日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

11月17日 もみじ谷、川浦渓谷とK52

天竜市春野町の秋葉山に行くつもりだったが、朝いち天気予報を見ると浜松は午後からは50%の降水確率だった。

秋葉山は秋葉神社の総本山があり、火の神様を祭っている。秋葉山に行くのは、今週末に(2度目の)新居に
引っ越しする我がチームのA「ケン君」に火防のお札をプレゼントするためだ。
もちろん好意からでは全く無い。
1年後に秋葉神社に”ヒルクライムしてお札返納すべし!”の指令付きイヤガラセでイジリたいだけの
仕込みのためだ。
もちろん強制する以上、自分も登る必要があるのがこの計画の欠点なんだが。

天気予報で岐阜市方面は30%だったので、美濃に目的地を変更した。
紅葉を見に、久しぶりに”もみじ谷”に行きたいと思っていた。
思いつきと勘違いで走ったコースはこんなんでした。
走行距離124km。獲得標高1577m。

美濃橋下の河原に車を停めて、そこからすぐの大矢田神社のもみじ谷を目指す。
ゆるい上り坂を、ママチャリで大型犬を全速で散歩させている、バカッ速おじさんと
抜きつ抜かれつの競争をしながら、ほどなく境内に到着した。
もみじ谷入り口とバカッ速おじさん
山門で自転車を停めると、早速少し赤く色づいたもみじが綺麗だった。
山門
だが思ったほど赤いもみじは少なく、全体的にまだ黄色いもみじが目立つ。未だ紅葉のピークには少し早かった
ようだ。地元の方と話してみると、見頃は例年23日の祝日頃で、もう1週間くらいしたら一面真っ赤になると
言っていた。
境内
こんな赤いもみじに染まった紅葉を見てみたいが、来週も来れるかしら?
もみじ谷入り口

その後どこに行こうか迷ったが、まだ走ったことの無い板取川沿いを北上し、川浦渓谷を目指すことにした。
丘を越えて板取川沿いに出る。K81号線は車が多そうなので、反対側の川沿いを走っていると、森に囲まれた
雰囲気のいい喫茶店が突然出現した。
以前誰かのブログで紹介されたことのあるお店であることを思い出し、当然今日は急ぐ理由も無いので
モーニングにすることにした。
せきや

店内はとても大きなテーブルが1つあるだけの、こじんしたレイアウト故、既に満席だったが、
屋外のテラスには木製のテーブル席がいっぱいあり、肌寒い朝だったので1人で独占状態だった。
防寒装備だし、汗をかいたレーパン姿の自分にとっては、かえって外のほうが好都合だ。
川が目の前を流れて景色も良かった。ここは屋外のほうが断然お勧めですね。
デッキでモーニング

R256の板取川沿いは、それほど勾配が急で無いので、のんびり走ることが出来た。
紅葉を見に来る車が多いかな?と予想したが、あまり走って無いことも気分良かった。
川沿いでは綺麗な紅葉もそこそこ楽しめた。
板取川

板取川温泉では、新米試食会が開かれており、”○×さんのササニシキ”とか”△□さんのあきたこまち”とか
紹介された何種類ものごはんを振舞っていた。色々なお漬物と併せて食べ放題状態で、遠慮なく(本当に)
たくさん食べさせてもらった。昼食が必要なかったくらいに。
新米試食会板取温泉

道を左折し、少し進むと川浦渓谷に到着した。
川浦渓谷 看板

色々なブロガーさんの記事を読んで、以前から来たかったところだ。
切り立った渓谷がとても深く、川は遥か下を流れている。水量が多い夏の頃はもっと綺麗だろうなと思った。
川浦渓谷

この後どうしようと思いながら、再び地元のおじさんと世間話していると、山を越えて郡上市相生に行ける
いい道があるという。何となく同じ道は避けたかったので、その道を行こうとおじさんの指さす案内通りに
K52をそのまま北上した。
(この日はのんびり紅葉ポタのつもりだったので、地図もナビも持ってなく、明らかに情報不足でした。)

ところがこのおじさんのとんだ勘違いだったようだ。(後でわかったのだが)それは少し南下した所から
東に進む道だったようで、確かにそのようなトンネル口を途中で見たわ!

そのうち東に曲がってひと山超える道があると信じて、どんどん北上する(実際には北東に進む)が、
どんどん道は寂しくなるし、人も車も見なくなってきた。
ある民家では猿の群れが庭先を占拠しているし、自然豊か過ぎて不安になってきた。
(ただそれでもこの状況を楽しんでいる自分もいて、ちょっぴりワクワクしてました。)

(群れの中で”俺平気だよー”て雰囲気で逃げずにくつろいでいる1匹。
 意地悪くちょっと近づくと、ギョっと驚いて逃げてしまった。すまんすまん!)
猿

路面は全体的に悪くないのだが、落ち葉や木の実が結構多くて所々走りにくい箇所も。
頼むから熊だけは出ないでね!と思い、大きな声で歌を熱唱しながら走る。
K52

こんな道を登る。
坂1

登る。  (↓途中こんなガードレールすら無い絶壁が結構あったが、夜はメッチャ怖そう!)
ガードレール無し?

登る。
追加の坂

何度か”もう頂上?”詐欺に合いながら、トンネルを抜けると
トンネル

北側はるか向こうには、ひるがの方面と思われる山々が見渡せ、ここからは急激に下る下る。
とても寒くて急で、写真は撮ってられませんでした。

ひたすら下りた先は郡上大和ICでした。ずいぶん北側に遠回りしたもんだ。

板取川温泉からここまで、結局車と2台しかすれ違わなかった。
ひるがの方面

この時、既に14時30分を過ぎており、急いでR156の面白くも無い道をひたすら南下した。

途中こんな素敵な↓自転車に遭遇!
残念ながら持ち主と話すことは出来なかったが、結構若いお兄ちゃんでした。
自転車野郎

何とか暗くなる前にはスタート地点の美濃橋に到着できた。
美濃橋

なかなかハラハラ不安になりながらも、楽しめたライドでした。
本当はのんびり紅葉ポタのはずだったけど。
紅葉は結構満喫できたからいいっか!

ただ最後に一言! 県道52号線は”険道”と認定します。
  1. 2013/11/19(火) 01:55:20|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<11月23日 ノーライド・・・からの同窓会 | ホーム | 11月16日 休日出勤>>

コメント

KOU様

今回は単に事前調査不足が原因だったのですが、
最近はあまり情報を仕入れずに、思いつきで行動するようになってきています。

迷走や目的のお店の所在が分からなかったりする失敗も多いのですが、
冒険要素を積極的に盛り込んでワクワクや、驚きが結構楽しい。

ナビ見ながらだと移動が目的になってる気がするので、
ここんとこナビの出番全くなしです。

日没が早い時期に、午後に山で迷走しているとチョット不安になりますが。
  1. 2013/11/22(金) 23:22:11 |
  2. URL |
  3. Nao #-
  4. [ 編集 ]

Naoさん、こんばんは。

しっかりと紅葉と坂を堪能しれたようですね^ ^
しかもミステリーツアー?も楽しんだようで…
一人で知らない所走るのって、心細くなりません?さすがです。
猿によっては狂暴な奴もいますから気をつけてくださいね。突然向かってくる輩もいますので…
  1. 2013/11/22(金) 00:26:30 |
  2. URL |
  3. KOU #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nao5963.blog.fc2.com/tb.php/28-4587fea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (149)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR