日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

1月25日 琵琶湖(北湖)1周

先週末の夜勤明け金曜日。
眠いのを我慢してパソコンの前に待機し、10時から受付の”
鈴鹿エンデューロ春sp”先行募集にエントリーしました。

今回は会社チームからではなくSHOROsとして参加する予定。
しかも今回はいつもの8時間エンデューロにチーム参加ではなく、
皆さんソロアタック120に出る模様です。
しかも制限時間が昨年春は5時間(≧ave24km/hr)だったのが、今回は4時間(≧ave30km/hr)。
メッチャ不安いっぱいなんですが。平地でも4時間×30km/hr維持して走れんし。

とりあえずパドックパスを含めて無事エントリー終了!
さっさと寝ましたが、この後早々にアタック120だけSold Outだって。
皆さんやる気満々なんだろうね。更に不安が増します。


翌土曜日も麗らかな絶好のサイクリング日和の晴天の中、敢え無く休日出勤で潰れたので、
日曜こそって今回も早朝目覚ましを掛けたが、先週に続いてまたしても二度寝で6時起床。
それでも先週の8時起きよりは軽微か。なんだか疲れてるのかな。
そんなこんなで、慌てて支度して向かった先は滋賀県長浜市の豊公園。

1月は全然走り込んでいないので、Longながら平地限定コースで脚ならしのつもり。
暗くなるまでに時間的にも1周は厳しいかなと思いつつも、
今回も立ち寄りたい場所が幾つもあり、どれだけ回れるかな?
結局行き当たりばったりになりそうです。

8時過ぎに豊公園を出発しました。長浜城を見ると琵琶湖に来たって気になります。
豊公園 長浜城

今日は昨日に続き、気温高めで風も無く穏やかな朝です。
気持ち車も少な目。渡り鳥が集まる湖畔や池には、カメラを構えた愛鳥家も集まります。
穏やかな朝

何となく鈴鹿のことが頭にあり、高速巡航維持しようと重いギアでガシガシ踏み続けます。
この時は調子いいなって思ってましたが…。

木之本で曲がり、賤ヶ岳の旧トンネルに向かう
坂の道路脇にはまだまだ雪が残ってますね。
先週だったらもっと道路にも残っていたんだろうか?
残雪

トンネル入り口は大きな池が出来ていました。
飛沫でシューズカバーやバイクがベッタベタ。
リアキャリアに着けたバッグがフェンダー替わりとなって、
幸い背中が濡れるのだけは免れました。
トンネルは水浸し

琵琶湖の定番の写真ポイントですね。
定番写真ポイント

奥琵琶湖では道路には雪は残っていなかったんですが、
脇道にはマダマダ雪が積もってますね。
幹線道路から外れると危なそう。
トンネル越えても雪

この頃、頭上の雲は心なしかどんよりして降ってきそうな雰囲気。
そんな予報では無かったはずだが・・・。

この後マキノから南下していきましたが、どうも体が妙に重く、すっかり疲れてしまった感じ。
巡航速度も急低下し、結局いつものポタペースか。
信号が少ない分、淡々と走り続けましたが・・・。
雲が厚い?

高島市内で後輪に異変が。タイヤにしっかり小石が刺さってました。
久しぶりにパンクです。
歩道に店を広げチューブ交換を完了し、実は初めてのボンベ注入。
ブシューと一気に入っておお!って感動した直後・・・タイヤが一気に萎んでいく?
アレ?とインフレーターを取り出してポンピングしてみても、
全く圧力が上がっていく気配が無い。
穴が空いてるっていうよりは、バルブのシールが異常っぽい。
正体不明の貰い物チューブだったんですが・・・。確認不足でしたね。

早々に諦めて再度のチューブ交換。
今回は新品だったので大丈夫だと思ったのですが、慣れないボンベではリスクが高いと、
地道にポンピングして加圧し無事復旧しました。
ずいぶん時間が掛かったのか、すっかり体が冷えてしまった。
パンクの原因

お腹が空いたので、堅田で今回の目的地の1つに立ち寄ります。
地元ローディが集まるcafe rovinjさんで昼食としました。
cafe Rovini

東欧クロアチア料理を主体とするメニューの中で、新メニューとしてお勧め頂いた
"ザグレブ風シュニッツェル" を注文。
チーズを包んだ肉汁たっぷりの熱々のカツレツにトマトソースをかけた物って感じ。
とても美味しかったです。
ザグレブ風シュニッツェル
ついでに看板メニューのデザートも追加しました。
クレームシュニッタ。カスタードのプリンよりも甘く無く、ムースのようにやや軽めな食感。
温かいパリッとしたパイ生地の香ばしさがアクセントとなってます。
楽しみにしてきた甲斐がありました。ごちそうさまでした。

マスターと自転車話をしながらも、まだまだ道半ば。
時間もあまり無いこともあり、慌ただしくお店を後にしました。
クレームシュニッタ

ここからのコースをどうしようか迷うところですが。
大津周りの琵琶一にして、茶丈藤村に寄ろうか?
琵琶湖大橋を渡って北湖だけにして復路に入るか?
まあ、あっさり結局橋を渡りました。もう1時間早ければと後悔ですね。

何故か?とっても敗北感を感じます。
琵琶湖大橋で敗北感

対岸に渡ると一面の菜の花畑が。綺麗とは思うがそそくさと先を急ぎます。
気が付けば天気は良好。
菜の花畑

近江八幡まで来たところで一旦琵琶湖畔道路を離れます。
1週間ちょっと前にOpenした"ラ コリーナ 近江八幡"。クラブハリエの系列です。
ところがというか、やっぱりというか、凄く混んでましたね。
お店の中は人がいっぱい。イートインやお土産は長蛇の列ですぐありつけそうにありません。

今回は自転車にバッグが付いていることもあり、
定番の”焼きたてバームクーヘン”でも買って行こうと思ったんですが。
また今度にしましょう。
ラ コリーナ近江八幡

同じ近江八幡のすぐ近くにも系列店があることはチェック済みです。
近江八幡の中心街の向かった先は"クラブハリエ 日牟禮館"。
こちらで買えないかと思ったんですが、同じことを考えている人が多いのか、
こちらも長い行列。そんなに待てませんので、こちらも諦めます。
なかなかうまくいきませんね。
クラブハリエ 日牟禮館

今回初めて近江八幡の市街地に来たんですが、観光地なんですね。
水郷の里とは聞いていたんですが、結構いい雰囲気。
また時間のある時に来るとしましょう。
近江八幡市街

琵琶湖に戻る際に、来た道とは違う道へと逸れてみました。
(たぶん?)葦ってずいぶん大きいんですね。
水郷1

水路が入り組んだ道ってのが、面白かったですね。
進んだ先がドン詰まりってのもありましたが。
水郷2

水辺がとっても近いと感じさせる近江八幡でした。
ここでカヌー遊びってのもいいかな?
水郷3

なかなかバームクーヘンが買えないので、彦根を過ぎた先にある
クラブハリエ ジュブリルタンにも寄ってみますが、
ここはパン主体なので残念ながら売ってませんでした。
時間が遅いこともあり、パン自体もあまり残っておらず、補給も断念。
今回は後半は上手く行かないことだらけ。
ジュブリルタン

長浜に戻る頃にはすっかり夕日が傾いていましたが、
何とか日が暮れる前には到着できそう。
冬の琵琶湖特有の強風・暴風に遭わず、寒すぎて凍えることも無かったので
まあ良しとしましょう。
夕日

5時前には無事豊公園に到着。夕飯に間に合うように急いで帰宅の途に就きました。
豊公園に到着

鈴鹿に向けて、やっぱり一抹の不安は残りますが、まだ時間があるので
これから これから。

この日のコースはこんなんでした。
走行距離157km。
  1. 2015/01/27(火) 00:42:06|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

1月17日 なんとなく蒲郡の海へ

去年の鈴鹿8Hrエンデューロ秋spのことが、社内報の1月号で紹介されました。
今更って感じで、ずいぶん前のような気がしますね。
細かいことだが文中に60位とあるが59位なんで、このへんはきちんと正確に!投稿者のA野クン。
みずほ

そうは言っても春の鈴鹿のエントリーがたぶん2月上旬にあるはずで、
今回は5月31日の日曜1日だけのよう。
今回はずいぶん遅いんだなって思っていたら・・・

なぬ?グランフォンド富山と一緒の日ではないか。
昨年はエントリー迷っているうちに早々に定員締切でしたんで、今年こそって思ってましたが。
なかなか縁が無いな。

その鈴鹿のチーム分け打ち合わせを兼ねて、金曜日は部署の自転車愛好家が集まっての新年会。
場所はいつものお好み屋に総勢13人が集合です。
昨年チームであちこち行った時の写真を持ち寄り、情報、写真交換会を兼ねて
プロジェクター(私物で持っているところが・・・)で上映会もしちゃってました。
仕事でずいぶん遅れて参加したので、チーム分けがどうなったかが不明ですが、
私は今回ソロ参加なんで対象外なんです。
新年会

さて実走のほうでは、
先週は土曜日が休日出勤だったこともあり、日曜の出走宣言していたものの
カミさんが風邪気味で不調だったので、諦めて家事手伝いでノーライドでした。

今週は夜勤なんで入り日の日曜走れないということで、
土曜日に何とか走りたいと思っていた。
早朝4時半に目覚ましセットしてみたものの、前夜新年会の酔いの影響でか
二度寝したのか気が付けば8時。
遠征できず布団の中でどこ行こうか決めかねているうちに時間は刻々と過ぎていく。

結果、10時半とかなり遅い時間から
行先決まらないまま、今日も無目的に走り出すことになってしまった。

空を見ると天気予報では晴れのはずが、北西側は真っ黒な雲だったんで、
南東方向へと進む。
瀬戸の電波塔が見えたので、いったいどこに建っているのか興味が出て、
近くまで行くことにした。適当に林の中を走っていくと一向に近くに行く脇道が無く、
そのうち未舗装の砂利道となってしまった。もう1本北側からアプローチすべきだったか。
諦めて更に東へと進む。
長久手 電波塔

八草まで出ても天気はすっきりしないが、何となく南側の空が明るいので、豊田、岡崎方面へと進む。
ただ香嵐渓方面の豊田の山々も黒っぽい雲の下なんで、今日は山方面には行けないかな?
豊田梅坪 山方面の雲


岡崎近くまで出たところで雨がパラパラ。気が付けば南も雲でイマイチ。
いつでも戻れるように、今日は輪行バックを持参してきたので、
愛知環状鉄道からあまり離れないでおこう。
岡崎 雲

岡崎公園に到着したら、丁度13時。からくり人形が動いていた。
周りには写真を撮っている観光客がいっぱい見物している。
からくり人形

お堀を回り込み、岡崎城の正面入口へ。初めて南側まで回り込んだ。
入らないけど。
岡崎城

せっかくこっち方面へ来たので、三ヶ根山か三河湾スカイラインでヒルクラでもと思ったけど、・・・
思っただけでした。
実は未だどちらも1っ回も登ったこと無いんです。入口も分からんし。
とりあえず海まで行こうと蒲郡まで走って、竹島到着。
気が付けば天気も上々。
蒲郡 竹島

どうせなんで竹島への橋を渡ってみる。
昔はフジツボやフナ虫だらけだった印象でしたが、橋が新しくなったんですね。
鳥居をくぐると、その先は八百富神社に続く階段が伸びます。
八百富神社

意外に急な階段登ってハアハア言いながら、
世界平和を祈願しときました。
八百富神社入口

来た時もそうでしたが、橋の上は横風が半端無い。
走っているとズルズル横にずれて、何となく足元スコーンってすくわれそうで怖かった。
竹島から戻る

浜辺ではカモメがいっぱい。お姉さんが放る餌につられてすざまじい争奪戦が繰り広げられる。
遠目にはさながらヒッチコックの”鳥”のよう。
かもめ

こんなバカみたいな向かい風に逆らって帰る気はさらさら無く、あっさり蒲郡駅から
JR、愛環鉄道に乗って輪行で帰りました。
蒲郡駅

この日のコースは結果的にこんなんでした。
走行距離75km。

なんかここんとこ中途半端で消化不良な感じが続く。
今度の土曜日も休日出勤となりそうな感じ。
日曜はどっかへガッツリ走りに行けないもんかいな?
  1. 2015/01/19(月) 09:17:45|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

1月3日 名古屋七福神と自転車屋巡り

あけましておめでとうございます。
奇特にも当過疎ブログにお越しくださる方々に感謝いたしております。
本年も概ね週1回ペースで、自転車に乗った時だけ更新していきますので、
気長にお付き合いお願い申し上げます。


本日は母娘は横浜アリーナくんだりまでイベント(入場は娘のみで母は引率のみのノー参加)で
朝から夜遅くまで不在。
寄生帰省中の息子は家に友達を呼びたい旨で、父ちゃんは朝から夜まで外出可能フラグが立っていた。

さあ!どこ行こうか!と意気込んで計画立ててみたものの、
静岡や伊勢方面は帰省渋滞の予測が立っており、琵琶湖方面や三重、岐阜山間部は積雪の気配。
三河方面の三ヶ根山、ミカスカでもと思ったが、正月ならではの企画を実施することにした。

その企画とは『名古屋七福神めぐり』。
チョット前の平日に名古屋のテレビ局番組でお笑いタレント(すぎちゃん、はんにゃだっけ?)による
七福神巡りを紹介していた。

なるほど!近場で暇つぶしに面白そう 願い事を祈願するとご利益がありそうだ。
駐車の心配無く、街中を小回りがきく自転車は周るには手ごろな手段だと思う。

ということで、スタンプラリー 御朱印を集めに行きましょうかね。

先ずは自宅から最も近い場所、千種区に向かいます。
最初の開始場所は

①八事山 興正寺
【寿老人】
興正寺2
興正寺1
縁日が並び、立ち食いの誘惑にそそられます。
ここで色紙(@1500円)を購入。自転車のバッグに入れられそうな3つ折りタイプにしました。
幸いにもバックにジャストサイズでイン。
御朱印は各箇所100円だそうです。

ここからは次の場所である南区を目指します。
天白川沿いに出てサイクリングロードに出てみると、未だ工事中区間が残っていますが、
ずいぶん走りやすい道も出来てました。
天白川サイクリングロード

2番目の場所に向かう途中、丁度10時ということで、
初売り中の自転車屋カトウサイクルにパトロールに寄る。
LINE情報であったマビックCOSMIC CARBON SLE13万が未だ
売れていないことを確認し安心して店を後にした。(買えんけど)
カトウサイクル

カトサイを出て、すぐ近くの笠寺観音に初めて立ち寄った。
②天林山 笠覆寺 (笠寺観音)
【恵比須】
笠寺観音2
笠寺観音1

笠寺観音の前は旧東海道が通っているようで、それに沿って西に向かう。
熱田台地の上に沿って通る旧東海道からの景色は、所々で恐らく昔は
すぐ下が海だったことを想像させてくれる。
堀田から先では所々で幹線道路で寸断されながらも、
旧東海道に沿って進むと宮の渡しに到着した。
宮の渡し

1号線に戻り、少し離れた場所にある3番目のお寺に向かう。
③宝生山 辮天寺
【辮才天】
辯天寺1
辯天寺2

4番目は名古屋市の中心部へ向かう途中にあり、すぐに到着。
年末餅つきに来たshigaさん邸のすぐ近くだった。
④如意山 常楽寺 寶珠院
【大黒天】
宝珠院1
宝珠院2

5番目のお寺に寄る前に、寄り道して本日2番目の自転車屋フクイサイクルにもパトロール。
フクイサイクル

フクイサイクルから東に向かうとすぐ近くにある、
名古屋で熱田神宮に次いで?有名な初もうでポイント大須観音に到着。
ここでは1月3日にも係らず大勢の初もうで参拝客がいて、本殿への行列が延々と続いていた。
御朱印は並んで貰ったものの、余りにも凄い行列で参拝を諦めた本日唯一のお寺です。
昼食で狙っていた大須の‘’鯱市‘’に向かったが、此処も行列で断念。
自転車乗りが喜ぶインテリアの実物拝見したかったんですけど残念。
⑤北野山 真福寺 寶生院 (大須観音)
【布袋尊】
大須観音
残す2か所は市中心部に密集しているので、
ここから直ぐに6番目のお寺に到着です。
⑥成田山 萬福院
【福禄寿】
萬福院1
萬福院2
最後は街中繁華街のど真ん中でGoalです。
ここで満願(満拝)の御印を押してもらい、記念の小さな干支の置物をもらう。
⑦如意密山 福生院
【毘沙門天】
福生院

後は帰るのみですが、自転車屋パトロールは続きます。
ところがY’s Roadはお休み。
Y's Road
ニコー(脇田商会)もお休み。
ニコー

ついでに小牧のカミハギにも寄ろうかと思ったが、今日の主旨である名古屋市内
主要自転車屋では無いので止め、最近開店した自転車屋をチェックすることにした。
庄内緑地公園近くのchapter08。
やっぱり未だお休みのようです。また来ることにしましょう。
chapter08

で、本日収集したスタンプ  御朱印はこんな風でした。
三つ折り版は文字は最初から記入(印刷?)してあり、そこにスタンプする方式。
御朱印色紙

自転車で回るには厳しい大きさなんですが、壁とかに掛けるには
三つ折りではなく大判のほうがいい感じ。
文字もその場で毛筆による手書きですしね。
そのぶん金額も一部で@300円するとこもありましたけど。
御朱印色紙大

今日は七福神巡りにかこつけて、自転車屋を巡ったようなもんでしたかね。
未だお休みのところも多かったですが。

この七福神めぐり。新年1月7日までに行い、お供えすると縁起が良いとかで、
このタイミングで行いましたが、 新年早々の丁度良いブログネタイベント幸運を祈る行事となりました。

ただ七ヶ度(7×7)参りの大願成就すると、記念品(大型絵馬)が頂くことができるとか・・・。
とてもやっとれんな!
今日の走行コースはこんなんでした。
走行距離82km。

他にも三河七福神 尾張七福神、知多七福神など近場だけでもかなりいろいろとある模様。
その中で最も面白そうなのが木曽七福神。
南木曽から奈良井まで各宿場町ごとに参拝するっての。
春になって雪解けの季節にでも行けないかな?
  1. 2015/01/03(土) 22:23:07|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (144)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR