日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

10月8日 金沢~名古屋逆日本海ライド(DNF)

この週末は金沢に行ってきました。
生憎の天気からいつもの遠征と違って、
復路で名古屋に帰るパターンとなった逆日本海ライドです。

過去何回か”日本海ライド”と銘打って名古屋~富山間のロングライドを行ってきました。
今回、少し目先を変えて金沢に向かおうと決めていた。
宿を検索すると流石は北陸随一の観光地。
3連休であるにも関わらず安宿も充実していて無事確保済み。

肝心の走行コースはどうしようか。
 ①一番シンプルな砺波まで国道156号で、あとは西側へ少し山を越え。
 ②美濃白鳥から九頭竜湖経由で福井に出て北上。
 ③いつかは行きたい温見峠越えながら酷道157号で金沢まで
 ④敦賀、越前岬経由で海岸沿いに北上
といったところか。

ところが予定日の10/7(土)は雨予報と週初めから出ていた。
数日様子見していても変化なし。

結局往路は電車で金沢まで行き、天候が回復する日曜日に
名古屋に向けて走ることにした。

当日朝も家の前は小雨が降っていた。
ただ雨雲レーダーでは岐阜方面は何とかもっている感じ。
走って走れなくもなさそうだったが。
今回は相方1人と前日約束していたこともあり駅へと向かう。
まあ、こんなモノ好きなイベントに付き合うのはいつものケンちゃんしかいないのだが。
空

特に急ぐ必要もないので、9時半発の電車に合わせて名古屋駅に集合。
今年3回しか乗ってイナイとかナントカで不安ダトカ演技しながら
いつもの三味線弾くけど真に受ける私では無い。
大概騙されているので学習するでしょ。

緑の窓口が連休初日とあって結構並んでいる。
自動券売機にしようと操作するが、特急しらさぎに乗せようと画面が案内され、
長距離の乗車券だけ買う方法がわからずに、大の大人が一苦労する。

本日移動だけなのであえて急ぐ必要も無い。
18切符でも無いけど、物好きにも鈍行乗り継ぐつもりなんです。

名古屋09:31~米原10:40
米原 11:01~近江塩津11:34
近江塩津12:01~敦賀12:15
敦賀12:40~福井13:45
福井14:10~金沢15:36
特急しらさぎの倍の6時間掛けて、金沢駅に到着しました。
15075590560.jpeg

宿に荷物預けて東茶屋に向けて川沿いをポタ。
15075592710.jpeg

流石の観光地とあって多くの人が訪れていました。
おっさん2人が入るようなところも無く、偵察だけで退散。

15075592090.jpeg
15075593300.jpeg

せっかくだから兼六園方面に大きく回り込み、知らない道をウロウロしながら
宿へと戻る。
本日の宿はゲストハウスKadoyasuさん。1泊2800円と格安。
しかも結構新しめな施設でした。
15075593870.jpeg
洗面所とシャワーは各2箇所。
15075594270.jpeg

早朝のチェックアウトなのでベットはドミの入口近くを確保。
ただそれ故に扉の出入りで通行が多かったのが難点だったかもしれませんが、実際には酔っ払ってそれほど気にはならなかった。それよりも上から聞こえて来るヤツのイビキががががが。
15075594770.jpeg

夕食は金沢駅方面にウロウロし、居酒屋で海鮮を堪能。
2件目の締めラーメン→コンビニ経由で宿飲みと満腹コースで金沢ナイトを楽しみました。

早朝3時半に宿を出発。
ひっそりした金沢の街を駆け抜けます。
帰路のコースは何となく九頭竜湖経由で行くことにした。
美濃白鳥までは通ったことの無い道なのと、一番楽そうなコースということなんで。
15075595120.jpeg

幹線道路を経て8号線に出てからは淡々と福井方面へ走る。
金沢近郊では信号につかまってばかりでしたが、白山市を抜ける頃には信号も極端に減り快調。
山間部では不利なんで少しでもケンちゃんを消耗させる為に、有利な平地で上げ気味に走るが
当然こっちも消耗するんですよね、当然ながら。
こっちも鈍っていたのを忘れていた。

勝山市へ向かう九頭竜川沿いに微妙に登りが続く頃には疲労感アリアリでした。
DSC04210.jpg

越前大野から正面に見える山の切れ目が
きっと九頭竜川が流れているあたり。
あそこからは長い登りが続く・・・はず。
ちょっと憂鬱になる。
 

周囲は蕎麦畑が広がる。
丁度新蕎麦のシーズンですね。
そういえば越前蕎麦を食べ損ねたか。
福井に下宿している甥っ子が言うには大根おろしが入っているだけらしいが
それはそれで美味しそうではないか。
  

ダム湖の手前にある九頭竜湖駅に到着。
この周辺はずいぶん賑やかだ。
名所である動く恐竜前で記念撮影。
何人かのブログでは拝見していたが、
実物見るのはこれがお初。
DSC04231.jpg

駅からすぐに九頭竜ダムの下に到着。
ロックフィル式のダムか。
なかなかの迫力です。
DSC04234.jpg

ダム湖を走っていると、それまで曇り空だったのが青空が増えてきた。
静かな湖面に周囲の緑が映り込んで、一面に緑色が映える。
もう少ししたら紅葉の名所として黄や赤色で一面綺麗なんだろうな。
DSC04255.jpg

ダム湖が終わると油坂峠も目前。
直進は有料道路で中部縦貫自動車道の一部
となる自動車専用の油坂峠道路。
左側に逸れて158号線の一般道へと向かいます。
DSC04263.jpg

もう少し登りが続きます。
車はほとんど通らないことだけが救いか。
長くて暗いトンネルも、ようやく登りが終わるかとの安堵から
この時ばかりはチョットも嫌じゃ無い。
福井から80km程続いた登り基調がようやく終わった。
DSC04268.jpg

トンネル出口からは美濃白鳥の街が遠くに見下ろせる。
ここからは下り基調に転じる。もう終わったも同然か。
DSC04277.jpg

美並の道の駅では、目の前の長良川でカヌーに興じる様を見学。
木尾(こんの)ウェーブといって、フリースタイルの世界大会が開催された場所でもある。
カヌーも一流選手がブランド立ち上げて自分が使う道具を製作するような世界。
その恩恵で一流選手と同じ舟、道具で安価に遊ぶことが出来るんです。
そのへんは自転車と同様ですが、それ以上にニッチな世界ですよね。
DSC04286.jpg

川遊びで通い慣れた157号沿いを更に下って14時過ぎに美濃市に到着。
うだつの町並みでは『美濃和紙あかりアート展』が町中で開催されていた模様。
DSC04288.jpg

美濃町家Mam'sでパンを購入。
ここからは濃尾平野の市街地が続くので、全くモチベーションが上がらない。
時間は未だ早いがもうこの辺で切り上げるとするか。
長良川鉄道を使っての輪行へと切り替える。
105

町外れにある美濃市駅周辺は閑散としている。
電車が来るのに未だ1時間近くあるのでゆっくり輪行準備する。
DSC04292.jpg

ホームでのんびりしていたら、反対ホームに停車していた北濃行き(と思っていた)電車が
美濃市駅で折り返して出発してしまった。
あちゃー。1時間待った電車に乗り損ねた。
それでも自走する気には更々ならず、時刻表見ると次は30分後。
1時間は待たなくてラッキー(?)と、更にホームで待って
何とか帰路につくことが出来ました。
15075603880.jpeg

走ったコースはこんなんでした・
走行距離:207km
獲得標高:1540m
  1. 2017/10/08(日) 20:43:33|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 9月23日 ヴェロフェスティバルいなべ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nao5963.blog.fc2.com/tb.php/218-72812edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (158)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR