日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

2015年 年末総括

26日からは待望の冬休み。

自転車関係では27日にシクロクロスの応援。
この日参加はINAさん。
INA1
INA2
そしてgottuさん。
gottu1
gottu2
共に同い歳の半世紀ageが頑張っています。
負けてられないっ。これは私も参加しなければ・・・って気には全くならない訳で。
見た目以上に辛そうなんですよね。

29日はShigaさん邸にて餅つき大会。
この日だけはミニベロって気分になるんで、矢田川サイと庄内川堤防を通って
名古屋市街を回り込むように市の反対側に向かう。
約30km。1時間半を見込んでいたが、到着してみれば2時間越えで
まだまだライド不足からの衰えを感じる。
矢田サイ
餅つき
正午頃には早めに途中で失礼して一路北陸向かい、山代温泉で蟹づくし。
翌日は金沢観光したりして、怒涛の年末行事が過ぎていき、
気が付けば31日大晦日です。

2015年も残すは数時間余り。
ここで今年の自転車ライフを振り返ってみます。
総走行距離:4200km。少なっ!
年間走行距離
年々、段々と減ってきています。マズいな。
仕事面で土日どちらか制限され、これに用事や天候に影響されると
なかなか乗れないってのもありますが、それ以上に何か
”何処そこに自転車で行きたい!ってモチベーションが最近無くなってきたような。
走行距離はともかく、遠征して面白いところに行ってみたいって気持ちはあるんですがね。

グラフ
遠征が入った3月、5月、9月以外は散々ですね。
200km越えライドが1回しか無い。
気力体力が衰えつつあるので、NEWホイールをgetしたことだし、
もう一度”喝”を入れねば。
あまり興味が無かったレースイベント参加も考えてみる必要があるかな。



そんな来年への課題が盛りだくさんですが、
取り敢えず今年の思い出を振り返ってみますと・・・。

【10位】モリコロサイクリング(10/4)
スタート地点
ボリくまさんと
狭くて坂ばかりなコースで苦手意識のあるモリコロパーク。
昨年は60分ソロでヘロヘロだったのが、今回は皆と同じ90分ソロで参加しました。
順位は参加人数中約40%位置と普通な結果でした。
それでも完走できたことで苦手意識がチョット無くなったと思います。

【9位】丸臨ジャージと初サイクリング (6/28)
撮影シーン
ダベリング2
この日は夜勤入りで最初のチョットしか参加できなかったのですが、
初の臨時漕会さんとの合同走。ハンドサインや声出しが、トレインに慣れていない
自分にとってとっても新鮮でした。
折角美濃に来たのだからと、帰路にTOJの時に落としたお金の紛失届を出したことによって、
後日無事全額手元に帰って来るというおまけ付きでもありました。

【8位】陣馬形山ヒルクライム(5/8)
登り坂3
中央アルプス
GWのプランに入れていながら行けなかったので、後日1人で登ってきました。
頂上からの景色は最高で、急坂を登って来た甲斐がありました。
いつかキャンプにも来たいと思う場所でもありました。

【7位】日本海ライド2015(10/11~12)
赤い橋
金沢駅
毎年恒例の日本海ライドは雨天走行となってしまいました。
なかなか速度上がらず、高山でDNF。高山から輪行で富山まで行きましたが、
無理に真っ暗の中の山中を走る程、何かに縛られて完走する意味も無いし、
これはこれで楽しかったので有りかな。

【6位】賢島ローディサミット(9/13)
後続自転車軍団A班
自己紹介
ダイズさん呼びかけで伊勢のカンパチさんプロデュースによる伊勢、志摩、賢島、鳥羽を回るライドに参加しました。
臨時漕会さん、Crazy Trainと合同で、SHOROsからも参加多数。
合わせて20人の大人数ライドとなりました。
他チームと走るのは刺激あり、笑いあり、また初の走行コースに
とっても楽しい1日でした。
【5位】春の鈴鹿 アタック120に参加(5/31)

初のアタック120参戦。
自信も体力も無いながら、初の脚攣りにも遭いながらなんとか達成。
ライドの楽しさよりも憂鬱さ、結果への喜びよりもホッとしたのが正直な感想です。
来年もきっと参加するんでしょうが、今度はちょっと自信を持って楽しんで走れそうです。(たぶん)
集合写真


【4位】八ヶ岳1周(5/2~5/3)
GW連休を利用し、ケン、モロ両名の同僚と麦草峠越えの八ヶ岳1周。
キャンプ泊翌日のしらびそ峠行きと併せてメチャメチャしんどくもあり、楽しいライドでした。
モロちゃんのチェーンリング脱落というトラブルも、本人以外は良い思い出(?)です。
GWは気候も良く山岳ライドは気分も景色も良いですね。
八ヶ岳裏側
もういっちょ


【3位】高山~松本の2峠越え(9/20~21)
同僚のケンちゃんと高山まで自走で一泊し、翌日は松本行き。
平湯峠と安房峠を越えるのは以前から狙っていたコース。
なかなかシンドイコースですが、景色も雰囲気もなかなか。
松本駅の生ビールがこれまた格別でした。
こもれびの登り坂
上高地方面


【2位】18切符で九州自転車旅行(7/26~8/1)
青春18切符を利用して、九州を旅行してきました。
面白そうな所だけを選んで自転車で走り、ゲストハウスを利用しながら
刺激と興味がいっぱいの、暑い夏休みのとっても熱い思い出です。
関門大橋
ひまわり


【1位】台湾一周ライド(3/6~3/16)
ミニリフレッシュ休暇を利用して、初の海外自転車遠征。
ダントツに今年一番の思い出です。
一部電車利用区間がありましたが、とっても走り応えがある環島ライドでした。
東側海岸線
台北101

と、乗れないわりに色々と楽しかった思い出があった訳で。
来年もあちこち出かけてみたいと思っています。
お1人様ライドも気楽なんですが、できれば大人数のほうが楽しそうなので、
来年は是非皆さん一緒に走って下さいね。

本年は一緒に走って下さったSHOROsや同僚、その他チームの皆様。
また当過疎ブログに起こし頂き、駄文にお付き合い下さった皆様。
そして気ままに出かけるのに快くみおくってくれた家族には
とっても感謝している2015年の年の瀬です。

来年もどうぞよろしくお願いします。
  1. 2015/12/31(木) 21:25:09|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

12月28日 琵琶一

クリスマス前に入手したカーボンホイールを味わうことなく、
懸案だったブレーキ開度が狭いことの対策として、
ブレーキワイヤーのR小部を無くし、DURAワイヤーに交換する改良のために
メンテに出していたのが返ってきました。

ホイール装着姿がこちら。
NEW ホイール装着
ぅーん!なかなか良いではないか。
購入したのはENVEの45mm。クリンチャーのカーボンリムです。

それにWhite Industries社のハブT11を組み合わせてもらう。
ハブ

ハンドル周りはワイヤーが目立たないように窮屈な取り回しでしたが、
フロントブレーキの開度が小さかったので、左右逆のガイド穴に大きなRで入れることに。
ハンドル周りのワイヤー

この機会にバーテープも黒色から赤色に変更しました。
ワイヤーの被覆も赤に統一。
バーテープ

スプロケはDURA11速の11-28とブレることない貧脚仕様。
店長が気を利かせてくれて、リアディレイラーのケーブル被覆も赤に変更されてました。
リアディレイラーワイヤー

NEWホイールの初出動は定番の琵琶一にしました。
当初日曜日の予定でしたが、天気が悪く1日順延。
雨は降らないものの曇り予報です。

長浜豊公園に6時半頃到着。
未だ周りは真っ暗。
この時刻ってこんなに暗かったっけな?と思いながら準備を始める。
少し明るくなると、上空は厚い雲で朝日が入ってこないようで、
ライトを点けて走り出す。
写真では光量補正が入っているので、多少明るく見えるが、
実際はまだまだ暗い状況です。
長浜豊公園

漕ぎ出す感覚は軽い(気がする)!
気分良く高速巡航しだすが、何故か維持ができんヘタレっぷり。
ホイール効果を相殺どころかマイナスな脚力と心肺の劣化か?
10月~12月はほとんど乗れず、この3ヶ月で合計200kmも乗っていない影響だろうな。
4月にローラー買ってもtotalで30分も乗っていなくてスタンドと化していた
ローラー活用を真剣に考えなければ。

水鳥公園あたりまで来るとすっかり明るくなって、
対岸の奥琵琶湖パークウェイのある半島が朝焼けで紅く染まる。
朝焼け

木之本では旧道賤ヶ岳トンネルへの登りが冬季通行止めの看板が出ていた。
今までこんなん出てたっけ?と思いながら、凍結も雪も心配ない路面状況なので
無視して進む。
冬季全面通行止め

トンネル抜けると、いつもの定番写真スポットで記念撮影。
定番撮影スポット

奥琵琶湖では釣りに多少人がいるだけで、交通量も全くなく
静寂の中を静かな湖面を見ながら進む。
奥琵琶湖

気温1℃を示していたが、風も無いので体感的にはあまり寒さを感じない。
静かな湖畔

マキノ近くではサルの群れに遭遇。琵琶湖周辺で見るのは初めてだ。
やっぱり冬は食べ物が無い影響なんだろう。
木の実など餌を求めて人里まで降りてきているんだろうか?
サル

高島市から見る京都方面の山々がすっかり冬景色で寒々しい雰囲気。
湖岸のホテルではスキー板が立て掛けてあったが、もう滑れるんだろうか?
山は冬景色

またもや定番写真スポットの白髭神社で記念撮影。
白鬚神社

和邇近くでロヴィニに寄ろうとHPを見ると、何と定休日。
しょうがないので以前立ち寄ったパン屋のラ・サンテで軽く昼食を摂る。
ラ・サンテ

琵琶湖大橋でショートカットの誘惑を受けながら、
今日は久しぶりの”真”琵琶一をすると決めていたので、なんとかスルー。
ここから若干の向かい風。
通常冬は北西から来る比叡颪の横風ばっかりだったので、ちょっと意外。
午後から風向き変わるなよ!

瀬田まで来て、初の茶丈藤村に立ち寄る。
茶丈藤村

温かいぜんざいを注文。
豆と餅の種類を選べるんですね。北海道小豆と焼餅を選択しました。
ぜんざい

おまけに出て来た最中も頂きました。
おまけ
店を出た時に、噂の若女将さんとしばらくお喋り。
記念撮影と併せてTOWSONステッカーを頂きました。(どこに貼ろうか)
tousonステッカー


瀬田の唐橋でも記念撮影。
以前琵琶一したときは上流の国道1号線に架かる橋で渡ったので、
これで”真”琵琶一コースで折り返し。
瀬田の唐橋

ちょっとゆっくりし過ぎたので、13時再出発と
日の暮れる17時までは4時間程度。
幸い復路は追い風の恩恵に預かり疲労が少なく、
あまり速度が落ちずに一定ペースで北上する。
いや、ここはホイールの効果と思っとこう。
復路は追い風

琵琶湖大橋から先は何度も通ったことがあるので、
ようやく距離感がわかり、先が見えてきた。
琵琶湖大橋

15時半。
彦根を過ぎる頃には、南西方面ではすっかり夕暮れ。
夕暮れ

16時前には長浜に到着できました。
豊公園

豊公園駐車場に無地到着。
最近乗れていなかったので、少し喝を入れるつもりのFULL琵琶一でしたが、
無風~若干の追い風、NEWホイールに助けられて、
あまり疲れることも無く終えることができました。
到着
次回は桜の季節にでも来たいですね。

ルートはこんなんでした。
走行距離:192km。(180km強程度のはずだが、少し遠回りした影響で190越えましたね)
  1. 2015/12/31(木) 10:25:12|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

12月19日 早くもサンタがやって来た

日々コツコツ真面目に働く良い父ちゃんを
労って、チョッぴり早くサンタが我が家に
やって来た。

ただLOOK本体が、動き幅が狭いブレーキ改良の
為にDURAワイヤー交換とケーブル取り回し変更で
只今入院中。
実走は来週まで持ち越しです。

どのみち今週末は1日スボット夜勤で土日が
潰れ、ろくに乗れずに終わってしまいそう。
なかなか乗れない週が続きますが、来週末
からは待望の正月連休なので、ガッツリ走れ
るのを期待しています。
  1. 2015/12/19(土) 15:12:01|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

12月6日 2015年SHOROs忘走会

既に先週末のイベントですが、・・・・
SHOROs忘走会に参加してきました。
今回で第4回ということですが、
一昨年のayuさんの茶臼山ライドに参加したことをきっかけに
参加させてもらった第2回以降、今回で3回目。
毎年この忘走会が縁で顔見知りも増えていくのが楽しみであり、
年末の恒例となりつつあります。

今年はレースイベントの都合でいつもよりちょっと早めの日程。
その御蔭か例年の寒さも北風も穏やかな中、
恒例となっている集合場所の知多市新舞子マリンパークに向かいます。

どうせ皆さん到着は早いんだろうな~と思いながら、
この時間では管理棟が開いていないので事前トイレを済ませておくべく
手前のコンビニに立ち寄る。

すると店内で偶然播磨の住人”住友さん”もご一緒。
・・・と思ったらすぐに琵琶サイから参加の面々3名も到着し、
此処は一体どこのコンビニだ?という状態になる。

住友さんから、「既に結構集まってますよ」との話で、
駐車場でのお喋りもそこそこに、新舞子に急ぐと既に多くの方々が
準備を始めていた。
さすが1時間前行動が標準となっている律儀な人達。
新舞子駐車場

すぐにひろさんやNAO-PELさんの新車を話題に人の輪ができ、お喋りに花が咲く。
朝の井戸端

場所を管理棟の前に移動するが、50人近くの結構な人数故に
なかなか全員集まるのに時間がかかりますね。

ほぼ(?)全員が集まったところで、主催者のKTMさんから開会の挨拶。
知多一忘走会3回目とあって説明も手慣れたもんで簡単に終わるが、
牽制しあってなかなか最初のグループが形成されず、微妙な間合い。
shigaさんらが口火を切って発進後は、間を置きながら次々と自然と
形成されたグループ毎に出発です。
ブリーフィング

自分はひろgottuさん先頭のグループに飛び乗る。
今回は同じ夜勤週だったK渕君を数日前に誘っていて、
二つ返事で参加してくれていたので一緒に走ることにしたが、
コイツも速いんだよね~。
新舞子出発

途中信号で一緒に停止した前グループのリキさん先頭の列車の後に
K渕君がついて行ってしまったので、一緒に最後尾につけることに。
リキさんに牽いてもらうのに申し訳ないな~と思いながら、
車の多い常滑の街中で長い列車をごぼう抜きするのは何なんで、
しばらくこのポジションで甘んじさせてもらう。
リキさん列車で行こう

常滑の市街地を抜けると意外に早く坂井の休憩ポイントに到着してしまった。
ここで恒例の長い休憩タイム。
今日はあまり寒くないので苦になりませんが、
流石にずいぶんダラダラ話し込んでいたのでそろそろ行きましょかって何人かで動き出す。
坂井で休憩

常滑の海岸線の細い路地ではのんびりムードでしたね。
ここまでは。
常滑海岸線

R247に出ると巡航が急に加速されて、次々に飛び出す人達。
ダイズさんや平田クリテの重鎮さんらの巡航についていくだけで必死。
ジワジワ離され、信号ダッシュで前を走るK渕にも置いていかれそう。
先ほどの休憩が長かったこともあり、野間のコンビニに一旦止まったものも
”先のコンビニにでも”とスルー。
結局野間灯台も内海コンビニも前を追いかけるに精いっぱいで素通りです。

途中対向車線側では半田起着点で東海地区の大学駅伝が開催されており
通行制限の渋滞が一部あったものの、その影響からか交通量は全体的に少な目な感じ。

それにしても上位のランナーって力強く駆けて結構速いもんだね。
駅伝

豊浜の町を抜けると、最後のスプリントポイントなんだが、
それまでの疲労でダッシュも長続きしない。
直ぐにヘタれると、すぐ後ろではK渕も余裕でついてきている。

結局坂井以降で休憩もできずに師崎に到着すると、
先にすっ飛んでいった数人の人達が既に休憩に入っていた。
マスタングで戻って行った、まあちょっとアレなダイズさんはここに居ませんけど。
(この時に他のブログを見る限りじゃ、やっぱり皆さんあちこちで休憩なさってたんですね。)
先頭到着組

しばらくして皆さんも集まり出す。
例年、山影の影響で風が遮られる絶好の休憩場所である羽豆岬突端も、
この日は太陽が隠れて曇りがちな天気で、今一つ暖かく無い。
寒いってほどではありませんけど。

3回目の知多一忘走会に慣れてきたのか、皆さん上手く食事を摂っていたようで、
ポツポツ抜け出して食堂に行っている人がいたようですが、
置いてきぼりになるのが心配で、結局持参のパンだけで食事を済ます。
往路の背骨を考えると、もうチョット摂っておくべきだったかな?
羽豆岬

復路の背骨では前を走る人に徐々に置いてかれ、終いに1人旅となる。
実に鈴鹿以来の実走(しかもその鈴鹿もたった4周だったし)で久しぶりだったからなのか、
往路で飛ばしすぎて疲労したのか、登りでは脚が全然回らん!
しかも何となく攣りそうな気配が出だす。
次第にダンシングするとピキピキしだしたので、ペースを更に緩めて騙し騙しで慎重に進む。
背骨

何とか復路中間のエビせんべいの里に到着。
前走者集団は意外と先頭だったらしく、先着は他に誰もいなかった模様。
これならもっとのんびり来るんだったと思いながら、足のストレッチとマッサージを入念に行う。
えびせんべいの里

休憩後も一番先に飛び出したものの、どんどんと抜かれて再び一人旅になっていく。
背骨一人旅

最後の丘が終わった時は流石ににホッとしました。
何で同じ知多一でも忘走会ってこんなに疲れるんだろうか?
休憩時間がメッチャあるはずなので、ホントに不思議です。
背骨の味覚の道から海岸線に再び出ると、ようやく新舞子に到着です。
新舞子到着

気が付くと後ろにはKTM‐Jr.。
全然平気そうだがや。
後ろは・・・

新舞子ファインブリッジではJrのアタックに反応できず。
masaさんだけは反応して大人げなく競り勝ったらしい・・・・。
新舞子ファインブリッジのアタック

管理棟では申し訳なくも関係者で占拠状態。
そもそも冬故にマリンパークに来る人も少ないが、怪しい集団に単に近寄れなかったのかもね。
管理棟

KTMさんから閉会の締めの挨拶で、無事忘走会も終了です。
主催のKTM様。お疲れさまでした。
これが無ければ年越せないと思う程、毎度のことながら楽しかったです。
閉会挨拶

これで今年のライドイベントは終~了。
仕事の影響で週末のライドもままならなくなり、忙しくなった年後半は
めっきり走行距離が伸びない状況となってました。
なんとなく来年は何とか好転する雰囲気なんんで、またあちこちに行きたいですね。
いや、フラストレーション溜まっているんで何としてでも行ってやる!って思っている
今日この頃です。

今年もSHOROsはじめ、皆さまには色々とお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

走行距離:83km。
獲得標高:714m。
  1. 2015/12/13(日) 17:40:56|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

11月14日 鈴鹿エンデューロ秋spはDNF

本日12月1日と、2015年の今年もあと一ヶ月を残すのみとなりました。

晴れ渡る青空の向こうの山影に見える御岳山もすっかり雪景色。
これからは山方面は凍結が心配で、自転車で行きにくくなりますね。
御岳1

既に半月以上過ぎてしまいましたが、今年最後の公式イベントとなった
鈴鹿8時間エンデューロ秋spに、今年も参加してきました。
春に続いてソロ参加で、4時間エンデューロにエントリーしておりました。

ところが1週間前から雨予想が続いていて、結局予報はずれたり変わることも無く
当日はしっかり雨。
それでもというか、雨だからこそパドック確保のための争奪戦に参加しなければ・・・
ということで、夜勤明けの金曜日日中から鈴鹿へ移動。
鈴鹿イオンで夕食と買い出しを済ませてゲートに5時半頃に到着すると、
丁度同時に到着した1台のワゴンに先を越された・・・と思ったら同僚のケンちゃん。
Hさんと2人揃って有給取って、同じくピット確保の臨戦態勢です。
これで2年連続(春秋4回連続)のポールポジション無事確保となりました。
サーキットゲート

6時頃には後ろに3台目が到着。
危っな~と思ったら・・・こうぞうさん。w
みんな早すぎだって!
これでSHOROsと会社チームの2人づつ
突撃隊員が揃って今年も大丈夫でしょう。

2時間ほどお喋りしていたんですが、夜勤明けということもあり眠くて眠くて仮眠し、
タイミング良く23時にはバッチリ目が覚めた。
0時の入り口ゲートOPENとともに入場し、
パドックゲート最前列も確保でき、
5時の開場まで2つのテントで仮眠待機する。
パドックゲート

テントの外は夜通し結構な風が吹いていたが、
雨は然程降らなかった模様。
未だ陽が明けていない早朝4時半にはテントを
片づけていると、gottuさんも登場。
更にダッシュ体制が整う。目指すは23、24番ピット。
目指すパドック

回らない脚と濡れて滑りやすい床でコケないように注意しながら、
無事目指すピットを確保できました。
これで今日の任務の大半は終わったようなもん。
ん?なにやら不審な人が写っとる!

依然として風が強く、ピットの中まで吹き込むのでブルーシートがめくれる。
重し代わりになりそうな荷物を車から運びこむ。
無事確保

パドックの開場に合わせるかのように、外はしっかり雨が降ってきた。
テンションはもうダダ下がりで、そもそも着替るのか、自転車を出すかも迷う。
外は雨

朝食食べたり受付したりしているうちに、SHOROsメンバーが徐々に到着しだす。
皆さんも走るかどうか迷っているものの、試走時間が迫ってくるにしたがい
意を決して着替えだす人が増えてきた。
となるとしょうがないので自分も・・・。なにぶん周りに流されやすい性分なんで。
明るくなってきても、試走が始まっても依然外は雨。
外は依然雨

メンバーが徐々に試走に行きだす中、未だ迷っているうちに、
”顔が痛い”などと言いながら1~2周でずぶ濡れになって
戻ってくる人を見て一気に気分が萎える。
試走だけでもう走らん人もいるし、そもそも着替えるどころか自転車持ってきていない人もいるし、
まあ今回は走らんでもいいやって気分になってました。
準備完了

それでも8時のスタート時点でチョット小降りになったようで、
KTMさんが出るって。つられて一緒にピットスタートで出ちゃいましたよ。
ところがバック出たところで雨がやっぱり強くなってきた。
おまけにピットにドリンクボトル忘れて来たし。

数周走って取りに戻るかと思っていると、
目の前にsenmuさん、NAO-PELさん、gottuさん、masaさん、こうぞうさんらが
集団で走っていたのに気が付き、しばらく一緒に走ることにした。

雨でブレーキ効かないな~と思って周りを見ていると、
同じように制動距離ダダ伸び状態でコーナーに入って行く集団。
こりゃコケたら集団落車間違いないな~って怖くなり
車間距離たっぷりとって安全マージンたっぷりてゆっくり走っていると、
もう全っ然楽しくない。

第一コーナーのパイロンで狭くなったところで先頭集団に追い抜かれていると
列車中盤の膨れた人に、”もっと寄って”と横から押されて
危うくコケそうになったところでもう走る気が消え去りました。
ピットに戻ると既に着替えている人も。w

しばらくしてmasaさんもピットに戻って来たので、負のオーラで囁くとあっさりリタイヤ組に。

そこからはゴール時刻まではず~っと井戸端会議とショッピング(但し見るだけ)。

結局リザルトは4周目でピットに入ったので3周だけ。
鈴鹿2015秋ラップ

そうこうしていると、そろそろ4時間のゴール時刻に。
4時間ゴール

結局ほぼ雨の中で走り続けたsenmuさん。
ゴール
NAO-PELさん。
ゴール3
(やんさん、gottuさん、こうぞうさん、ゴール撮れませんでした。すまん!)
皆さん春のリベンジと目標周回を無事回ったようで、
この悪コンディションの中での達成は流石です。

そして本来なら一緒に走っていたはずなのに、
なぜかゴールを見守ってピットに引き上げていく○○な面々。(もちろん自分もそのうちの1人)
応援

今回の鈴鹿エンデューロは見事に不完全燃焼でしたが
まあなんとなく雨予報が出た1週間前から予想していたまんまの顛末となりました。
次回、春のアタック120へと気持ちを切り替えていきましょう。

今回の唯一の収穫は、ジムニーにリアハッチギリギリの僅かなスペースでも
バイクを車載できるということが分かったということ。
今まで後部座席を倒して収納した状態で荷室の前方(運転席すぐ後ろ)に
自転車を固定していましたが、車載すると車中泊が著しく困難になっていました。
これで後部座席を残したまま運転座席を倒せるので、
ゲートが空くまでの時間まで完全に横になることができました。
遠征がちょっとは楽になるかな?
LOOK車載
  1. 2015/12/01(火) 11:04:28|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (158)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR