日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

10月12日 富山~金沢

日本海ライド2日目。
東側に面したホテルの窓からは、未だ登らない朝日に浮かび上がる立山連峰の姿が見え、
とりあえず天気は良さそう。
半開きしか開かない窓からはちょっとヒンヤリした空気が入り込み、すっかり秋を感じさせる。
ただ予報ではやっぱり微妙な天気で、雨雲レーダーを見ると日本海に沿って
海岸近くに長い雨雲が北西方向に伸びている。
ちょっと前線が東に流れてくるだけで雨になりそう。
立山連峰

今年は氷見から能登半島付け根をR417で横断し、
千里浜沿いに金沢に入るルートを考えていたんですが、
どうも北ほど雨に降られる可能性が高い。
しょうがないので、すぐにエスケープできる線路沿いに金沢を目指す。
先ずは真新しい富山駅に寄って、金沢~名古屋(14:48金沢発特急しらさぎ)の
切符を手配。
輪行とあってデッキに近く、座席後ろにも輪行袋を入れられる最後列を
希望したが生憎無くて、最前列を購入。
途中の米原で進行方向が逆になるのでどっちでも良いか。

改めて駅の周囲を見てみると、まだまだ工事中が多い。
富山駅前工事中

先ずは歩道のやたら広い神通大橋を渡って神通川を越える。
神通大橋

振り返ると立山連峰はずいぶん雲が掛かり始めている。
神通大橋からの立山連峰

真新しい新幹線脇に沿って田んぼ道を適当に進む。
線路から大きく外れなければ大丈夫だろう。
こういう時に高架線は目立つので便利だ。
新幹線脇の田んぼ道
田舎道からR8に出てしまった.。
交通量が多いのはかなわんが停止が少なく速度を出しやすいので
そのまま高岡方面に向かう。

道の駅カモンパーク新湊で雨雲を確認すると、既に金沢では降っている模様。
西に向かうほど悪くなる気配なので、行く手を阻まれた状態となる。
とりあえず高岡駅に向かい、輪行で打ち切りもありかな?
それなら時間がたっぷりあるので、高岡市観光と参りましょう。

古城公園に向かい、3年前に間近で見ることが出来なかった場所を訪れる。
前回は夕方時間が遅く、閉園となって入れなかった動物公園の中にある”絵筆塔”が目的地です。

藤子不二雄両先生の故郷とあって、(昔の)漫画家が書いたカッパのレリーフが全面に貼ってあります。

特に大御所は正面位置に集中。

絵筆塔
藤子.F.不二雄(藤本 弘)
藤子.F.不二雄
藤子 不二雄A(安孫子 素雄)
安孫子 素雄(藤子 不二雄Ⓐ)
手塚治虫
手塚治虫
横山隆一
横山隆一
サトウサンペイ
サトウサンペイ  フジ三太郎
さいとうたかお
さいとうたかお ゴルゴ
柳原良平
柳原良平 アンクルトリス
その他は全然知らない方ばかりでしたが、まだ他にも有名な漫画家がいたのかも?

公園内の(通称)ふたつ山に寄ってから、
ふたつ山

公園近くの高岡大仏の前を通る。
日本三大大仏の一つと言われ、奈良東大寺の大仏、鎌倉の大仏と続き、
三っつ目は諸説あるようですが、どう見ても無名の知多聚楽園の方が大きいぞ!
高岡大仏

文苑堂書店は未だ開店前。
文苑堂書店

ガラス戸の向こうにはまんが道の文苑堂書店イラストが飾ってあります。
文苑堂書店イラスト

高岡駅前では万葉線ドラえもんトラムに遭遇。
ドラえもんトラム

ドラえもんの散歩道に寄り、
ドラえもんの散歩道

ちょっと足を延ばして、おとぎの森公園に立ち寄る。
おとぎの森公園


藤子不二雄の出身校や実家跡に行ってもしょうがないし、観光はこの辺で。

天気はまだ何とか持ちそう。金沢あたりも雲が抜けたようで大丈夫か?
高岡で終了というのは止めて、もう少し悪あがきして金沢に向かうことにした。
少しでも南側ルートのR359へと砺波方面に向かうが、
金沢の西方向は相変わらず雲が多い。
真黒な雲が無くなっただけましか。
金沢方面

途中雨が一時的にポツポツ降り始めたので、
やっぱりIRいしかわ鉄道の線路沿いって
迷走しながら、R8方向に進路を戻す。

途中見慣れない穀物を収穫中だったので、興味本位で作業中のおっちゃんに尋ねると
漢方薬やお茶に利用されるハト麦畑だそうで、この辺で栽培が盛んだと豆のような実を見せてもらった。
ハト麦畑

R8に再び戻り、くりからトンネルへ。ここから丘越えが続きます。
くりからトンネル

高速道路のインターチェンジような恐怖のR159合流ポイントを避けて、
手前の県道に降りて津幡市街地へ向かう。

金沢市街地までつながるK59を走るっていると、左手にうねうねと細い道路が
並行する形で旧北国街道が伸びています。
途中で交通量が多い県道を外れ、街道沿いを進む。
それほど古い建物は無いのだが、真っすぐに伸びず
微妙に曲がりくねった感じがなるほど街道っぽい。(知らんけど)
旧北国街道

金沢市街に入る頃にはとうとう雨がポツポツと降り始めてきた。
横切ったひがし茶屋街では観光客がごった返している。
毎年金沢来ているのに、ここでは観光らしきこと全くしていないので、
知らないとこだらけな気がする。
金沢

昼飯時とあって唯一観光の定番となった近江町市場立ち寄る。
歩道を押して歩いていると無料駐輪場を発見。
いつも自転車停めるとこ無くて苦労していたんだけど、こんなとこあったのか。
近江町市場駐輪場

市場内は観光客でどこも賑わっていますね。
とりあえず2階にある飲食店街に向かう。
市場内

人気店と思われるお店はどこも行列が凄いので、そこそこ空いているお店に突入。
まあ結局いつも海鮮丼なんですが。
海鮮丼

腹を満たしたらとっとと金沢駅へ。
最近は手慣れたもんで、さっさと輪行準備して、人込みの中で着替え~の。
金沢駅

あとは最も重要なミッションである家へお土産購入。
駅構内にある”あんと100”には、流石の和菓子処金沢とあって、
和菓子が選り取り見取り。
茶道部であんこ魔人の娘へ和菓子土産をゲットし、無事パスポートを得ることができました。
あんと100

ホームにてホームレス(?)風の飲んだくれが通行人の迷惑をかけています。
どこでも地べた座るのに抵抗のない不良ローディはこれだから・・・。
ホームにて

特急しらさぎが来た頃には既に良い気分。
しらさぎ

とはいえ、電車内でも反省会という名の宴会はまだまだ続くのでした。
車内打ち上げ

今回は最初から最後まで雨に振り回されたライドでしたね。
ただ雨でペース上がらない以上に、もう少し日が
長い時期でないと明るいうちに富山に到着するのは難しいですね。

そう言えばまた日本海見ないまま終了してしまった。

走行ルートはこんなんでした。

走行距離:78km
  1. 2015/10/14(水) 00:36:34|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月11日 2015年日本海ライドはDNF

写真Upしたまま、文章入れずにずいぶん放置してしまった。
先週起きた仕事上のちょっとしたトラブル対処からリカバリーへと
金曜まで残業たっぷりの日勤→土曜夜から7日連続夜勤へと休みが無い。
自転車乗るどころか記事書く気力も無くなっていました。

とはいえそろそろ落ち着いてきたので、出来事を忘れないうちにいいかげん書かねば。

ということで本編です。
ここ3年連続で”日本海ライド”と銘打って、富山県までR156かR41ルートで1泊旅行をしてきた。
今年も!って意気込んだシルバーウィークは宿が全く確保できず、この10月連休に持ち越し。
9月に比べれば選り取り見取りであっさり宿は確保できました。

週前半で何となく天気は怪しかったのですが、それまでの快晴続きで少々油断して
目前まで天気予報を全くチェックしておらず、予報では結構しっかり雨が降る気配。
気が付けば宿のキャンセル料が掛かる状態だわ、宅急便で着替えや輪行袋などを
送ってしまったわで、中止できない状態。

今回も同行者となるケンちゃんに以下の選択肢をつきつける。
 ① つべこべ言わず、俺(ケン)についてこい!
 ② 俺(ケン)は走るが、Naoさんは風邪ひくといけないので車でサポート頼む!
 ③ 取り敢えず車で向かって様子見。最悪野郎2人で富山までドライブ。
 ④ 俺(ケン)は行かないので、キャンセル料払ってきて。
の中で回答は①と、しぶしぶ雨天決行となりました。

当日は6時半に小牧に集合としましたが、
直前になってもどうにもテンションが上がりません。
自宅から雨コンディションで走り出すのは初めてかもしれない。

5時前から雨対策の準備を始める。
輪行バック(送ったのとは別の)や、雨具を収納するツール袋、リアフェンダーを背後に装着。
シューズカバーの下にはコンビニ袋で防水対策までしながら、
何でこんなことしているんだろうと自問しつつ、意を決して出発です。
出発前 車庫

集合場所は小牧山近くのコンビニには6時に到着。
ここまでも、また待っている時もしっかり雨が降っています。
9月は田縣神社に参拝したので、今回は別の有名参拝スポット
間々観音に・・・と思ったのですが、未だ早い時間なのか門が閉まって入れませんでした。
残念!何か不幸な事が起きなければいいのですが。(起きるなら奴のほうに)小牧コンビニ

雨は犬山市内のR41を回避してリトルワールド前~可児を経由し、
美濃加茂の線路止まり近くまで来ると雨は止み始めた。
ただ予報では南は回復傾向なんだけど、北のほうは段々悪くなるんだよね。
美濃加茂

飛水峡あたりではR41のトンネルを回避するために裏道へ。
飛水峡

この辺で線路に入って写真を撮っている方もいたようですが・・・。
天然記念物の甌穴群近くまで降りてみようと思っていたんですが、
生憎の雨でぬかるんでいるんでパス。先を急ぎます。
線路脇

少し進むと、前方からダム放水を知らせる中電の広報車がやってきたので、
丁度横にあった退避帯に寄ると”パシュ~”と文字どうりの気の抜けた音が。
どうも前輪が落ちていた落石を踏んでパンクしたようで・・・・。
落石

コンチの4seasonのサイドがザックリ。
そろそろすり減って交換しようと思っていた後輪がどうせなら逝って欲しかった。
これで前後両方とも替えなければならなくなりました。
・・・って不幸は奴ではなくこっちに来たか。
ざっくり

インシュロックで厳重に縛ったこのスペアタイヤの出番が本当にあるとは思いませんでした。
背後装備

この後、山間部を進むとまた雨が降り続きます。
飛騨金山あたりでは、それこそ土砂降りという形容がぴったりの豪雨に遭う。
後ろからは”なんじゃこりゃ~”と悲鳴が聞こえてくる。

それでも下呂に近づく頃にはまた雨が止みはじめ、
その後はパラパラ程度で済みました。
ただカッパの中がベタベタだったので、脱いだら冷えそうで
最後まで雨具は脱げませんでしたね。
写真はいつもの飛騨川の吊り橋。
飛騨川

下呂に入ってからはベタベタの恰好でも入れそうな飯屋を探しながら
結局上呂の大衆食堂にピットイン。
スタート時刻が遅かったり、パンク降臨や雨でペースも上がらず
すいぶん時間がかかってしまった。
計画どうりなら高山でラーメン喰っているはずだったのに。
下呂

食堂では飛騨名物の鶏ちゃん。
冷えた体が温まります。
鶏ちゃん

小坂久々野バイパスでは自転車通行不可なので旧道側へ。
小坂久々野バイパス

前回来た時は鮎釣りで路駐ビッシリだったのですが、
流石にこの時期は人気も交通量も全くありません。
旧道R41

久々野あたりから宮峠までは延々とダラダラした坂が続く。
ジリジリと登る速度が落ちていくものの、後ろにピッタリと付いたケンちゃんが鬱陶しい。
”発射”と無理やり先に行かせると、あっという間に見えなくなった。
ようやく自分のペースで(チンタラ)登ることができる。
宮峠手前

ようやく宮峠。下り基調とはいえ富山までここから約100kmか・・・。
(当然というか流葉の山越えは最初っからコース予定外です)
時刻は既に2時過ぎ。4時間掛かるとすると6時越えるな。
陽が落ちるのずいぶん早くなってきたし最後は確実に暗くなりそうだな。
雨も日本海側はこの先微妙だし。
高山でDNFして輪行か?と既に半分以上気持ちが傾いている。
宮峠

高山市街に入ると、3連休+昨日まで秋の高山祭だった影響からか車が渋滞している。
車列を後目に路肩をスイスイ抜けていると、対向車線側に右折車が止まっていて、
店舗駐車場に入ろうとしている。ジリジリ進んでいた渋滞中の車がその手前で停止し
車間をその手前で空けた直後に、グィっって進んで曲がって進路を塞いできた。
運転しているオバはんと目があっていたと思ったのに。
”あゝ典型的なサンキュー事故や~”などと思いながら急ブレーキ。
何とかほぼ速度ゼロの状態で自動車後輪にコツンとぶつかっただけで済みました。
(オバはん気が付いているのか気が付かないフリしているのか、そそくさとお店のほうに向かう)
幸いホイール曲がりもタイヤロックの削れも無いので、走行は続行できそうです。
高山駅はすぐそこですが。

ついこの間も来た高山上三之町界隈。相変わらず賑わってますね。
上三之町

赤い橋で記念撮影。もうDNFする気満々での到達記念かっ。
赤い橋

高山駅は相変わらず絶賛工事中。駅舎もこじんまりとした仮施設で、
ホーム入場も到着電車に合わせて制限されている様子。
高山駅で輪行
特急(ワイドビュー)ひだ11号(15:10発→富山16:42着)で一気に富山駅まで。
車窓には雨がポツリポツリと当たってきており、止めといて正解だったかな?
特急飛騨

山間部を川沿いに線路と並行して通る県道を見ながら、
2年前はこんな道走ったっけ?と思い、記憶をたどるうちに寝てしまった。
(既にビールがしっかり入っているというのもあるんですが)

気が付けば富山駅目前の案内放送で目が覚める。
越中八尾あたりの風景を見ておきたかったんだが。
富山駅

富山駅内は長い間工事していたが、新幹線開通に間に合ったんだか
間に合わなかったのか、所々仮設施設が残っている感じで微妙。
駅舎正面は立派なんですがね。
富山駅

ビールが既に入っていますし、何よりも輪行袋を開けるのが面倒ということで、
トラムに記念すべき初乗車。
これまた工事中の駅前広場を抜けて、
路面電車のホームに丁度やってきた車両に飛び乗る。
料金は一律200円。後払いらしい。
たった4駅でホテルの真ん前に到着。
トラム

今夜の宿はマンテンホテル。
展望大浴場で汗を流した後、近くの繁華街の総曲輪(そうがわ)に反省会へと繰り出す。
マンテンホテル

反省そこそこに腹一杯喰って飲んで、ほろ酔いでホテルまで歩いているうちに
ポツリポツリと雨が・・。
明日は天気が持つのか?
走行コースはどうしよう?

この日の走行コースはこんなんでした。
走行距離:169km
獲得標高:1487m
  1. 2015/10/13(火) 23:50:53|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月4日 モリコロパーク サイクル フェスティバル2015

丁度10年前に万博が開催された地、愛知県長久手市にある
モリコロパーク(旧愛知青少年公園)で開催されたサイクルイベント
『サイクル フェスティバル2015』に今年も参加してきました。

昨年の初参加では朝から小雨が降りしきる天気でしたっけ。
大勢のDNSが出る中、かなり本気の方達なのか、単なるもったいながり~な方達
168人が走った60分ソロカテのうちの、丁度半分あたりの順位。
4周目以降ヘロヘロはバテてしまい残り3周はサイクリングモードって苦い思い出です。

コースは狭いし、カーブと坂しか無いコースは抜く箇所や休むポイントが少なく
坂で抜かれるイメージしか無いので、何となく苦手意識が。

とはいえSHOROsの面々が多く参加とあって、今年は皆と同じカテゴリーの90分ソロに
無謀にも参加してしまいました。
シンドイのが分かっているだけに、当日まで何となく憂鬱・・・。
いざ始まってしまえば苦しいなりに楽しいし、終わったら終わったで出て良かったなと思うのが
分かっているんですがね。
moricoro cycling course

当日は隣町ゆえ極々近所なのですが車でトランポ。
先日高山に一緒に走った同僚のケンちゃんと合流後、
応援のINAさんはじめ、MASAさん、こうぞうさん、やんさんらと遭遇。

とりあえずケンちゃん初出場のために1周だけ試走して戻ってみると、
既に並び始めていたので、ちょっと前に試走していたMASAさんと合流して列につく。
意外に前のほうに位置どってしまいヤル気の方々に囲まれた(気がして)心配になる。
スタート待ちの行列

しばらくして後ろを見ると長蛇の列。KTMさんらは橋の向こう側に固まって並んでいるのが見えた。
本日90分参加のSHOROsメンバーは計11人。
負けられない低レベルの戦いが始まります。
後ろの行列

スタート11:30の15分前に、スタートラインまで進む。
注意事項等の説明や招待選手紹介後に、いよいよスタートです。
スタート地点
相変わらずこの時ばかりは緊張しますね。

スタート直後すぐに緩やかな登りが始まる。大きな集団ゆえに開始直後はやや先頭が抑え気味なのか、
単に集団内にいることの抵抗の少なさなのか、楽に付いて行くことができた。

カーブが連続した下りが続くと、徐々にバラけはじめ、ペースが更に上がってくる。
そんな中、早々になかさんがすぐ後ろに来ており、気が付けばどんどん前へ進んでいってしまった。
やっぱ速いや。

そういえばケンちゃんも先に行ってしまった。

未だ周回ラップが出ていないので何とも言えないんですが、
昨年よりは前半良いペースが維持できたような。
ただ筋肉が悲鳴上げるよりも先に、初っぱなの周回から息が切れてましたね。
もう常にハアハア言っていた気がします。

2~3周目かで、こーさん含む集団にあっさり抜かれる。
その後、単独で落ちてきたこーさんを一旦パスするが、
すぐに集団に復帰して抜かれたこーさんには最後まで追いつけなかった。
それにしても集団にゴーって抜かれると、今○位くらい順位落ちたって分かるのが悲しい。

寿がきや前の庭園からはINAさん、ケンさん、チャップリンさん、shimasanらが応援してくれているのを発見!
コース中で一番ヘロヘロな登り坂の途中なんで、最も不様晒しポイントなんですがね。
ここでは色々写真撮って頂きました。ありがとうございました。

5周目にINAさんから『・・・がパンク!』と声を掛けられる。
誰だ誰だ?と思っていたらコース傍らに・・・なかさん?
そうか!この苦しい状況を正当な理由で離脱するのに、その手があったか!
走行中

この後で先頭集団に最初の周回遅れ。ということはもう1回抜かれるか?

一方でずいぶん先に行ったと思っっていたケンちゃんがズルズル落ちてきた。
こんなとこでナニしている!

そして7週目くらいで目の前にSHOROsジャージ、ボリくまさんに追いつく。
お互い労いながら走り、すぐにまた1人旅。
ボリくまさんと

8週目でたぶん周回遅れにされるであろう集団の良い列車が来たんで、慌てて飛び乗る。
この時が一番快適でスリリングだったな。
裏の登りが始まるところでついていけないだろうと離脱するが、この時のタイムがどの程度だったのだろうか?

後半ダンシングしようと立ち上がると、ふくらはぎがピクって攣りそうな感覚。
そうそう無理も出来ないらしい。
準備した水分はボトル1本だけだったが、思いのほか消費が早いので、
摂取抑え気味にしていたのが悪かったか?

10周目に入ったところで残すは8分半。こりゃ11周目は無理だなと早々に諦めて
最後は流してゴール。
と、終わって安心しているとすぐ後ろでトップ集団のゴールシーンが繰り広げられていた。
やんさん惜しくも入賞ならず。

ウイニングランと一緒に、なんとなく先頭集団に混じった感じでコースアウトしながら引き上げるが、
この人達とはほぼ2周差ついてんだよね。
自分が50km走ってるうちに更に10kmも先に行ってたんだ。
もう悔しいとかも全く無く、別次元の世界ですな。
ゴール後


レースが終わったら後は皆で車座になってまったり。
1時にレース終わってから、3時位までダラダラして現地解散!
闘い終わって

今回の結果は、前回中間順位からちょっと上がって約350人中の上位40%位置。平均時速も1km/h上がってました。まあ前回は雨でしたからね。
順位はちょっと微妙ですが。
参加の皆さん速いですね。

最近このモリコロパーク サイクリングコースは土日はロード禁止だったのが解禁となったので、
(高速走行はあくまで禁止ですが)家から近い事もあり、
今後ちょくちょく練習に来てみましょうかね。
  1. 2015/10/06(火) 23:09:11|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (144)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR