する需要が結構有りそうですね。
フェリー到着
道が細く、ブラインドコーナーも増えていきますが、相変わらず車も少ない。
海と空の青さが映えますね。
道は細く、険しく
次第に半島の先っぽか?と思われる景色が見え始める。
半島先っぽ?
同じようなコーナーが何度も現れ、そのたびに岬が見えるか?という期待感が増します。。
海に抜ける道
ところが突然小さな駐車場でドン詰まり。そこからはこんな景色です。
みかんを売るお婆ちゃん数人から声が掛かり、ここから佐田岬灯台へはは1.8km専用の歩道を歩くそうな。
シューズのクリートが削れるのを覚悟し、せっかくここまで来たのだから歩きますか!
駐車場からの景色
徒歩開始し、カポカポ大きな音を鳴らしながら、木々に覆われた狭い舗装歩道を歩くが、
だんだん下りはじめる。
徒歩開始
急に視界が開けたと思ったら、未だ向こうには山が見える。
アレも越えるのか~?。
山越えてもまた山?
荒々しい崖の脇を通過。道も岩を埋め込んだ凹凸のあるコンクリ舗装に変わっている。
崖も荒々しく
更に一山越えても、もうチョイ先がある模様。
海は綺麗だな~。
綺麗な海岸
道も遂には未舗装へと変わる。
つづら折りの坂を登ったり下ったり。
道も未舗装に
林を抜けると待望の灯台が突然目の前に。
やっと到着です。
灯台到着
灯台内部の公開時間は1日たった3時間。
灯台施設を管理する海上保安庁の方が駐在し案内してくれます。
公開案内
灯台の階段はとても狭いので、上下で無線により連絡取り合い、人がすれ違わないように調整してくれるよう。
螺旋状n階段は終いには螺旋梯子へと変わります。
流石にサイクリングシューズでは辛いわね。
細い階段
灯台頂部の灯火設備。
意外にでっかいです。
灯台内部
灯台上部でも海上保安官が2名配置。
気軽に質問に答えてくれます。
岬の北西方面。国東半島は全然見えませんね。
北西方面
南西方面。手前の高島の右奥に、辛うじて佐賀関半島の山が見えます。(写真じゃわからんが)
南西方面
手前の豊後水道は流石に潮流が速いのですが、ここで漁を、しかも素潜り?しているのがわかります。
(保安官に教えてもらわなければわかりませでしたが)
素潜り漁
東方面は今来た半島先端の山々。
東方面
灯台下には四国最西端の碑があります。
タオルやウェットティッシュ、菓子湿気防止用袋とじ治具、パンフレットなど貰えるものは貰って引き返します。
四国再西端
駐車場に戻る途中、綺麗な浜に出る道があったので降りて見た。
ここで海水浴は無理だろうな。海流速そうだし。でも贅沢なロケーションです。
海岸に出てみた
帰路、岬先端を振り返る。今は穏やかですが、なかなか自然が厳しそうなところですね。
木々も風が強そうな所はずいぶん傾いて育ってましたし。
岬先端に来たゾって気にさしてくれる、充実感満点の風景です。
やはりPeakとCapeを目指すのが自転車乗りの正しいあり方って再認識しました。
帰路振り返る
 (無駄に)長くなったので復路編に続きます。
  1. 2014/10/27(月) 23:42:18|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月25日 八幡浜~佐田岬(復路)+α | ホーム | 10月18日 珈琲飲みに恵那ライド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nao5963.blog.fc2.com/tb.php/98-835b42b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (144)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR