日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

2月23日 彦根往復

 先週2月19日は、我が部署の自転車好きがいつものお好み屋に集まって、
今年の参加イベントを検討する会議を開催した。

鈴鹿8時間春SPは決まっているのだが、新戦力でトライアスロンをする20代若手の2名とも、同僚の結婚式で
参加キャンセルになってしまった。
新たに2名の戦力が必要だが、この日飲み会会議参加のジテ通している1名をこの場でスカウトし参加確定!
また今回初参加で、勝川から自転車で通勤していた(さすがに問題となって禁止となったが、時々45kmをrunで
帰るツワモノ)転籍者をプッシュ中。参加してくれるといいな。

もしダメなら、他部署だが同期のY君(この人も九州の実家に名古屋から自転車で帰ったり、挙句の果て
疲労骨折してしまう、これまたツワモノいや変わり者?)をスカウトしよう。

しかし自分の周りはチョットばかり、アレな人ばっかし。
自分は極めて普通と感じる。
年間計画会議
会議の結果は予想した通り何も決まらず。
都度練習イベント開催を企画、発信し、参加者を募ることにしてイベント参加は様子見となった。
だが”富士200”に興味持ってたので、秋はそちらに参加しそう。
ロングライド系イベントは秋のみの予想だが、何とか1個くらいは参加したい。
とりあえずは花見の時期に琵琶一で今季チーム練の始動かな。


で、本日は雪も無くなっていることだろうし、予てから計画していた彦根往復をしてみた。

朝早く日の出前には出るつもりだったが、いつものグズグズで7時過ぎの出発。
電池交換して以来、サイコンがマイル表示だったので修正した。
ずいぶん気が付くのに遅かったが、速度上がらないにも程があるだろうと思っていたところ。
センサー位置を修正していると、固定していたPPバンドが切れた。不吉な!今日はサイコン無しで走ろう。

庄内緑地公園まで川沿いを走り、そこから北上しながら適当に西に向かうつもり。

しばらく走っていると、インド料理屋のモーニングカレーなるものの看板を発見したので、
朝食食べたばかりだが衝動的にお店に入る。
普通にコンチネンタルやアメリカンブレックファストもあったが、当然インド式のモーニングメニューをチョイス。
揚げたナンが美味しかった。
インディアンモーニング

途中から適当に西に向かったところ、予想外に北に進んでいて一宮インター近くに出た。
近くに壱番屋本社ビルが見えた。
壱番屋
壱番屋の自転車は全てフルーム仕様。
壱番屋フルーム仕様
揖斐川堤防から伊吹山が綺麗に見える。
地理的な為なのか時間的なためか、この辺りから向かい風が徐々に強くなってきた。
伊吹山1
今日の1番目の目的地、グルマンヴィタル 垂井本店”パンの森”で本日3度目?の朝食。
店内にはレジ待ちの行列が出来ていた。しかし奥の喫茶スペースは少な目だった。
せっかくなので少々寒いが、雰囲気の良い屋外で食べることにした。
パンでモーニング?
関ヶ原を越え不破関あたりからR21を外れ、旧中山道を通る。
車が全く来ないので静かでのんびりできる。
R21を何度か交差しながら柏原宿や醒ヶ井宿を走った。
旧中山道
美濃と近江の国境は、こんな小さな溝で形成されていたようだ。
この”寝物語の里”は、古くは源平の時代から逸話があり、常盤御前や静御前が登場する。
県境
滋賀県側の伊吹山。
待ってろよ!(いや、登らんけど。まあ何時かそのうち、気が向いたら)
伊吹山2
彦根に到着したのは1時過ぎ。
出るの遅かったとはいえ時間掛かりすぎ。去年は10時には到着していたけどな。
寄り道や走るペースが遅かったためかな?

今回2か所目の目的地が、キャッスルロードにある赤鬼うどん”ちゃかぽん”。
3種類のうどんがあり、井伊家の代表的当主3人をイメージしたうどんだそうな。
そのうち選択したのは当然”代目 直”うどん。実は漢字は違うが自分と同じ名前ですから。
近江牛をのせたうどんに、ちょっと甘めで熱々のカツオだしをかける食べ方。
無料の大盛りにしたが、美味しかったのですぐに完食です。
(写真、量が少なそうに見えるが、皿がすごくでっかいんです)
○代目 直○うどん
彦根城から琵琶湖に出て湖畔道路を走る。
琵琶湖
湖畔を走り始めてすぐに、本日3番目の目的地、”クラブハリエ ジュブリルタン”。
白亜の建物のパン工房です。
喫茶スペースやイベントスペースもあり、今日はハワイアンミュージックライブが開催されていた。
クラブハリエ ジュブリルタン

パン2
まだお腹いっぱいなので、TAKE OUTにしましたが、
走行の邪魔になるので、この後すぐに琵琶湖湖畔の東屋で完食しました。
この時既に2時を回っていた。頑張って走らねば。

旧中山道を走っていると、大きなギャップにきがつかず、バランス崩して頭から落車してしまった。
幸い肘を擦りむいただけだったが、ハンドルやシフターが曲がったり、手袋やウインドブレーカーが敗れてしまった。
朝の不吉な予感はこれかな?まあこの程度で済んで良かったというべきか?
この後も気を付けよう。

往路は追い風に救われて終始快調に走れ、行きの2/3の時間で済んだ。

岐阜羽島駅や東海道線の駅で輪行の誘惑と戦いながらも、最近輪行癖がつき始めたので我慢して
行けるところまで頑張って走ろう。
体力的にはまだ全然大丈夫なんだけど、なによりもナイトランが嫌なんです。

庄内川の橋の上で夕暮れとなったが、何とか真っ暗になる前には帰宅できました。
ずいぶん日が長くなったので助かった。
夕暮れ
本日の走行コースはこんなんでした。

今日は常に満腹状態で、ハンガーノックとは無縁だな。
不思議と小麦系ばっかりだけど、夕食に米でるのだろうか?

走行距離191km。獲得標高527mとちょっと少な目。
  1. 2014/02/23(日) 21:20:15|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2月16日 涙の伊良湖岬

一昨日の雪も雨で溶け、平野部では心配ないほど雪も氷もなく、彦根あたりにでも行こうかと考えていたが、
またまた応援要請で日曜日の休日出勤となった。
最近多いな~。ここ5週間で4回とは。
どれも1~3時間のワンポイント出勤だが、こう頻繁だと適わんな。

しかも当初1日のどこでもということで了解したのだが、結局18時以降の制約付き。
ということで、夕方には半田にいなければならない。
知多一も飽きたし、夕方までに戻ればいいのなら、今日は半田起点の三河湾1周がいいかな?

朝7時半過ぎの遅めに家を出発し、8時半に会社駐車場に到着。
直ぐに着替えて準備し、碧南方面を目指す。
途中チョット寄り道してミツカンの倉庫群脇を通る。
半田
お馴染み衣浦海底トンネルを地下11階(階段5段で1階分なので、そんなに深くは無いのだけれど)まで降り、
対岸の碧南市に渡る。
海底トンネル
R247からK41に入り、西尾、幸田、蒲郡、豊橋へと追い風に乗って走る。
ただあまりにも風が強く、風が舞っていたり、横風に振られてフラフラ揺れて危なっかしい。
道が狭いところは結構歩道走行で走らないと危険なほどだった。
横風が強いと自転車や体が斜めってる上に、すぐ横を車が通ると風が遮られて吸い込まれたり、弾かれたり
してよろめいて怖かった。

最も怖かったのが豊川橋上の歩道部分で、狭い上に欄干が微妙に低く、横風で9m下の川に落ちるんじゃないかと感じ、
自転車を牽いてずっと歩いて渡りました。
(この写真は歩道が広い部分で、狭さはこの比ではないデス。)
豊橋大橋
渥美半島に入ってからはずっと向かい風か横風に苦しめられた。
サイクリングロードに入れば、暴風林や段差に遮られて若干弱まっていたので、好んで走ったが
通行止めで遮られる箇所が多かった。
サイクリングロード1
風がなければ天気が良く、気温も低くなかったので気持ちいいいはずなのだが。
っと思いながらサイクリングロードを走ると、もうすぐ伊良湖岬に近づく。
サイクリングロード2
丘を登ると恋路ヶ浜と伊良湖岬が、また遠くには神島や伊勢の山々も見える。

師崎行きのフェリーは14時台だったと思ったが良く覚えておらず、スマホで調べるのも億劫で、
とにかく14時前には到着したいなと思っていた。もう20分も無いので、急いで走った。
恋路ヶ浜
道の駅(兼フェリー港)クリスタルポルトに13時50分に到着。
フェリーは未だ来ておらず、間に合った~。と思ったのもつかの間、
こんな看板が。
え~!嘘!
fフェリー欠航
切符売り場で話を聞くと、強風の為に今日は未だ出航できていないらしい。
快速船も同様に欠航し、このあとも全く未定とのこと。

ただし鳥羽方面にはこの後1便は出るらしい。
三河湾+伊勢湾1周しろってか?(号泣)

とりあえず腹ごしらえに”伊良湖ラーメン”なるものを食べたが、いたって普通の醤油ラーメンだな。
伊良湖ラーメン
あー師崎がすぐそこに見えているのに渡れないなんて。
どうしようも無い。
しぶしぶ諦めて渥美半島を戻ることにした。たぶん追い風で楽なはず。
行きは死に(42)号だったが、帰りは地獄(259)号で戻る。

しかし復路は追い風というより、終始横風って感じで、これまた走りにくかった。
内海とは思えないほど波が立った三河湾を見ながら東へ走る。

途中ママチャリで伊良湖方面を目指すツワモノがいた。
しっかりスポーティな恰好で挨拶されたが、最初ローディと思わなかったので挨拶しそびれた。
まさか同日伊良湖目指したチャップリンさんでは無かったですよね?
復路
ようやく田原に到着し、すぐに輪行準備して出発のベルが鳴る電車に飛び乗った。
今日は輪行袋要らんだろって思っていたが、先週から積んだままにしておいてホント良かった。
豊橋から向かい風の中、半田まで戻る気力も脚も時間も無いし。
豊橋鉄道輪行
豊橋鉄道って初めて乗ったが、電車内にはこんな案内が。
慌てて輪行袋に入れる必要無かったな。
もっとJRや名鉄でも広がれば良いのに。
サイクルトレイン
新豊橋駅からJRを乗り継いで半田に戻る頃には、すっかり日が落ちていた。
新豊橋駅
会社駐車場に到着し、アンダーやレーパンを着たまま制服を羽織って約1時間半仕事をし
夜勤の人に残りをお願いして、帰宅できたのは9時前でした。
今日も慌ただしい1日でした。

本日の走行ルートはこんなんでした。
走行距離125km。獲得標高483m。
  1. 2014/02/16(日) 22:58:38|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2月9日 残雪避けて浜一

2月8日は全国的に大雪。個人的にはジテ通出来ない休日出勤で半日潰れ、雪に耐えながらも靴ビチャビチャに
なったりしてフラストレーションが溜まる。

翌9日は残雪や路面凍結が心配されて、出撃宣言していなかったこともあって朝はゆっくり目。
でも天気は良く、ベランダからの景色は良い。
今日も御嶽山が朝焼けに照らされて良く見える。
御嶽山
金城の校舎(教会?)の向こうには伊吹山も見える。
伊吹山
これは家にじっとしていられないと思い、(恐る恐る)出撃宣言して準備を始めた。
ただ家の周りは未だ凍結しており、自走は無理っぽい。
トランポして雪の無い東方面を目指すことにして、愛車に自転車を積み込み、8時半頃出発。

高速を走らせると、岡崎を過ぎた辺りで民家の屋根に雪が見られなくなってきたので、豊川ICで東名を降りる。
地図を見ながら大き目な公園の駐車場に車を停めて、10時前には走り出すことができた。
道路には全く雪が降った形跡は無く、安心して走ることができた。
ただどうもここんところパンクづいているので、路面だけは注意しよう。
(実は先週変えたチューブもスローパンクしていて、土曜日に交換した。)

今まで自転車で愛知県と静岡県の県境は1号線しか通ったことが無い。
そこでそれ以外のルートで、往路、復路を別々の道で山越えすることにした。
先ずは宇利峠を目指すために新城方面に北上する。
新城まで来て、東進しようと曲がったところで、ふと背後を見ると、
本宮山と雲の無い真っ青な空が見える。今日は昨日の雪が嘘のように天気がいい。
風はメッチャ強いものの、そんなに寒くは無く、着込んだ服の中は結構汗ばんでいる。
新城から本宮山方面
道路標識では佐久間方面の案内があって、そちらまわりで天竜まで回り込むことが出来るような気がした。
しばらく迷ったものの、時間が既に遅いようでどうも無理っぽいかな。
諦めてそのまま東へ進む。

今日はローディと会うことが多く、自分と同じ雪を避けて東三河や浜名湖方面に集まったのだろうか。
1台のやや後ろに付くと、猛然と飛ばしてちぎられた。でもちょっと先でバイクを降りてストレッチしていたので、
どうも自分と同じく、登りで後ろにピッタリ付けられるのが嫌なタイプのようだ。
挨拶して抜き、自分も頑張って後ろを引き離す。

宇利トンネル前の高速道路から良く見る景色と交錯しながら山道を登ると、ほどなく宇利峠に到着。
意外に低くて楽な国越えだった。
別所街道 宇利峠
降りはじめるとすぐに猪鼻湖が見えてきた。
写真を撮っていると先ほど追い抜いた人が、今度は軽快に挨拶しながら下って行った。
このまま少し待ってから出発することにしよう。
猪鼻湖、三ヶ日
三ヶ日の町まで下りると、突然の通行止め。
どうやら”軽トラ朝市”なるものが開催されていた。
自転車を降りて見物し、饅頭や稲荷寿司、牛串など色々販売されていた。
中でも三ヶ日高校生による3種類のみかん入りワンプレート料理が200円台で安く売っていて、
長蛇の列。食べて行きたかったが時間がもったいないので諦めた。
トラック朝市
その中で、その場で食べやすそうな饅頭を購入した。
饅頭
三ヶ日から再度東進し、時計まわりに浜名湖を回ることにした。

細江に着くと以前から気になっていたステーキ、ハンバーグレストラン”さわやか”をスマホで場所を探す。
さわやかさを身上としている、言わば”Mr.さわやか”尾張旭代表(自称)の僕としては、ぜひ訪れなければ。

初来店した店内は結構混んでいて、御一人様でテーブルに案内されるのはちょっと申し訳ない。
早速げんこつハンバーグを注文した。
名古屋本拠のブロンコビリーのガンコハンバーグにイメージが重なるが、
丸と棒の形状の違い以上に、さわやかのほうがレア度が濃く、”肉~”って感じ。

また店員さんもさわやかだった。
色々話しかけてくれたり、”浜名湖1周頑張って下さい”と元気に送り出してくれて、
摂取カロリー以上に元気に”さわやかに”漕ぎ出せた。店の前だけは特に。
ハンバーグ
ただ元気さも、さわやかさも長続きしないので、自転車道をポタポタのんびり追い風に乗って進む。
自転車道
浜名湖って対岸が良く見えるので、意外に小さいなと思ってしまう。
浜名湖
弁天島からは今度は終始向かい風。こんなに風強かったっけ?と思うほど馬鹿みたいに
暴力的な風に翻弄されながら、半分涙目で進む。
時折橋の上では自転車がピタって止まったり、横にズルっとずれるように流される。
車に注意しながら、危険を感じたら時折歩道を多く利用して走った。

三ヶ日まで戻り、今度はR362の本坂峠を目指す。周囲はみかん畑が広がる中を、ゆっくり向かい風の中を登る。
姫街道
まだ時間に余裕があるので、トンネル近くから旧道へ逸れて、山道を更に登る。
遠くにバイクや車の音が聞こえるので、静寂の中というわけではないが、人と全くすれ違うこと無い。
旧道
意外にきつい坂に辟易したころに、ようやくトンネルが見えてきた。
照明は全く無いので、真っ暗闇に感じて平衡感覚が分からなくなる瞬間があったが、
幸い距離は短いので、すぐに出口に到着。
愛知県に戻ってきた。
本坂峠
下り坂でも相変わらず向かい風が強く、淡々と進んで豊川市街地に入る。線路を過ぎたら門前通りに入り、
お店を覗きながら豊川稲荷に到着。
そういえば昨日『おじさんぽ』で豊川やってたね。

稲荷弁当をお土産に購入し、駐車した公園まで戻ると16時半。

福山まちゃはると、あ,阿部礼司のラジオを聞きながら家路に着いた。
途中でお稲荷さんを少しつまみ食いしながら。
豊川稲荷
さわやかの店員さんに聞いたところでは、浜松では全く雪は降っていないとのこと。
やっぱり冬に困ったら、静岡方面だな。名古屋で雨や雪でも、浜松で降って無いことあるし。
ただ今回はもっと東に行きすぎると、更に雪すごかったようだけど。

今回の走行ルートはこんなんでした。
走行距離107km。獲得標高764m。
時間が短かったのであまり走れてないが、風に翻弄されて数値以上にグッタリ疲れました。

  1. 2014/02/11(火) 01:26:43|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2月8日 2014年参加イベント候補

今日は生憎朝からの雪。

気前よく休日出勤を了解したのだが、天気予報を全くチェックしておらず、
久々の自転車通勤(往復90km)でも・・・と画策していたが、当てが外れてしまった。

実質1~2時間程度の仕事のために往復4時間電車に揺られたくないな。
今回は特に自分の仕事でも、ましてや自分の部署の仕事でも無い応援要請だし。
朝からモチベーション低い。

でも了解してしまったからには雪でも行かねばならず、休日ならではの車出勤も止めて、
雪の中、電車通勤と徒歩で仕事してきた。


明日は残雪残るであろう愛知県で、どこに行こうか検討中。
いっそトランポで、今日は雨っぽかった浜松のほうでも行ってみようか。
少なくとも雪は無さそうだし。


そういえば、今週は鈴鹿にエントリーした関係で、会社の同じ部署の自転車好きメンバーが
今年のイベントについて気になり始めたようで、打ち合わせをしたい旨のメールが飛んでいた。
ちょい先ではあるが、2月19日(水)にいつものお好み屋で、飲み会兼打ち合わせを行う予定。

我が部署チームの企画係のような役割を担っている自分なので、
打ち合わせ当日までの事前調査として、候補選びを仰せ付かっている。

そこで主にレース以外のロングライド系について、参加できそうで、
かつ興味をそそられるイベントをピックアップしてみた。

実際には5月の鈴鹿エンデューロ前後週は避けたいところなので、
5つのイベントは元々無理かもしれない。
やっぱり5月は時期がいいので集中しているな。
イベント2014案
どれにしようか今から楽しみだ。

問題は登りが多いと却下となる可能性がある。
平地ロングの島1周系は淡路島と佐渡、しまなみでクリア済みだし、下北半島は遠いしな。
自然とグランフォンド系になるので、獲得標高は増えていく。
何とか騙して丸め込んで、エントリーにこぎつけたい。

・・・で、明日は晴れるのか?
  1. 2014/02/08(土) 21:58:40|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2月5日 鈴鹿8時間エンデューロ(春SP) エントリー完了

今日から申し込みの鈴鹿8時間エンデューロ春SPを、スポーツエントリーで
たった今申込み完~了。

今回も同じ職場のメンバー6人体制で参加します。
前回秋のメンバーの一部を、強力な若手2人に入れ替えてのリフレッシュ!
でも遅い人をどんどん入れ替えていくと・・・・次は自分かも!ヤバいな。

鈴鹿8時間は0時を待ち構える必要は無いが、パドックパーキングだけでも確保したいので、
念のため。これで場所取りや荷物の運び出しが、ちょっとは楽になるかな?

今回も前後泊でキャンプとなるのだろうか。
飲み過ぎと遅刻には気を付けないと。

目標は2桁台順位だ!
  1. 2014/02/05(水) 00:25:47|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2月1日 クロモリじゃないけど森の中へ

今日は予報どおり朝からしっかり雨降ってますね。
昨日ムリムリ自転車に乗らなかったら、ノーライドの週末になるところでした。

昨日土曜日は休日出勤の予定でしたが、木曜夜にとあるopen参加企画を発見。

休日出勤は正味1時間~2時間で、土曜日中のどこかですればいい仕事内容。
朝一で片づけるつもりだったのですが、春日井集合7時に間に合わす為に早出するには
3時家を出ると・・・無理だな。

ということで夕方までに終わらせることにして、時間が許す範囲で参加することにした。
参加したのはmatzさん企画【クロモリでモリの中】です。

朝、車に自転車と仕事用カバンを載せ、春日井の朝宮公園を目指す。
いつもは地下鉄や名鉄内でぐっすり寝ている時間だけど、まだまだ真っ暗だな。

薄っすら明るくなった6時45分頃に朝宮公園に到着した。
駐車場にはまだ誰もいない模様。自転車を組み、着替えを始めると
颯爽とayuさんが自走で登場!すぐに通勤前のmaaさん、トランポでgottuさんも到着。
Toyさん、rikiさん、みっちゃまさんご夫妻らも、さすがの自走で到着。
あとお見送りのなりゆきさん、初めまして。

みなさん計ったように時間ぴったりで集合!って、
あれ!matzさんがいない?
真打は集合時間7時ぎりぎりの登場でした。

すぐに今回の企画運営の主催者matzさんからのブリーフィングが始まった。
私は未だ準備が整っておらず、モソモソ靴を履きかえているうちに終わってしまった。
まあついて行くだけなので問題ない。
matzさん 朝礼中

今回自走の方がほとんどなので、すぐに出発開始。
アタフタと自転車に乗り込むが、忘れもん無いか心配になってきた。
ただ今回の必須アイテムの輪行袋だけは準備OK!

春日井市内の住宅街をクネクネ進むが、全くどこ走っているか分からない。
春日井住宅街

ほどなく内津川沿いに出ると、天気良く朝日が綺麗に見える。
風も無く気温ほど体感は寒くない。
朝日が昇る
堤防や河川敷を上へ下へと、更に右岸へ左岸へと複雑に走り抜けながら川沿いを遡上していく。
出勤途中のmaaさんはここで離脱。
内津川遡上
高蔵寺の高森台まで登ったところで小休憩。
コース確認し、門限のあるayuさんもここの先で離脱です。
離脱コース会議
内津神社で休憩した後、峠を登る。R19でない旧道は今回が初めて。
峠から多治見にはそのまま下りず、更に山の中へと進む。
何か所か曲がりながら、更に深い森の中へ。
内津峠の分岐
路面には落ち葉や小枝、砂利など油断ができない状態で慎重にダウンヒル。
森を抜けると多治見市民病院そばに出た。
(昔,同僚コミちゃんのガチョウ筋痛の連れ添いで来たことあったな)

多治見では土岐川沿いの堤防から修道院、永保寺脇を抜けて、再度土岐川と中央線沿いを走る。
バックショット2

そのコミチャンの昔住んでいたマンションや現住居の脇を抜ける。
この辺は20年前によく通勤や週末にウロウロした場所だが、
その頃の風景からはあまり変わっていないのがちょっと嬉しい。

丘を登り、新興の工業団地方面へと進む。
車が少なく道が良いので、周回トレーニングにはいいとの事だが、
先が見通せる淡々とした登りは精神的にもきつそう。
次月への昇坂
坂を登り切った先は、秋イベントでの集合場所”道の駅 志野織部”で休憩。
早速ここで恵那川上屋のシュークリームで補給も、あれ?購入自分だけ?
他の方々はこの先のスイーツまで我慢らしいので、脇でコソコソ食す。
道の駅志野織部
次月峠を下って鬼岩公園を越えてすぐにまた山へ入る。
旧中山道を交差し、えっちらおっちら登ったところで、看板登場。
お目当てのお店はもう少しのようだ。
ケーキ直前
未舗装の道路の先にあるCafe”ラ・プロヴァンス”に到着。
こんな山の中なのに、車が何台もある不思議。当然バイクラックはありませんよね。
駐輪場は無し
ここから最後の登りへ。
補給所への最後の登り
最初ミルフィーユ1個のつもりが、みっちゃま2個注文からほとんどの人が2個盛り注文。
私もサバランを追加しました。
サバランはラム酒がジュワ~というくらい浸みていて甘く美味しい。
ミルフィーユもクリームがとっても美味しい。
2個盛り
お店の庭からは御嵩の山々が見える。
青春時代に4年住んだ会社の寮はこのすぐ麓にあるはず。
美佐野方面
御嵩の町まで下り、旧”御嵩高速”と言っていた町道は立派なR21バイパスへと変わっていた。
花フェスタ記念公園を抜け、昼食は帝京高校下のこのパン屋さんらしい。
美味しくって人気店だそうだが、外観は結構シックで目立たないのに、次から次へと車が入ってくる。
昼過ぎとあって、既にパンはやや少なめであった。
更に我々の大漁購入で買い占めてしまったのでは無いか心配になる。
その後まだ来ているお客さんに申し訳ない。
可児のパン屋
お店前の駐車場では味気ないので、目の前の川沿いにある田んぼあぜ道でみんなで座って食べる。
まるでピクニックか遠足のよう。
まるでピクニック
時間は13時頃となり、そろそろタイムアップのようだ。
皆さんと泣く泣く別れて太多線姫駅に向かう。

駅の時刻表を見ると、後20分は来ない。多治見まで自走で行くかと走り出したら
再度皆さんに遭遇。
2回目の『お疲れ様~』っと交差するような形ですぐに分かれた十数秒後・・・

何と後輪からゴトゴト振動が。
またパンク?タイミング良いのか、悪いのか?

時間が無いのに。神様、試練与えるな~。
こんなブログネタ要らんっつうの。
慌てて自転車牽いて姫駅にUターンする。
皆さんに見られて無いかな?恰好悪くて顔見世できん。

無人駅のホームで、とりあえず電車に乗せられるように自転車前輪を外して固定し、一旦輪行袋を被せる。
再度ひっくり返して後輪を外し、チューブを抜いたところで電車が着てしまった。
もうすぐ電車が来る
しょうがないので、電車の中でチューブを装着して空気を入れる。
装着中、焦っている為なのか車内が暑い為か、汗がブワーと顔から垂れ、ボトボト床に落ちる。
恰好といい、やっている事といい、汗だらけの様相といい、さぞかし気味悪い乗客だったことだろうな。
装着完了@電車内
多治見駅では快速がすぐにやってきて、後輪を付ける暇が無く、
中央線の車内で自転車をひっくり返して取り付けた。
乗客が少なかったのが幸いだった。
電車内でパンク修理したことある人って、日本に何人いるんだろう?

春日井駅到着したが、どうもポンプ口から空気が漏れているようで、
ポンピングしてもエアー圧が十分上がらない。

朝宮公園まであと約4km。
前輪になるべく体重を乗せてのダンシングのみで、路面にも注意しながら無事?パンクせずに戻ることが出来ました。

その後16時に半田の会社に到着し、予定通り17時半の定時内で無事仕事を終えることができました。

この日は午前晴天も、午後自分だけ土砂降り、のち夕方曇りの自分天気結果でした。

昨日の走行コースはだいたいこんなんでした。特に春日井の市街地はどこ走ったか、全く分かりませんので、超~適当です。
走行距離74km。獲得標高1040m。

昨日は企画運営のmatzさん始め、おつきあい頂いた皆様ありがとうございました。
また機会がありましたら、ご一緒お願いします。
  1. 2014/02/02(日) 11:27:53|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (158)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR