日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

10月13日 お祭り

昨日は地区のお祭りで1日中動き回った一日であった。

町内会にとっては年最大のイベントで、準備の為に事前に臨時役員会を開いて担当分けしたりした。

前日から集会所で祭壇、お神輿、獅子舞、テーブル類を準備し、全戸配布する紅白饅頭を配ったりした。

当日朝からテントやブルーシートを準備し、午前中は坂下の組を”ワッショイ”の掛け声のもとで練り歩きます。
おまつり準備

戻って昼食前には各町内会を巡回している警固隊と棒の手による奉納が行われた。

爆竹や手筒砲の合図から、”ホイサー、ホイサー”の掛け声で、飾り着けられた”馬の塔”と一緒に練り

歩いたり、歌に合わせて扇子で舞ったり。
警固隊

その後子供らによる”棒の手”の演武が披露された。

この市無形文化財の”棒の手”は文献によると

はじまりは室町時代ごろと考えられています。
最初は、農民自らを守るための武術としてはじまりました。
戦いが起これば、武士だけでなく、農民も、兵士として参加しなければなりませんでした。
そこで、農民も自らを守るために、「突く」「払う」をおもな動作とする棒の技を工夫し、磨きをかけ、
遂に棒術を完成しました。
しかし、その立ち会い稽古は、武士の武芸とはちがい、お互いが申し合わせたもので、儀式的な動作となっている。
武士の磨いた武芸は剣道として今に伝わり、農民の身につけた棒術は、「棒の手」として伝わり、神社やお寺の
祭礼などで、天下泰平、五穀豊穣を祈願する奉納行事となりました。
更に時代が進むと、祭りなどで観衆を楽しませる演技として、「棒の手」を盛んに行うようになりました。
明治時代には、棒や太刀に加え、キレモノと呼ばれる真剣や槍なども登場して、現在の武術的な「棒の手」が形作られました。
現在、尾張旭市内では五つの流派が、保存会を組織して長い伝統を守りつづけています。

とあります。

少年少女らの演武はまだまだかわいらしいもんですが、それに比べて青年指導者による演武は迫力満点です。
それにしても伝統ある文化財を維持していらっしゃる方々には頭が下がります。
棒の手1
棒の手2

午後は神社参拝後、小学校に集合して神主によるお祓いを受け、坂上の組を練り歩き、宿へ戻りました。
各地区集合

子供会によるお楽しみ会、反省会をして撤収。

朝から酔っ払いつつ、近所付き合いが薄い男衆にとっては近所の皆様を知る貴重な機会であり、お喋りに楽しい1日でした。

  1. 2013/10/14(月) 21:47:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月14日 無目的ポタとパンク魔 可児、犬山 | ホーム | 10月12日 ぐる輪サイクリングの案内来たー!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nao5963.blog.fc2.com/tb.php/15-cb5c944d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (149)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR