日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

10月23日 曽爾高原

先週末は秋の高原遠征シリーズ第2弾。奈良県の曽爾高原に行ってきました。
matzさんの気になるところだったそうで、しらびそに続いての高原ライド。
(更新遅れて1週間以上前とあり記憶あいまいなんで、文字簡単Ver.で.)

我が家にmatzさん、masaさんが集合し、途中でペロさん拾って、一路初の奈良県へと遠征です。
名阪国道沿いにある針テラスに到着。
針テラス

この日は生憎の曇り空とあって、チョット肌寒い。
それでも走り出せばすぐにハアハアと暑くなりますがね。
山の中へ

坂ばっかりと嫌な予感がプンプンですが、
後ろでは余裕の面々。
後ろから

麓では紅葉はまだまだ早いようで。それとも今まで温暖続きな秋で
今年は紅葉イマイチなのか?
もう少し寒くならんとね。
麓の紅葉は未だ

この室生川沿いの渓谷の道は車が殆ど通らず快適なうえに、景色も見事。
往路渓谷沿い

ほどなく室生寺に到着。
室生寺

門前の饅頭屋の店先にバイクを置かせてもらう。
お饅頭屋

草餅(100円/個)で早速の補給。
草大福

太鼓橋を渡るとすぐに室生寺の正門。
太鼓橋
室生寺正門

このずっと奥に本殿とその先にある奥の院まで続くらしいが、
自転車放り出してあるので、門口で退散。
奥の院まで?

脇にはこれまた立派な杉(三宝杉)がならぶ。
三宝杉

室生寺出発してすぐのところにも龍穴神社も良い雰囲気。
時間があれば立ち寄ってみたかった。
神社

そして最初の峠までヒイヒイいいながら到着。
早々に登りで遅れ始めるが、この先長いのでマイペースに徹する。
これでも子ボスでまだまだ大ボスが控えている模様。
先が思いやられます。
峠

御杖村役場までバビューンと下って、また登り(の子ボス)
役場からの坂

視界が開けると牧場に出る。
牧場の上は見晴らしが良い。
牧場

休憩もそこそこに(皆さんは既に待ちくたびれた様子ですが)出発。
牧場の上

そして最後の大ボス登場。
この坂、短いけど急坂でキツかった。
牧場をあとに

そして曽爾高原に到着。
曽爾高原到着

何故か自然に自転車置いての記念撮影。
自転車記念撮影

見晴らしは良いものの・・・
あれ?ススキ少な!イメージとちゃうな~。
パノラマ2

見晴らしは良いんだけどね。
下パノラマ

一部ではこんな感じですが、これが一面広がっているもんかと思いました。
未だ見頃ではなかったのかな?
ススキ

少し下って温泉併設の商業施設に到着。
その道路反対側にあるうどん屋に入る。
うどんや

牛めしのついたうどん定食を選択。
うどん定食

そして食後のデザートに、隣の餅屋で再び草餅を
頂きました。
草餅

更に下って麓から高原を見上げる。
下からの高原

この先の青蓮寺川沿いにある香落渓の景色が見事でした。
渓谷1

車が少ないですが、紅葉時期が最盛期だともっと多いんでしょうか?
ヒイヒイ続きでしたがこの時ばかりは、なかなか気分の良い時間でした。
渓谷2

ずっと上ばっかり見上げながら走ってましたね。
渓谷3
渓谷4

何故かダム沿いの平坦道を結構良い速度で流すもんだから
これまだ無駄に足を削らされる。
ようやくダムに到着。
ダム

ダムからは名張市内を見下ろすことができる。
あそこまでは下り。そして・・・。
針テラスまでの登りでは脚が残っておらず、
皆からは一人千切れて孤独旅と相成りました。
名張市街

この日の走行ルートはこんなんでした。
走行距離:90km
獲得標高:1494m

次の週末はしまなみ国際サイクリング2016が控えておりますので、またまた遠征です。

  1. 2016/10/26(水) 23:37:59|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月16日 しらびそ峠

とある10月のweekdayにmatzさんによるみそかつランチライド参加者募集のお知らせがあった。
そこから派生し、成り行きで決まった翌日の日曜ライド。

行先は名古屋からは現地情報があまり知られてない別候補地を抑え、自分が行きたかったしらびそ峠となりました。
しらびそ峠は自身これで3回目。登る辛さ忘れた頃にまた行きたくなるんだよね。

これまでグズつき気味続きだった週末も、この土日は快晴な模様で絶景が期待できます。
11月になると寒さが厳しくなりそうだし、今季最後にして絶好のチャンスとあって
どうしても行きたかったんですよね。

参加者は主催者matzさん、gottuさん、ペロさん、ひろさん。
住居がちょっと別方向のひろさんは単独で直行とあって、残る4人が我が家に集合となった。
当初2台で分乗の予定でしたが、何とか4人+4台を乗せることに成功。
1台に乗り合わせて一路飯田市遠山郷に向かう。

道の駅遠山郷(かぐらの湯)に到着すると、既にひろさんは到着してアップも済ました?模様なので、
急いで準備を始めます。
道の駅遠山郷

敷地の一画には看取り図が。この周辺図でコース説明しますが、
ほぼ迷うようなところも無い本日のコースは、すぐに説明し終わる。
周辺図

走り出すと誰も後ろから抜かさず、追い立てられるようにぴったり後ろに車列が形成される。
皆登りで速い人ばかりなんで、こりゃいかんと必死に牽くが、
1本道なんで何度先に行ってくれ!と思ったことか。
ヒーコラ言いながら、ようやく最終休憩ポイントである自販機(と小さな商店)に到着。
ここから先は山道が続き、頂上まで自販機が無いので補給が必須なんです。
山岳前の最終休憩

三遠南信自動車道の矢筈(やはず)トンネルとの分岐には直ぐに到着。
分岐

この先の地蔵峠への道は通行止め。
長年封鎖された道はロードでは絶対にいけないんだろうな。
ループ橋を渡って、しらびそへの入り口に入る。
地蔵峠へは通行止め

最初でこそついて行きましたが、早々に後退していきます。
ここからは自分のペースで絶対に後ろからのんびり行くんだ!
(まあ頑張ってもついて行けんけど。)
山岳始まり

最初こそ10%程度の坂だが、木に覆われた林間道に入ると7%程度に勾配が緩む。
それでも切れた自分が追いつくのに途中で待たせてましたが。
唯一といって良いほど稀な登坂途中の皆との写真。w
林の中

随分登って、大鹿村へ降りる分岐に到着、
ここまで登らなければ越えられないとすると、地蔵峠ってどんだけ急なんだろう。
大鹿村への分岐

鬱蒼と茂る林を抜けた頃になると、中央構造線沿いに伸びる隣の尾根越しに中央アルプスを
望むことが出来る高さまで登った。
峠まで残すは2km程。
遠くに峠とハイランドしらびそが見える。
ただ見えるだけでなかなか近づかないんだよね。

頭上が開けると、改めて天気が良くて最高の天気だったと実感。
ハイランドしらびそ遠景ー2

後ろを振り返ると中津川方面か。恵那山の頭が見えるような違うような。
振り返る

しらびそ峠にようやく到着。
皆さん大変お待たせしました。
しらびそ峠

峠からは短いながら15%超の激坂が待っているはず。
面白いんで敢えて黙っていたんですが、坂バ○アンテナが反応して感付いた人も。
皆もヒイヒイ言うが良い! ヒヒヒ。
もちろん一番言ってたのは自分ですが。
結局直ぐに足つきして歩いておりました。
(そういえば過去2回とも歩いたわ)
ハイランドしらびそ到着

標高1918mの小さな高原にあるハイランドしらびその、軽食コーナーで昼食。
いつもは蕎麦ばかりでしたし、他にもジビエカレーってのもありもメッチャ悩みましたが、
今回はジンギス丼を選択。
なかなか美味しかった。
ジンギス丼

小山に登って展望台からは至近に南アルプスの雄大な景色が広がり、絶景を堪能する。
この景色を見る為に登ってきたんだよな~。
南アルプス側
展望台

反対側の西には中央アルプスが連なり、その奥には御嶽山。微かに北アルプスまでも見渡せる。
中央アルプス側

あまりのんびりもしてられませんので、しらびそ高原を後に上着を着て下り始めるが、
指切りグローブや半パン部分は寒い寒い。
ヒンヤリ冷たい空気が体表近くをすり抜ける。
写真は太古の昔のクレーター跡。
クレーター跡

最初は緩やかな下りが続くが、途中からは急な坂続きで握力が怪しくなってくる。
後ろからは焦げ臭いとの台詞に、カーボンリムで来たのは失敗だったか。
救いは先行自動車何台ががペーサーとなって、下り速度が抑えめとなったおかげで
Fullブレーキ掛けなくても済んだ。だいぶシュー減ったんだろうな。
下り

下栗の里で一旦休憩。
時間押していたこともありビューポイント行きは中止。
はんば亭以外にローディーがたむろしている場所をチェックしながら
下栗の村の中をすり抜けてから再び下山開始。
下栗の里

R152に出てからはアゲアゲに走るが、向かい風と売り切れた脚に直ぐにヘタレて終~了。
ヘロヘロになって千切れ気味に道の駅に到着。

何故かマコさんと遭遇しながら、待望の温泉浸かっての帰宅という
正しい自転車乗りの週末となりました。
到着

この日のルートは、過去2回と同じコースでこんなんでした。
同行頂いた皆さま、自分の我がままで決まったしらびそライドでしたが
大変お疲れ様でした。またよろしくね。
走行距離:64km
獲得標高:16345m
  1. 2016/10/17(月) 23:34:12|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

10月2日 モリコロパークサイクルフェスティバル

近所の愛地球博記念公園(通称モリコロパーク)で行われるサイクルイベントのうち、
毎度、春と秋のイベントにはSHOROsメンバーがこぞって参加している。
ならばと今回も秋の90分エンデューロに参加してきました。

周回コースを回っただけなんで、記事にするような内容も乏しいんですが
一応記録の意味でも(撮ってもらったのも含めて)写真中心でUpします。


毎度のことながらこのモリコロの周回コースは狭い上に登り坂が辛いわりに、
下りが楽しくないし景色も乏しいしで苦手意識のほうが強いこともあり多少憂鬱。

それでも何故か今回は比較的お気楽モードで挑むことができました。
出来れば誰かのツキイチに張り付いて、テレテレのんびり走れりゃいいかなって
程度の意気込みでした。(・・・最初のうちは)

お気楽に走るといっても、この日は意外に蒸し暑い天候とあって脚攣る心配もありましたので、
念のために2RUN飲んで、2ボトル体制で挑む準備だけはしておきました。

15時過ぎのスタートとあって、ゆっくり目の会場到着。

2時間男女混合チームで走っているCrazy Trainの応援しながら
同じころに到着したメンバーらとダラダラ時間を潰す。

一応試走時間になったので、ゆるゆるとコースへと向かいます。
DSC02912.jpg

写真を撮ることが出来るのは試走の時ぐらいなんで、
何枚かパチリ!
ただひたすらゆるゆると。
試走1
DSC02914.jpg

木々の中を走るのは悪くは無いんだがな~。
森の中の試走

トンネルを幾つかくぐってスタート地点へ。
試走2

みなさん試走は1周のみ。ピットに入りそこなったデリ助だけが2周目突入。w
DSC02918.jpg

すぐスタート前の入り口に自転車置いて並べた後は、
gottuさん、INAさん、チャップリンさんら応援部隊を交えて長い長い談話タイム。
DSC02920.jpg

スタート時刻が迫って来ると、スタートラインへと移動を開始。
DSC02922.jpg

後ろにも長蛇の列。結構前の方に陣取ったんだな。
DSC02921.jpg

テニスコート脇まで進んでスタートラインに到着。
スタート前2

スターターには元SKE48の梅本まどかちゃん。
特に推しでも無かったので特に感慨もありませんけどね。
梅本まどか
でもチョット楽しそう!
x20161002231745447_20161002-231743.jpg

この日のSHOROs出走者は
トップ圏常連のやんさん、なかさん、こーさん、KTMさん、masaさん
こうぞうさん,モトさん、ボリくまさん、デリちゃんと私の10名。
そしてCrazyからはダイズさん。

今回は同僚のケンちゃんは不参加。
K渕君のほうは今夜から夜勤入りのために午前中の60分の別カテに参加(4位おめ)。
スタート前

今回はしばらく誰かに張り付いてペースメーカーになってもらい、
最初から上げ過ぎないようにしようと目論んでいた。
といってもなかさん、こーさんについていくと自滅しそうだし・・・と思っていると
スタート位置からKTMさんが目の前にいるではないか!
ならばと最初からロックオン!
スタート

ところが最初からペースが速い速い。
しばらくの下り基調は問題ないが、平坦から登りにかけてかなりのオーバーペースだ。
(写真と当時の状況は一切関係ありませんので)
201610052234075d2.jpg

KTMさんが前の集団で詰まった拍子に、ひょいと前に出てしまった。
しゃーないとしばらく前を走り、既に息が切れていたので登りでのペースを少し落とそうかというところで、
前にこーさん、なかさんを発見。
頑張ってなかさんに追いついた段階でもう息絶え絶えに。

しばらくなかさんと一緒に走って少し先にいるこーさん追うが、
これがなかなか追いつけない。
横から聞こえる”コーラが飲みたい”とか、”エンデューロ向いていない”とかの
ボヤキを聞きながら・・・。w

登りの手前で息が切れたので、いい加減追うのを諦めてペースを落とす。
心拍計付けたことが無いのでわかりませんがが、心拍上がったというよりも
呼吸が苦しくて持たないんですよね。下りは気分次第でついグイグイいっちゃうんですが。
下り頑張ってもタイムはそうは変わらないのだが、そのへん抑えきれんのがいかんのだが。
そういえば気が付けばなかさんを見失っていた。既に先に行ったのか?

息を整えようとペース落として走っていると、masaさんに追い抜かれた。
こりゃ置いてかれたらいかん。
もう一頑張りしよう。
20161005213951772.jpg

masaさんの前に出てからは、イーブンペースに徹して登りでそれほど頑張らず、
下りでそこそこ踏んで、裏のストレートが終わるころには息が整っている程度に
流した負荷で周回を重ねる。
20161005213950af1.jpg

何周かするとヘロヘロになったSHOROsメンバー数名と遭遇。
特にデリちゃん完全に調整不足だろう!

終盤あと残り時間僅かとなったところでホームに戻る。
残り時間18分台でタイムラインを通過する。
次の周回で通過した時は9分台前半と微妙なところ。
頑張ればもう一周行けるか?

更に次の周回に入ったとして、更に何人か抜いて少しでも上の順位を目指すか?
ん~ムリムリ!
このままゴールしても順位は変わらんしということで、もう気持ちが切れてしました。
あと数十秒秒残してもう少しで次の周回というところで踏み込めませんでしたね。
恐らく少し先を走っているだろうモトさんは落ちて来ることも無く追い付けなかった。


早よコーラ飲みたい!と思いながら無事ゴール!

ゴール近くの自販機前でコーラ売り切れにショックを受けていると、
背後ではこうぞうさんゴール。
DSC02926.jpg

続いてmasaさん到着。
DSC02927.jpg

放送では最後のゴールスプリントの様子が聞こえいたが、やんさんは惜しくも入賞ならず。
でも流石の先頭集団でのゴール争いは流石です。
お疲れさまです。
DSC02928.jpg

結局のところ順位は昨年と1番違いでほぼ変わらず。
10周回で終わった最終タイムも数十秒早かっただけ。
成長が無いというか、安定しているというのか。
最初に調子こいて失速するパターンも同じで昨年と変わらない走りで終わった
モリコロサイクルフェスティバル2016でした。
  1. 2016/10/05(水) 22:12:59|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (155)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR