日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

8月1日 連休後半戦 小豆島ライド

7月30日から8月1日にかけて、姫路、小豆島へ行ってまいりました。

目的は、JKの娘と2人でNHKの大河ドラマ”軍師官兵衛”の史跡、ロケ地をめぐる旅です。
昨年の広島、呉へのゼロ戦、大和を見に行くのに続き、2回目の夏旅。
なぜそんなのに興味を持つのかといいますと、共通項は、〇ャ〇ーズの岡〇准〇ですね。
ジャニヲタですから。

まあ、昨年もアッシー替わりで観光してからさっさと娘を新幹線で返し、
その後は会社仲間としまなみ海道サイクリングでしたので、遠征の口実にはもってこいです。

今回、夏季補習授業後の高校でピックアップし、一路姫路へ。
到着早々に日没までと、翌日1日かけて観光しました。
周った先は以下のとおり。

 ・御着城址と黒田職隆廟所〔筑前さん〕
黒田官兵衛史跡めぐり
 ・国府山城址〔妻鹿城・功山城〕 ここの登山がキツかった。
甲山城址
 ・姫路城(本丸は3月末まで工事で立ち入りできず)と、特設の大河ドラマ館
姫路城
 ・広峯神社 (ここまでの坂がなかなか。3人のヒルクライムに遭遇。機会あれば是非!)
広峯神社
 ・書写山円教寺
 ・竹中半兵衛の墓
ここまでの観光でタイムアップ。
娘は翌日の授業に直行するために、朝一の新幹線で名古屋に返しました。

さて、ここからは親父の楽しいサイクリングタイムです。
姫路港に向かい、7:15の第一便には見送りで間に合わなかったので、9:45の第2便に乗船。
小豆島の福田港へは11:25の到着です。
(この便では結果的に時間が全然なく、後悔することになる。もう少し早く行くべきだったかな。)

姫路港では既にフェリーが到着。
乗船時に船員さんからクリート付きの靴はNGとスリッパを渡される。
姫路港

100分の船旅の間、船内でのんびりしていると小豆島が近づいてきた。
小豆島接近

車を先に降ろし、自転車、バイクは最後に降ろされます。
小豆島に上~陸。
上陸

福田港からは直ぐに上り坂が始まる。入り江=港町と、岬=山越えを交互に繰り返し、
意外にアップダウンしか無い小豆島の東海岸です。
福田海岸や南風台からは、遠くに淡路島がかすかに見え、天気が良ければ明石海峡大橋が見えるとか。
福田海岸

何度かアップダウンを繰り返すうちに、橘峠をショートカットする橘トンネルに出る。
脚温存のためには、当然トンネルを通ります。
苦手な車も全然いないので平気ですね。
フェリーしか交通手段が無い小豆島では、圧倒的に車の数が少ないです。
橘トンネル

トンネルを越えると小豆島町の町並みが続く。
とりあえず小豆島と言えば”二十四の瞳”(新旧どちらも映画見たこと無いけど)なわけで、映画村を目指します。
町の中は醤油の甘辛い匂いが濃く漂って、醤油蔵が立ち並ぶ。
なんでもここは”醤(ひしお)の郷”とかで、小豆島は醤油醸造五大産地(野田・銚子・龍野・小豆島・金沢大野)
の1つだそうだ。
流石に自転車じゃ醤油瓶は持って帰れないので、醤油ソフトを頂く。
どんな味かと興味深々でしたが、甘い醤油味なのでほんのりカラメル味ですな。
マルキン醤油ソフト

内海湾越しに見える寒霞渓は雲の中。登る気力が萎んでいく。
この後、晴れてこないのだろうか。
山頂は雲

静かな湾沿いを走る海岸線は気持ちいい。海水も澄んでいて綺麗でした。
小豆島って小さいが綺麗な砂浜があちこちにあるのだけど、何故か誰もいないことが多い。
遊泳禁止なのか、単に平日で人が少ないのか、ちょっと勿体ない。
海岸線

岬の先端近くに、実際に学校だった建屋で、映画ロケで使われた分校校舎が公開されている。
分校

もうチョイ先には映画村。時間が無いので外からちょっと覗いただけで引き返す。
二十四の瞳映画村

こっちをジッと見ている人がいるな~と思っていたら、石倉三郎さん?
リアルな実物大写真だった。小豆島出身だって。
石倉三郎?

来た道を引き返し、寒霞渓の案内に従って草壁港から山側へ入っていく。
直ぐに急な坂道が続く。平均6%程度と侮っていたが、所々で結構キツイ坂が現れる。
寒霞渓へ

視界の開けた斜面が多く、これから登るチョイ先の道も見え、罵倒しながらペダルを回す。
登る

下界を見ればずいぶん登ったように感じるが、比較するものが少なく高度感が分かりにくい。
山頂でも700m程度のはずなので、たぶん数字以上に高く感じます。
下界

木々に左右の視界が遮られた道は、勾配が小さくなったと思ったら、何も目印となるような物が無く下り始めた。
山頂を過ぎたのか?寒霞渓山頂はどこいった?
頂上?

しばらく下ると、ロープウェイ山頂駅が現れる。
ここまで”寒霞渓山頂”の案内看板を目指して登ってきたが、渓谷の山頂は必ずしも山のピークではないんですね。
山頂駅で完熟オリーブソフトを食べる。
昼食も摂らずにソフトを食べてばかり。ただ塩ソフトも別にあるようなのでソフト制覇したいもんだ。
オリーブソフト

寒霞渓展望台からは渓谷の奥の方が良くみえず。
渓谷美を堪能するには上からでは無く、ロープウェイから近くで見た方が良いのだろう。
寒霞渓展望台

寒霞渓山頂駅を挟んで来た道と反対側の山を登る。こちらも結構な坂が続く。
振り返れば寒霞渓の上部が見渡せたが、やはり最深部は見えなかった。
振り返って寒霞渓

更に走ると進行方向の道路左右がざわつき始め、野生の猿の群れに遭遇。
それほど警戒感は無いが、近くに寄ると威嚇し始めるので、そっと通り過ぎる。
この後で別のもう一群れにも遭遇。
小さな島なのだが、温暖で気候も良いし山の自然が豊かなのだろう。
猿の群れ

頂上近くの美しの森公園で、ようやく待望の看板が現れる。
四方指へ

四方が見渡せる小豆島のピークポイントの、その名も”四方指”。
残念ながら下から雲がどんどん上がってきており、周囲は四方真っ白。
諦めて下山します。
雲の中

ここからの下山は平均で-10%越えなので、速度コントロールが厳しかった。
所々で車のブレーキ異常処置の為の待避道(U字になって登ることで停止する脇道)があるくらい。
キーキーと盛大にブレーキ音を鳴らしながら降りていきました。
振り返れば山頂は遥か頭上にあって、ちょっと蒸し暑さが増したように感じる。
ダウンヒル

既に15時近い。昼食をどうしようかと思いながら、予めチェックしていた店に到着。
定食は未だ大丈夫との返事だったので、中に入る。
ここまで再度登りだったので暑い暑い。何杯か頂いた水がたいへん美味しい。
こまめ食堂

表の看板メニュー以外にもいくつかあったが、もちろん”棚田のおにぎり定食”の一択です。
メニュー
しばらくして運ばれてきた定食には、魚(名前忘れた)丸ごとの唐揚げや、海鮮と野菜のかき揚げなどが
付いていて、メインのおにぎりがまた美味しかった。
棚田のおにぎり定食(日替)
店のチョイ先の千枚田を見ると、かすかな見覚えが。あの曲のDVDロケ地だ。
棚田

後でDVD見て確認したら、こんなシーンでした。
棚田シーン

雨がパラつき始め、フェリーの時間が迫っているので迷ったが、1本遅らせることにして、
この先の、次の目的地に向かうことにする。
小豆島で四方指の次に来たかった場所”エンジェルロード”。
大余島へ続く、干潮時だけ現れる砂浜の道です。
予定外に遅くなったのでつながった道を見ることができました。
エンジェルロード
この地を知ったのも、先ほどのDVD曲のロケ地だったから。
SKEの”ごめんねSUMMER”ですね。
後で知ったのだが、この周辺で集中的にロケがあった模様。
残念ながらこの時は雨が降り出す前に福田港に帰らねばと、島の反対側を全速で向かいます。
エンジェルロードシーン

島の北側に回り込み、福田港に到着したのは18時。
幸い雨はパラつく程度で本降りには逢わず、濡れ鼠での乗船とならずに済みました。
福田港

港の周囲の商店も既に閉まっていて閑散としています。
前の便の出発より45分以上も遅かったので、しかたなく最終便の船の到着を待ちます。
フェリーターミナル

ターミナルの待合室でも人はおらず。
19:30の乗船まで90分、渡航100分と姫路に戻って下船したのは21時15分過ぎ。
ずいぶん予定よりも遅くなりました。

それにしてもフェリーの中は冷房が効いていてサイクルジャージだけでは寒かった~。
夏でもウインドブレーカーが必要でしたね。
待合室

下船後、駐車場に停めてあった自転車を車に積み込み、近くのコンビニで買った珈琲で凍えた体を温める。

明日は会社連中と朝から御嶽山山麓でサイクリングの予定です。

寝る時間があるのかどうか心配しながら、、人影が少ない姫路の港町を後にし
夜の山陽道、名神を走らせて名古屋に向かいました。
正に『中国大返し』。

この日のコースはこんなんでした。
走行距離93km。獲得標高1717m。

小豆島は車が少なく、路面も良いところが多いので自転車乗りにとっては良いところですね。
ごめサマと、日々読んでいる兵庫の人気自転車ブロガーコギコギ君の”自転車コギコギ日記”で
興味を持った小豆島でしたが、
次回はもう少し気候の良い春先か秋にでも来て、四方指から遠くの島々まで見渡したいと思っています。

相生のだるま珈琲にも行きたかったな。
  1. 2014/08/03(日) 16:53:43|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<8月2日 連休後半戦 御嶽山麓高原ライド | ホーム | 7月26日、27日 夏季連休前半戦>>

コメント

ひろ@bike様

ひろさん こんばんは。

姫路城は肝心の本丸に入れなかったのが心残りです。
クレーン2台が見えなければ、本当に綺麗だと思えるんでしょうね。

計画時には、どんなコースを走ろうかとルートを引くのには余念が
無いのです。それが一番楽しかったりする訳で。

ただ実際には予定どうりに行かないことが多いですね。
体力的に走れなかったり、胃袋への誘惑で余計な時間が掛ったり。
そのへんは臨機応変に対応してます。
あまり計画に縛られるのもつまらないですし。最近はナビも使いません。
時々地図見て、後はカンです。

お店のチェックはそれほどでも無いですかね。
ただスイーツ関係はもっと充実できればと思ってます。
いい店あったら教えてね。
  1. 2014/08/05(火) 23:57:20 |
  2. URL |
  3. Nao #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

姫路城、すごく綺麗になってますね!一度だけ行ったことがありますが、かなり汚れている時でしたので・・

それにしてもNaoさんのライドはほんとに旅みたいで素敵です。ご当地グルメもしっかり堪能されてますし。

きっちり計画立てないとなかなかできないと思うんですが、そうでもないのですか?
  1. 2014/08/05(火) 21:25:06 |
  2. URL |
  3. ひろ@bike #-
  4. [ 編集 ]

shigarakiyaki様

shigaさん こんばんは。

夏季休暇が終わってしまって、既に抜け殻ポンコツ状態です。
今後の夜勤SCDLが不確定で、週末ライドへの参加可否が良く分からなく
モヤモヤしております。


法事も大変そうですが、親類と飲み語らいあう良い機会ではと思います。
(次男坊の勝手な想像ですが。)

軽量化で戦闘力MODEは、もしやシマノ鈴鹿用ですか?
ヒルクラレースイベントありましたっけ?
あ~乗鞍ですね?
  1. 2014/08/04(月) 22:35:35 |
  2. URL |
  3. Nao #-
  4. [ 編集 ]

休日堪能されていますね~。
盆は法事でつぶれま~す!

ただいまプレステージ絶賛軽量化中!
  1. 2014/08/04(月) 14:05:50 |
  2. URL |
  3. shiga #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nao5963.blog.fc2.com/tb.php/83-2b4a7956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (158)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR