日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

4月13日 美ヶ原ヒルクライム【本編】

松本まで移動して家族と合流したその日は、街中のホテルに宿泊。
夜桜会や居酒屋に行くことなく、早々に寝てしまった。

翌日はゆっくりめに起床し、息子下宿先に引っ越し荷物を運びこみ、WiFi設定などを手伝った。

合間に大学サークル案内の冊子を見ていると、色々なサークルがありますね~。
自転車関連なら自転車競技部と旅志向のサイクリング部。自分なら断然サイクリング部のほうだな。

心魅かれたのは温泉サークル。温泉合宿が月一あるって。地域柄合宿先には困らんだろうな。
あとヒッチハイクサークル。ヒッチ旅って楽しそうだが団体でヒッチできるのか?

息子はテニスサークル(やったことないだろ!)と田んぼの会(素朴だ)。
あと学祭実行委員にも参加するらしい。意外とキャンパスライフを満喫してるな!

カミさんから解放宣言を受け、自転車乗車許可が出た。
向かった先は、温泉街の奥から始まるヒルクライムで名高いコース”美ヶ原”に向かう。
自転車で王ヶ頭や王ヶ鼻まで行けるか分からないが、先ずは駐車場まで登るとしよう。


温泉街を抜け、最奥部を曲がると突然急斜面が始まる。
温泉街を抜けると
15%の直登がしばらく続く。既に息が上がり心が折れる。始めから脚パンだし。
激坂直登坂

直登が終ると看板で通行止めだって。冬季閉鎖で工事では無い模様。
雪は無いしゲートも開いた部分が大きいので問題無いだろうと、こっそり突破する。
冬季通行止め1

つづら折りが続き斜度は相変わらずきつい。
路面は泥やら落ち葉やら岩やら荒れ放題だな。
つづら坂
落ち葉

少し登ったところで背後には北アルプスの秀峰が並ぶ景色が広がる。天気がもう少し良ければいいのに。
北アルプス景色

斜度がゆるくなったら広いきれいな道に出た。別のルートがあるならそちらから登ればよかったかな?
好き好んで荒れ道通ること無かった。
合流

美鈴湖が見えるとワカサギ釣りをする人がいっぱいいて、人の気配があるのがチョット嬉しい。
最初いったいどんな無人の山に入るのか心配になっていたんです。
美鈴湖

結構登ったつもりだが、看板の地図を見るとまだ序の口って感じ。まだまだ登りは続きます。
看板

美鈴湖を抜けるとすぐに冬季通行止めのゲート。今度は隙間が少なく行ってはいけ無さそう。
脚パンは相変わらずだし途方に暮れていたところ、上から2人組ローディが降りてきた。
しゃーない!行けるとこまで行ってみるか!
冬季通行止め2
先ほどまでよりは若干緩やかになったが、たぶん6~8%程度の坂が延々続く。
尾根沿いに上がる感じで視界は明るいのだが、ちょっともピークは見えてこない。
登り切ったと感じるとちょっと先にもまだ小山がある感じが続く。
ゆるやかな?登り

時々視界が広がり、安曇野から北アルプスの山々が見える。
3000m級を見ていると景色は良いのだが、ちょっとも登っって進んでいる実感が湧かない。
北アルプス

それでも次第に道路脇に雪の塊が増え始め、時々凍結路面が出てきて押し歩くはめに。
凍結路1

少し先の路面では雪が解けているのが見えるので、断念する諦めがつかず。
何度も凍結路を押し歩くがクリートに雪がつまり、ペダルをキャッチできなくなる。
小枝で突っついて雪を落とす作業が加わる。
凍結路2

下りで急に凍結路が出てきたらと思うと、少々心配になってくる。
もし怪我して動けなくなっても誰も来ないだろうな。
まあ自己責任で山に入ったのだからしょうがないのだが。幸いケータイ電波は届くようだ。
凍結路3

ヘロヘロになってきたあたりで看板が見えてきた。
美ヶ原まであと5km!
急に斜度がゆるやかになってきた。
分岐
看板

三叉路の先もやっぱり通行止め。そちらを下ると反対側の上田市に降りるらしい。
分岐先も通行止め

緩やかな道が続く。ようやく登り切ったらしい。
ここから美ヶ原駐車場へは、ほぼ水平移動のはずだ。
頂上近く次第に緩斜面

山頂部の開けた景色が続く。
開けた良い景色

その先カーブを曲がったところでまた長い雪道。
雪道再び

あれ?先方の道が雪で見えないぞ。カーブしてる?
あれ?道は?

どうやら道はここまで。この先は除雪が済んでいないようだ。
突然雪の壁で進路がふさがれた感じ。
どうやらここまで

壁の向こうは道路いっぱいの積雪でガードレールがチョット見えるだけ。
これでようやく諦めがつきます。
その先は除雪なし

さて!来た道を戻りますか。
来た道もどるか

急にお腹が空いてきたので、絶対誰も来ないであろう道路に寝そべり、補給食でおやつとする。
静寂の中で、すぐ頭上で鷹がゆったり旋回していて、のどかな雰囲気。
贅沢な時間の中、直ぐに降りるのがもったいなく、ブログ実況投稿を初めて書いて送る。
ちょっと補給 道端で

相変わらず北アの山が春霞なのか、単なる曇りなのかぼやけた景色。
良く見ると穂高の横に槍も見える。ちょっと北にあるのは立山や白馬の山々かな?
北アルプス

標高1900mから650mまでの標高差を一気に(といっても結構慎重に)下る。
麓の松本では満開の桜が綺麗で、冬から一気に春と季節が進んだ気分。
桜

本日の走行ルートはこんなんでした。
走行距離38km。獲得標高1316m。

体がダウンヒルで冷え切ったので温泉会館に寄りたかったが、母娘の観劇がそろそろ終わる時間。
街中まで移動すると、タイミング良く連絡入って合流。無事帰路につきました。

7月には松本大歌舞伎が行われ、当選すればまた来る機会がありそう。今度はどこを走ろうか?
GWにも来る予定があるので、先ずはそのコースを決めねば。

2日間の自転車三昧は大満足でした。すっごく疲れたけど。
  1. 2014/04/16(水) 23:56:24|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<4月20日 中山道ポタリング 御嵩~鵜沼宿 | ホーム | 4月12日 ロングライド松本>>

コメント

KOU様

KOUさん、こんばんは。

いい大人が通行止め看板を無視して進んでいいのかと
責められそうですが。大概何もなく行けるのですよね。

過去実際に道路幅いっぱいに路面補修してたり、道が無かったりしたことありました。
落車したり熊が出たりしたらと思うと、本当は危ないん
だけどね。

行ってみたいという誘惑がつい勝ってしまいます。
  1. 2014/04/19(土) 03:16:31 |
  2. URL |
  3. Nao #-
  4. [ 編集 ]

Naoさん、おはようございます。
プチ冒険ですね^ ^
僕なら雪が路面にあった時点で引き返すかも…っていうか最初の激坂で帰るかもf^_^;
僕もNaoさん同様サイクリング部がいいな…
  1. 2014/04/18(金) 07:21:24 |
  2. URL |
  3. KOU #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nao5963.blog.fc2.com/tb.php/64-6f7344a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (158)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR