日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

4月30日 山陰遠征1日目 蒜山1周

お久しぶりです。
またまた長期間ブログが滞っておりました。

週末忙しかったりして乗れない日々が続いておりました。
まあ全く乗れなかったわけでなく、暇をみつけてはチョイチョイ乗ってましたが。

とある土曜日、愛鼠モルモットのマモルが6年チョイの鼠生を全うした日、
火葬で遅くなったので当初浜松往復予定が、午後からの段戸湖、豊川経由して輪行戻りしたり
(走行距離126km。獲得標高1666m)
段戸湖

ひろさん呼びかけのひろさん八百津林道ライドに参加したり、
(走行距離72km。獲得標高1313m)
ひろさん林道ライド

他にも・・・いやそれだけでした。

この2つのライドで走力低下を痛感し、
5月末の鈴鹿アタック120がヤバいな~と思いつつも
ローラー回すわけで無し。
気が付けば5月連休に突入いたしました。

実は義父がそろそろ危ないとの知らせに、この連休は自粛かな?と考えていたんですが、
連休目前に迫った4月末某日に85歳の生涯を全うし他界いたしました。
葬儀を無事終えて最低限の手続きや身の周りの整理をしたら、
連休故に出来ることが限られた状態。
家族からは当初予定していた旅行に行ってよし!との承諾貰いました。

そこで向かった先は山陰出雲へ。
同僚ケンちゃんの実家への帰省を兼ねて、山陰地方に自転車に乗ってきました。

昨年夏も同僚モロちゃんを連れての帰省だったようで、
180km近くゴリゴリ乗り回したようですが、今年は観光ポタを懇願し、
計画立ててもらいました。

そして今回からは家族車のMPVでの遠征。
娘が免許取得中ということから、小型のAT車が必要とあって、
11年目を迎えるMT車の愛車ジムニ―は廃車となってしまいました。
葬儀が終わったその夜に(shigaさんに以前貰った)ミノウラの車載スタンドをセットし
どう2台積もうか遅くまで悪戦苦闘。
結局2列目シートも倒して何とか後輪付けたまま乗せられました。
MPV車載

そして早朝とは言えない夜中に名古屋出発し、一路山陰へ。

向かった先は蒜山高原の道の駅風の家。
IC出てすぐの処にある道の駅の駐車場が結構広く、
ここを起点とすることしました。
走行コースはルートラボで良さげなコースを適当に検索して
当たりをつけ確定済み。細かなところは臨機応変に。
蒜山道の駅風の家

同僚ケンちゃんが乗るのはいつもの骨董プリンスでは無く、今回は何故かドグマ。
プリンスの再塗装完了がGWに間に合わず、店員さんの愛車をレンタルさせてもらったそう。
ドグマ+11sスパレコ+カーボンディープって、代車にしては超~豪華。
きっともう元に戻れないんじゃないか?
レンタルドグマ

道の駅起点に、蒜山高原を西へ西へと走りだす。
牧場のようなところの分岐で右に。
正面には上蒜山、中蒜山、下蒜山と三山を眺めながらの高原サイクリング。
分岐

緩やかな下り基調とアップダウンが続く中、車も少ないド直線に気分が高まります。
ど直線

道路脇にはサイクリングロードらしき表示が道路に埋め込まれており
マーク

どうせ車も少ないんだから車道でも構わないんだが、
マッタリペースアピールを強調するためにサイクリングロードに入ったり。
サイクリングロード

左手には蒜山裾野ののどかな景色が広がる。

中・下蒜山

美作街道と交差する黒松の”畝の松並木”で犬狭峠方面へ。
美作街道松並木

ただでさえ少ない車も東側のR313を通るようで、
ホントにGW?と思うくらい交通量もほとんど無い。
それほど登ることなく、すぐに犬狭峠に到着。
ここからは鳥取県らしく、今まではまだ岡山県だったんですね。
犬狭峠

やや荒れ気味のカーブが続く坂を抜けると展望台が。
倉吉方面は白んでそれほど見通しが良いわけでなく、すぐに下りを続行。
斜度も緩んで気持ちの良い直線下り坂でこの日の最高速度巡航。
下り坂

あまりに快適なので倉吉まで降りて白壁土蔵群めぐりでもしたいところだが、
また登り返す坂が待っているので、関金温泉で地蔵峠方面へと向かい、
長い長い登りが始まる。
正面には裏(表?)蒜山が正面に見える。
裏?蒜山

県道45号線は小鴨川沿いから丘陵地、尾根道へと変わるにしたがって
勾配が徐々に上がっていく。
この道路脇を流れる水路が水量豊かで、田んぼへ水が張られて潤っている。
延々と続く坂がきついながら、この澄んだ水の清涼感で癒される(気がする)。
水量豊かな水路沿い

遠い先までまっすぐ登坂が伸びるのは、精神的にキツイ。
このへんからケンちゃんはさっさと先に行かせ、自分のペースに徹する。
ひたすら直線登り坂

登れども登れども楽にならず、(うなだれて)じっと足元を見る。
カーブがあったほうが気がまぎれますね。
ひたすら直線登り坂2

とりあえず展望台のある場所に到着。
地蔵峠についたものの、下るわけではなく、尾根筋にまだまだ登りが続くんだが。
展望台に登ると奥には大山の頂が見える。
地蔵峠

日本海側は薄っすらと見えるんだが、写真じゃ微妙~。
日本海側展望

東大山大橋を渡って隣の尾根へ。
東大山大橋

笹ヶ平というらしい所では地図には養魚場とあったので、こんな高所に何でだ?と思っていたが
養殖岩魚か鱒を育てているらしい。
まだ昼食という時間ではなかったので、隣接の”いわなや”はパス。
養魚場 いわなや

山岳らしい良い景色。
展望良し登り坂

周りの木々も新緑が鮮やか。
新緑登り坂

道路脇の吹き溜まりには未だ残雪が残っている。
それ程寒さを感じはしないのだが、暖冬とあっても
この辺は積雪量多いんでしょうかね。
残雪

背後の日本海側を見ても先ほどよりずいぶん上がったようで、
山越しの日本海が薄っすらだが見える範囲が広がる。
背後日本海側

対向の下り車線側看板には鳥取の温泉町案内の距離表示。
大山が活火山だけあって、このへんも温泉が多いようで。
鳥取の温泉

そろそろというか、ようやく峠近しの雰囲気。
峠近し?

標高差約900mで新小屋峠に到着。
ケンちゃんは待ちくたびれた雰囲気ありあり。スマンね。
新小屋峠

少し下ると広場というか公園らしき所に出る。
広場?

鏡ヶ成というところらしい。
鏡ヶ成

広い景色の正面に大山手前の烏ヶ山がそびえたつ。
烏ヶ山

蒜山大山スカイラインを経由して鬼女台展望台へ。
先ほどの烏ヶ山奥に大山も見える。
蒜山大山スカイライン~鬼女台展望台

ここからは蒜山高原側も見渡せます。
蒜山高原側

蒜山スキー場、酪農大学のある麓まで下ると、
観光地の雰囲気が出て、交通量も増えてきた。
蒜山スキー場、酪農大学

ここからは道の駅もすぐそこ。
幹線道路から外れて川沿いの農道に入る。
農道

どうやらここもサイクリングロードが通っているようですが、
今日ほとんど自転車乗りに会っていないので、どの程度この地で
サイクリングする人がいるんだろうか?という閑散さに疑問を持ちつつ
気持ち良く整備された道をマッタリ進んで道の駅に到着。
サイクリングロード

この日の蒜山1周ライドはこんなんでした。
(走行距離61km。獲得標高1196m)

丁度昼時だったので、B級グルメの”ひるぜん焼きそば”を食べる。
特徴は鶏肉と味噌味がポイントだそうで、通常よりも甘めの焼きそばでしたね。




ここからは出雲に向かう前にチョット寄り道。
境港の水木しげるロードに行ってみました。
境港の此処だけは人がごった返していましたね。
通りには幾つもの妖怪オブジェが並んでいて、有名どころも良いんですが
こんな水木しげるっぽい雰囲気の妖怪に惹かれます。
妖怪オブジェ

通りには妖怪関連のお土産屋も軒を連ねており、自分世代は興味深々ですが
今の子供世代にはどうなんでしょうね?
水木しげる

悪魔くんですらもうっすら記憶ある程度だし。
悪魔くん

そして境港を訪れた本当の目的は、江島大橋を見ること。
橋東側の境港側は緩やかにカーブしており、結構な交通量です。
江島大橋東側(5.1%)境港

東側の勾配は5.1%。結構狭いですね。
江島大橋東側登り

端頂部は眺めが良いんですが、何しろ止まることはできません。
江島大橋頂部眺め

そして橋西側の江島(松江)側はCMで登場したほうの坂で、通称”ベタ踏み坂”
ただ実際には勾配は6.1%とそれほどでもないんですね。
遠くから望遠で写すと急こう配で見えるようです。
江島大橋西側(6.1%)島根側

歩道側は自転車を降りて通行せよとの表示で、
この交通量の中、とても自転車で登る気にならんのですよね。
登ったら登ったで上に停まったり折り返すことも難しそうですし。
江島大橋西側やや横

さすが有名な坂だけあって、写真撮っている人が多かったです。
歩道脇の車道から何人もカメラ構えている人が。
江島大橋撮影者多数

近くのファミマにはこの遠征であまり見なかったサイクルスタンドがあったんで、
それなりに自転車乗って来るんだろうか。確かにこの周辺で数台見かけたんですが
別の意味でチャレンジャーだなっと思ったりして。
近くのファミマ

この後は中海、宍道湖沿いに出雲に入って、駅前のビジホに投宿。
居酒屋で出雲の味を堪能いたしました。
  1. 2016/05/06(金) 21:49:32|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<5月1日 山陰遠征2日目 出雲観光ポタ | ホーム | 3月21日 小豆島>>

コメント

gottu 様

ジムニーは決して乗り心地の良い車では無いんですが、
愛着あってボロボロになるまで乗りつぶすつもりだったんですが。
寂しいですね~。
アチコチにに行ったのが良い思い出です。

MPVも既に新しくありませんが、広いぶん使い勝手は良さそうで、
既に寝袋標準装備です。

gottuさん、ハスラー長く乗るためににも
バックの際は注意しましょうね。
  1. 2016/05/12(木) 23:44:54 |
  2. URL |
  3. Nao #-
  4. [ 編集 ]

KOU様

GWライド企画、ホントは未だ第2弾、第3弾あるはずだったんですが、
運転疲れや天候不順で満足していない状態。
既に夏休みが待ち遠しい。
ただ最近遠征でしかテンション上がらない気がします。

ベタ踏み坂、私もまず間違いなく走る事はないでしょうね。

今週の西伊豆ライドではお手柔らかに。
  1. 2016/05/12(木) 23:34:48 |
  2. URL |
  3. Nao #-
  4. [ 編集 ]

行きたいところには行ってしまう。いつもながら行動力には感心します。でも今回の記事で一番気になった事は、ジムニーの廃車w、NAOさんと言えばジムニー!何処でも行っちゃうジムニー!寂しいですね〜でもこれからは車中泊が快適になりそう(^。^)
  1. 2016/05/12(木) 00:13:06 |
  2. URL |
  3. gottu #-
  4. [ 編集 ]

Naoさん、こんばんは。
GW、堪能したみたいでうらやましい!
交通量も少なくていい感じですね。
坂は・・・ですが…
それにしてもベタ踏み坂、交通量がヤバいですね。まぁ走る事はないでしょうけど(^^;;

  1. 2016/05/10(火) 23:20:47 |
  2. URL |
  3. KOU #-
  4. [ 編集 ]

ひろ@bike 様

ひろさん こんばんは。

八百津の坂では皆さまを大変お待たせしました。

今回、自分にしては坂ばっか上ってメッチャ疲れた気がするんですが、
ひろさん林道ポタ企画の獲得標高にも達していないという驚愕の事実!

蒜山では走りっぷりはともかく、景色は良いところでしたね。


ベタ踏み坂 ”いえ、僕にとっては”・・・の後に続く言葉が怖っ。
  1. 2016/05/09(月) 23:33:41 |
  2. URL |
  3. Nao #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
先日はお疲れ様でした。ここ最近のNaoさんのライド記事を拝見しますといかに僕の企画ライドがNaoさんにとって物足りなかったかがよく分かりますw

それにしてもこのベタ踏み坂、超激坂に見えますが勾配はそれだけなんですね。いえ、僕にとっては・・
  1. 2016/05/08(日) 22:50:21 |
  2. URL |
  3. ひろ@bike #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nao5963.blog.fc2.com/tb.php/177-de604db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (155)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR