日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

1月26日 トホホな1日

何かと上手くいかないことだらけの1日であった。

当初は浜名湖まで往復し、静岡ではお馴染みのハンバーグチェーン店に初めて行ってみたいなと計画していたが、
前日夜から生憎の雨。朝方まで降っていたようで、早朝外を見ると路面はべったり濡れている。
空には何時また降り出すか分からない雲が広がっているので、二度寝を決め込む。

7時に再び起床し外を見ても、いまいちすっきりしない天気で、平和公園へ練習に行こうか
(やっているか分からないが)
それとも他にどこかに行こうかと決めかね、ぐずぐずしているうちに8時半をまわっていた。
しょうがないのでとりあえず出走を家族に宣言し、家を出て何となく南に向かう。

走ったことのない道をなるべく選びながら、極力曲がらずに道なりに南下しながら進む。
明らかに東西に方向が変わったら南に曲がるのを繰り返すと、日進、三好を抜けて知立に入る。
大餡巻が食べたいなと思ったら藤田屋のある1号線の交差点に偶然出たので、本日最初の補給休憩を取った。
藤田屋の大餡巻
休憩中、これからどこに行こうかと思案する。
そういえば三ヶ根山や三河湾スカイラインって登ったこと無いなと思い、蒲郡方面を目指そうと更に南下した。

西尾市を走っているところで、目の前の車が信号の度に極端な幅寄せをして前に出られないようにしてくる。
腹が立って強引に追い越し、頑張って前走車に付いて車の流れに乗って走っていると、左腰の筋肉がピキッと傷んだ。
腰を捻ったり力を入れるとズキンと傷む。
ヒルクライムなどとても無理っぽい。
意気消沈し様子を見ながら走りつつ、とりあえず海まで行こうと”一色魚広場”を目指す。

一色魚広場
魚広場は予想以上に人がいっぱいいて、昼飯を食べるところは行列が長く待たされそう。
海鮮丼などを楽しみにしていたが、帰路どこかで食べるとして諦めて引き返すことにした。
(後で知ったが、一色でマラソン大会があったらしく、たぶんその人出でいつも以上に混んだのかも。
 途中の三好でも駅伝で通行止め直前だったが、春にかけてRunイベント増えてきますね。)
三河湾師崎方面
海が見えるところまで出ると、知多半島先端の師崎がすぐそこに見える。
意外と近いのだなと思いながら、一方で帰路の走行距離が億劫になってきた。
北に向かうと向かい風や横風が半端無く強くなってきたので、速度がちょっとも乗らない。

海鮮か寿司屋でも無いかなと思いながら進むが、そう思うとなかなか見当たらない。
腹減ってきたが、意地でも海鮮が食べたくなってきた。

ところが西尾から安城に入ったあたりで、後輪がゴトゴト振動し、空気が抜けているのに気が付く。
あーパンクだ。
でもチューブを外しても穴らしき場所が見当たらない???。バルブから漏れた?
予備のチューブに交換してポンプを押すも、今度は一向に圧が上がらない???
あれ?装着中に穴空けた?
しょうがないので再度外して点検しても原因箇所が特定できず。
新しいポンプだったので、いまいち機能に自信が無いこともあってポンプの不具合も疑いだす。
頼む!と思いながら、もう一本の予備に交換したら無事加圧できたので、何とか再度走り出すことが出来た。
しかし入れた空気圧が十分かイマイチ自信が無い。またパンクは嫌だな!
リーフさんが安城だったなと思い出し、ポンプを借りに立ち寄ることにした。

心はすっかり折れ、向かい風に翻弄されて体はクタクタ。
もう何でもいいやと思い、コンビニでのサンドイッチと肉まんで、強風の中で侘しい昼食となった。

リーフさんに到着し、空気圧を適正値まで入れる。
ついでに保険代わりにモンベルの輪行バックも購入してしまった。(すっかりDNFする気満々だ。)

店のすぐ前を通る豊田安城自転車道も初めてだったので、行けるところまで行こうと思ったが、
10km程走ったところでコースがさっぱり分からなくなった。
交差点のどっちに伸びているかわからず、適当に進んだが全然サイクリングロードっぽく無くなり、
方向を間違えたなとわかった。

夕日もずいぶん傾き、気力も体力も尽きて輪行決定!
愛知環状鉄道”末野原駅”から”瀬戸口”までワープし、すっかり日が暮れた瀬戸の町外れを走って家に到着した。
DNFで輪行

帰ってからも、あー腰が痛い!長引かないとは思うが、来週までには良くなって欲しい。

すっかり愚痴っぽい記事更新になってしまったな。すみません。

結果的に本日の走行ルートはこんなんでした。

走行距離108km。獲得標高はちょびっと。
1月合計は566kmで、今年の月間目標600kmには届かなかったな。
  1. 2014/01/28(火) 00:12:52|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

1月18日 休日出勤ついでの知多半

今日は午後から3時間程度の休日出勤だが、せっかく半田まで行くのだから
(毎日電車で行ってるけど、車でっていう意味で)
午前中だけでも知多を周って走ろうと思い、自転車を積み込んで出発した。

半田の新しいCafeでも開拓しようと目を付けていたお店に行ったら、まだ開店前。
結局今日も会社近くの”フーガス”でフレンチトーストのモーニングをしました。

会社駐車場に車を止めて、車内でモソモソと半裸になりながら着替える。
会社の人に見つかったらヤバいな。

今日のコースはこんなんでした。
走行距離66km。獲得標高チョッピリ。
半田からは知多1周というのもおこがましいので、知多半周ってことで。

9時から走り始め、武豊あたりからR247を外れてなるべく海岸の堤防沿いを走る。
国道からの景色がイマイチな半島北東側も、海が見えると気分が良くなる。
路面は荒れていて走りにくいが、のんびり走るぶんには申し分無い。
脇道から海へ

海岸沿いの堤防を走っていると、河和口で河童の花ちゃんの後ろ姿が見えてきた。
ここからは激坂”花ちゃん坂”が一望できる。
アスファルトからコンクリに変わったあたりから上が壁に見える。
花ちゃん坂

当然今日も花ちゃん坂にTry。今日はRDを1枚重くしてみた。
メッチャキッついものの何とかクリア。

何でも嵐の二宮君もこの坂を電動自転車で登ったらしい。
しかし家族に話しても、イマイチ乗りが悪い。
嵐には興味あっても坂には興味無いらしい。残念!

ちなみに私は嵐のファンクラブに入っています。(良く知らんけど、そうらしい。)
メンバーカードもあるし。(見たこと無いけど)
年賀状も来たし。(しかも家族4人分同じ内容で)
ということで、二宮君がクリアできるなら、嵐ファンの私も負けていられない。
これからは少しづつギアを重くしていってみよう。

河和を過ぎてからも海沿いに出ながら走る。工場裏や魚太郎の裏も走る、走る。
ただ何度も袋小路に入ったり、砂利道になったりで、ロスも多かった。
師崎近くでは海上に弘法大師の像があるとは知らなかった。だがここも袋小路になってUターン。
弘法さん

師崎漁協では朝市があり、観光客がいっぱいいた。
師崎漁協朝市
店舗前では何件も焼きたてのサバやタコ煮物などが試食できた。
美味しいですねと愛想ふりまきながら、ほぼ全店で試食させてもらった。
焼いた干物が特に美味しいですね。
試食
で、半島先端のいつもの羽豆岬に立ち寄って、すぐに出発。
目的の店の11時開店に合わせて急がねば!
羽豆岬
急ぎながらも、内海ではいつもの一期(いちご)堂で大福休憩。
幸せいちご大福と併せて、今日はモンブラン大福も一緒にGet。
内海では海水浴場が一望できるDog Cafeもチェックするため、ここでも海岸沿いを走る。
一期堂
野間への到着は11時をちょと過ぎていたが、目的のお店”納屋”は未だ誰もおらず、1人目だったみたい。
手間取りながら靴カバーや靴を脱いで靴箱に入れ、お店に上がる。
海が正面に見える堀こたつ形式のカウンターは既に予約済みで、隣のテーブル席に着いた。
でもここからも海が正面に綺麗に見える。
ただ駐車場も正面なので、もし駐車が多かったら景色台無しだな。
納屋
食事は釜飯付きのランチをチョイス。
釜飯はあなご、大あさり、サーモンなどがあったが、迷わずタコ窯飯を選択。
ランチ
たこ釜飯


腹ごしらえしたからには、急いで会社に戻らねば。
13時には到着しお仕事!お仕事!

仕事をチャッチャと片づけて、帰りは半田のCafeを開拓。
普段電車通勤なので、車で行った時しか開拓はなかなか出来ない。
そもそも夜遅くまでやってないしな。

今朝モーニングで狙っていたお店とは違うところで、半田口近くの入口屋へ。
味噌蔵を改修した建屋で、お茶やぜんざい、豚汁など和喫茶がメインだが、
ケーキもあって、栗のケーキとコーヒーでおやつにした。
落ち着いた雰囲気がGoodでした。
入口屋
今日も食べること中心で、ついでに自転車とお仕事って感じでした。
  1. 2014/01/18(土) 21:07:46|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月12日 朝練参加と参拝ポタ

昨年末にSHOROs忘走会の参加した時に知り合い、一緒に迷子になって迷走したGottuさんが参加する朝練に
ご一緒させてもらった。平和公園内2.5kmを10周するコースを、アウター封印でくるくる高ケイデンスで
ペダルを回す練習メニューだった。

8時集合だったので6時起床したが、のんびり過ぎていつ間にか時間が無くなっていた。更に探し物に手間取って
出発できたのは7時35分。残り25分で行けるかな?

矢田川堤防道路を飛ばし、平和公園に到着したのは3分前でギリセーフ!
挨拶もそこそこに、練習内容の説明が始まって走り始めた。

普段平地では重いギアをギーコギーコと低い回転数で回す走りが多く、登り坂でしかインナーLowに入れることは
先ず無い。高ケイデンスで回すと妙に力んですぐ疲れてしまう。腰も跳ねてしまい、スムーズなペダリングが
出来ていないようだ。数周しただけで既にへばってしまった。

確かにうちチームのエース君も高回転で回して登りに強いので、こんな走りが出来たほうが速いんだろうとは思うが
・・・できん!速くも無く、すぐにへばってしまう気がする。
今後しばらくは走り方で迷走しそうな予感がする。

ちょっと消化不良のまま練習終了!ん~出直してきます。
Gottuさん、またよろしくお願いします。
朝練終了

時間は未だ10時前だったし、風も無く天気も良い。
1日フリー切符を手にしているのでこのまま帰るのは惜しい!
ということで、とりあえず庄内川の川沿いを西に向かった。

黒川ふれあい橋で川を渡る際、何気に下を見ると放し飼いの・・・豚?
豚?
え!っと思い、よくよく見ても・・豚でした。豚の散歩って有り?
黒川ふれあい橋
この日の河川敷は、空手の(水中?)寒稽古やら、凧揚げ大会やら、牛のコスプレした女子高生らの集団?やらで、
大変賑やかな様相でした。

一応木曽三川公園を目的地に設定して西へ西へと走ると、津島神社の案内が。
来週息子がセンター試験なので、お参りに立ち寄った。
天神様じゃないけど。
津島神社

木曽川の堤防に出たら南へ走る。相変わらず風が無く穏やかな晴天だ。
木曽三川公園へ
木曽三川公園に到着し、久しぶりに多度大社に行こうと思いついた。
行くのは小学校以来だ。上げ馬神事の時期におじさんに連れて行ってもらった時以来なので、記憶もあいまいだが
あの坂を見たくなった。当然お参りも兼ねてね。
渋滞する脇をスイスイすり抜けながら神社に到着すると、屋台が立ち並ぶ。
屋台補給は定番の味噌串カツとどてにしました。
味噌串とどてで補給
階段を登ると、午年の為なのか、多度大社だからか白馬がいた。
馬
ここを馬と少年が駆け上るんだから、すごいよね!自転車じゃむりだね~。
上げ馬神事の坂
木曽三川公園に戻り、”みっちゃま”ブログで瀬割り堤を走ったことが書いてあったなと思い出す。
地図では知っていたが、走れるのかよくわからず、ダート道だったら困るので走ったことが無かったが、
問題ないのなら走ってみたい。
ということで、木曽川と長良川を隔てる細っそくて長い瀬割り堤を北上する。
瀬割り
この頃には北風が吹き始めて、逆風となり辛くなってきた。
へばったので、また補給の定番。本日2回目の味噌+ソース串かつとどてを食べに、お千代保さんに立ち寄った。
参拝客が多く、ここでも大渋滞が発生していたが、自転車なら関係なくスルスルと進む。
ここでは串カツを勝手に取ってソースや味噌鍋に付けて食べ、串の数で後清算するのだが、性善説にのっとった
システムだなーといつも思う。
お千代保さんで再補給
帰りは追い風乗って快調に帰ってこれたが、今日は何故か膝裏の筋肉が妙にだるくて疲れていた。
きっと朝練で慣れない筋肉を使った為だろう。鍛えれば走りが少しは変わるかなっと淡い期待をしている。

結果、本日の走行コースはこんなんでした。
走行距離129+(2.5×9)=152km。獲得標高はちょびっと。
  1. 2014/01/12(日) 22:19:54|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

1月5日 新春御美市に参加しました。大漁です。

正月連休最終日の1月5日、shigarakiyakiさん主催による
新春御美市に参加した。

集合13:30に合わせてShigaraki亭に向かう。
最初は自転車で自走・・・と思ったが、大きな品物もあるらしい。
なんでもリュックでは入らない可能性があるようなので、地下鉄で行くことにした。
リュックの中には大きめのカバンを、小さく折りたたんで入れて・・・もしもの為に。
あまり欲張ってはいけないのでね。あくまで非常時の為ですよ。

駅の階段を登っっていると、”Naoさん?”と声をかけられた?
ジャージ姿で無いので、正直一瞬誰だか分らなかったが、参加表明していたrikiさんが
何故か正面から階段を降りてくる。
あれ?もう帰るの?
なんでもこれから仕事らしい。残念です!お宝は心配せず、私に任せて下さい。

shigaraki亭に到着すると、既にmatzさん、ひろ@bikeさん、Libさん、みちさん、みっちゃま夫妻が
既に到着済みだった。庭先でブルべ終了後のバイクが洗浄済みで、見事に物干し竿に掛けてあった。
そのシクロクロスバイクを肴に話が弾んでいるようだ。

外はとても寒いので邸宅の中へ。
シクロクロスの話、ブルべの話、トレーニングの話などシクロクロスのレースを見ながら話が多岐に渡る。

ほどなくしてメインイベントの御美市が開催された。
現スタイル決定前の迷走の結果によるDead Stockと言っていたが、”どう見ても新品でしょ”という物や、
かなり高価な物から、何の部品かよく分からない物(単に知識が無いだけだが)までいっぱいあった。

他のみなさんも、”え?いいの?”という雰囲気で戸惑っている様子。

静か~にけん制しながら、色々手にとっては物色し、徐々に(恐る恐る?)それぞれ欲しい物を確保していく。

私が頂戴致しましたお宝は、こんな豪華な物ばかり。
DSC05322.jpg
①ミノウラ 車載用ベースVERGO Excelホイールホルダー付き
②ミノウラ ボトルケージホルダー(サドルレール用)ツインタイプ
③Topeak サドルバック プロパックS
④KLIckfix フロントアタッチメント KF810
⑤  〃   エクステンションアダプター KF828
⑥Avedio  ソフトシェルツールボックス
⑦チューブ 2本 

大漁です。どれも未使用か新品同様で綺麗なものばかり。

特にソフトシェルのツールボックスと、ボトルケージホルダーはまさに買おうとしていた物そのもの。
車載用ベースは高いので勿体なく、買う気も起きていなかった物をGetできました。
チューブについても、今はパッチあてした修理品を使用していたので、実用面でホントにうれしー。

他にも各種パーツ類では、自分で必要な物なのか?、自分の自転車に付けられる物か?、
そして自分で付けられる物か?というのがわからない物ばかりで、手を出せなかったものもいっぱいありました。
隠れたお宝もあったに違いないが、今の自分には過ぎたものとして諦めるしかないですね。

Shigarakiyakiさんにとって、きっと本当は全く要らない物ばかりでは無いはずだろうけど、
多くを倉庫で眠らせるよりは上手く循環することで、パーツにも仲間にも喜ばれるだろうという
慈愛精神を感じさせられました。

自分にとってもバック類や、(走りには全く関係無いが、自転車に付けようとしていた)スピーカー類で
迷走して、使わなくなった部品が多少はある。
機会があれば欲しい人にもらわれて上手く循環してくれたらと思う。

shigarakiyakiさん。ほんと!色々頂きましてありがとうございました。
倉庫で眠らせることなく有効活用させて頂きます。
  1. 2014/01/08(水) 01:08:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

1月4日 パールロードと志摩岬めぐり

今年の初乗りは雨に祟られて、先日はイマイチ消化不良だったので、冬休み中にもう1回走ることにした。

休み中ということもあって少々時間の融通もきくので、トランポしてリゾート地ライド(日帰りだけど)で
モチベーションを上げるような景色の中を、のんびり楽しみながら走りたいと思った。

ということで、企画したのはこんなんでした。
走行距離138km。獲得標高1660m。

5時半に家を出て、7時過ぎに伊勢ジャスコに到着。簡単な朝食を食べてから、駐車場の隅っこに車を止めて
コソコソ準備をする。
駐車場東端部は木や雑草で区切られていて、こっそり置くには目立たず丁度良い。
既に何台か停めてあるが従業員さんだろうか。
(申し訳ないので、帰る前にはお土産やコーヒーを買っておこう)

風も無く比較的暖かな朝であった。ウインドブレーカーはリュックの中に入れ8時頃に走り出す。
東に向かいすぐに五十鈴川堤防に出たので北に方向転換して二見ヶ浦を目指す。
五十鈴川の向こうの朝熊ヶ岳の上に既に日が昇っている。
穏やかな晴天で気分がいい。
五十鈴川
R42と合流してすぐに二見浦に到着。二見輿玉神社に参拝し、息子の合格お守りを購入してから
夫婦岩を見たらすぐに出発する。
夫婦岩
鳥羽を過ぎてからコンビニ休憩し、今日の補給食類を準備する。
ここ安楽島には以前は会社の保養所があって何度も家族で利用したが、その後保養所が廃止されて研修所に改修されると
何かとつらい思い出(徹夜して課題をこなすようなの)が増えていったので、これからは徐々に自転車で
楽しい思い出に塗り替えていこう。
R167を離れ直進して道なりに進み、以前は有料道路だったパールロード(128号鳥羽阿児線)に入る。
麻生の浦大橋
パールロードをえっちらおっちら登るとすぐに牡蠣食べ放題のノボリが立った案内が目につく。
開店前の店を何軒か過ぎた何件目かに、開店済みの焼き牡蠣小屋を発見。
牡蠣入り味噌汁や牡蠣ごはん、生ガキなどもあったが、焼き牡蠣を4杯(一杯100円)注文した。
焼きあがったら1個おまけに付いてきたので、他のお客さんを見てると同様に増し増ししてるみたい。
注文間違いでは無かったようだ。
焼き牡蠣はそのまま食べたり、ポン酢・レモン果汁をつけて食べたりした。
焼きたてというのもあるが、名産の浦村牡蠣だけあって、とっても美味し~い。
焼き牡蠣
アップダウンを繰り返しながら、長い登りを登ると鳥羽展望台が見えてきた。

その坂の途中で最近有名なホテル”the earth”の案内看板が見えたが、一度は泊まってみたいものだ。
パールロード1
昨年は伊勢エビ入りハンバーガー”鳥羽―ガー”を食したが、今回はトイレ休憩のみで
展望台からの景色を眺めたらすぐに出発する。
志摩展望台
展望台から走り出してしばらくは、眼下にリアス式海岸が広がる景色が続く。
途中何か所もある展望台ごとに停まり、景色を見ては進むのを繰り返しながら走るので、なかなか進まない。
パールロード1
そのうち遠くに安乗岬や大王岬が見えてきた。
最初は英虞半島先端の御座白浜まで行くつもりだったが、1年前の年末に走ったときは行けなかった
安乗灯台や、ともやま公園に先に寄ることにした。
安乗、大王岬遠景
パールロード終点近くから、標識に従い道を東に逸れて安乗岬を目指す。
左右に海を見ながら岬先端に到着すると、芝生広場になっており意外と多くの子供たちが遊んでいた。
灯台には入らずに写真を撮っただけで、少し休憩して次は大王岬を目指す。
安乗岬、灯台
途中自転車道路の案内看板を発見した。
そういえばパールロードの途中でそんな道と交差するのが見えたな。
この磯部大王自転車道を通れば近道だったようだった
この自転車道は、ここから大王岬まで続いているようなので、自転車道に沿ってしばらく走る。
磯部大王自転車道
自転車道は海岸沿いに出て国府白浜の海水浴場に出た。
海は冬なのに綺麗な緑の海と長く延びる白浜が見渡せた。
(写真で見るより遥かに済んだ緑色の海で、とても綺麗でした。)
国府白浜
こんな誰もこない静かな自転車道を快適に走る。
風もなくポカポカ日差しが温かく感じる。
自転車道
自転車道が大きく西へカーブしていた所から、自転車道から逸れて民家の中を近道し、やがて大王町に到着。
おお!大王灯台が見えて・・・来ません。明らかに違いますね。
大王灯台
お店や駐車場の先の、御世辞にも流行っているとは言えない細いお土産屋さん通りの道を登ると、
正真正銘の大王灯台が見えてきた。
補給食を食べながら休憩していると、家族連れに記念撮影を依頼される。
先ほどの展望台でも何人かに写真依頼されたが、ポケ~と座っていると頼みやすい雰囲気が出てるのだろうか?
まあ1人でこんな所までぶらり自転車に乗ってるんだから、きっと暇な人間に見えるんだろうな。
大王岬
大王岬も灯台に入らず、R260を交差する形でともやま公園を目指す。登茂山という地名や、
以前見たことある英虞湾を一望する風景から、どんだけ登るのかと警戒していたんだけど、
何故か逆に少し下り続ける。
展望台もそれほど高いところにあるわけではないようだ。
後で確認すると標高48mで緩やかな丘陵地といったところかな。
ともやま園地展望台
R260の国道はバイパス道なので道路が広く走りやすいのだが、店などが少なく時として退屈になる。
同じ道を往復するのもつまらないので、深谷大橋からR260を離れて民家の続く市道にそれる。
失礼ながら国道を離れると意外にも町並みやお店が続き”町”であるのを知った。

志摩町の中心あたりに到着したが、ここまでの走行距離95km。
時刻は13時半と折り返しを予定していた13時を既に越えていた。
先端の御座岬を行くのをどうしようかと思ったが、諦めてここで折り返すことにした。
ここから岬までは片道5km程度だが、1年前に誰もいない寂しーい御座白浜に既に行ったことだし、今日はいいかな。
折り返してR260に出る途中で志摩パールブリッジが見える湾に出た。
志摩パールブリッジ
帰りはR260からR167に出てから伊勢道路で走るのだが、こちらのほうが鳥羽周りよりはずいぶん近道である。
・・・山越えになるけど。
道の駅での休憩をはさみながら、200mにも満たない志摩路トンネルまでの山道を登る。
道幅が狭く、交通量も多いので出来れば避けたいが、ここを下ると内宮のすぐ近くまで戻ってこられるのはありがたい。
志摩路トンネル
おかげ横丁入り口からは、奥のお店の方に多くの観光客が見える。とても赤福まで行く気にならなかったので、
家族からの土産リクエストである赤福はどこかで買うことにしよう。
おかげ横丁入り口
ここからジャスコまでは目と鼻の距離なので、すぐに駐車場に到着。16時前には帰ってこられた。
御座岬まで余裕で行けたな~と少し後悔するが、暗くなってから走るのは嫌なのでしょうがないかな。

高速道路は帰省と観光帰りの渋滞が間違いないので、下道で四日市までのんびり走り
(それでもあちこち渋滞に巻き込まれながら)、湾岸と名二環で家に着く。

こんな混むとわかりきっている時期、地域に行くもんじゃないなと思いながらも、
楽しかったからまあいいか!
  1. 2014/01/04(土) 23:54:44|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

1月2日 琵琶一DNSで京都ポタ

初乗り走り初めは琵琶湖一周にしようと、早朝から長浜豊公園に向かう。
1時間チョイで7時過ぎには到着も、雲ゆきが怪しく真っ黒な雲が頭上を流れていく。
天気予報では昼頃だけ雨なので、それまで北側を周ってしまおうとの計画だったはずだが。

雨具を装備し出発準備をしたころに雨が降り出してきた。
長浜豊公園

雨は未だポツポツだったので北に向かって出発したものの、次第に雨脚は強く、風も半端無く強くなっていく。
2~3kmほど走ったところで断念。折り返して豊公園に向かう。

到着早々、車に自転車を押し込む。
本日の走行距離5kmで終~了!ではちょいと悲しい。
どうしようかしばらく思案する。

予報を見ると、南のほう程天気がいいようなので、道の駅草津を目指してから考えることにして
車で湖岸沿いに南に向かう。

草津到着時には未だ厚い雲はあるものの、雨は降っていない。

琵琶湖南湖周辺では同じ道を走らざる得ず、南湖周回だけでは面白くないので、
京都を目指すことにするが、きっと人がいっぱいいるんだろうな。

そういえばブルべで大原を通っていたのを思い出し、”途中越え”を通ってみることにした。
また”京都八幡木津自転車道線”を走るという目的も追加。さすがに木津までは行っとれんが。

我が家の受験生の為に北野天満宮にも行こうと思ったが、昨日名古屋上野天満宮の人の多さに辟易したので却下。
息子よ、すまんね!神頼みは期待せず、実力で頑張ってくれ。

結果道に迷いながら適当に走ったルートはこんなんでした。走行距離103km。獲得標高716m。

琵琶湖大橋を渡り、北側を見ると、雨雲らしき真っ黒な雲が流れてきて、直ぐに雨が降ってきた。
小雨だが気温5℃では寒さが身に染みる。上半身は雨具で大丈夫だったが、頭と下半身が濡れていく。
琵琶湖大橋
R477を避けて和邇から登り始める。斜度ゆるめだが淡々と登り、程なく途中トンネルを超えるが登りがまだ続く。
途中越えでもまだ雨は降り続いていた。
途中峠
大原を越えた頃には雨が止んでいたが、下りの向かい風で更に冷える。
コンビニで温かいコーヒーを飲んで一服した後、嵐山へ向かって西へ西へと進む。

でも土地勘無いので、適当に走ると何度も何度も住宅街に入り込んでしまう。
更に道幅狭いのに、路駐や人の往来も多いので京都って走りにく~。

ただ流石観光地!洒落たお店や伝統的なお店が多いな。

そんなこんなで何とか嵐山に到着した。
ここも観光地だけあって人がむちゃくちゃ多い。

渡月橋を渡っったら、直ぐにサイクリングロードを目指す。
渡月橋
サイクリングロードを走り始めてすぐに堤防道路から河川敷に降りるようにコース誘導される。
しばらく広大な畑の中を走る。
サイクリングロード1
橋を渡って対岸へとコースが変わる。
サイクリングロード2
堤防道路を上がったり下がったり、合流する川へ移動したりと、変化が富んで飽きないコースだけど、
カーブが多く、ジョガーや散歩する人も多くてスピード出し難いな。
ここは土手上のほうが走りやすいので、誰もサイクリングコースを走っとらん。
サイクリングロード3
高速道路は帰省ラッシュか観光地混みか知らないが、渋滞して車が動いていない。
帰りは混むかな?
サイクリングロード4
どんどん南下して戻るのに大変になりそうだったので、途中から東に逸れて伏見方面を目指す。
住宅地の丘を、えっちらおっちら越えたら六地蔵に出て、王将で遅めの昼食。追悼餃子を食べる。
山科から1号線を通って大津に戻り、琵琶湖湖畔から湖岸道路を走る。
瀬田川
距離の割に意外と時間が掛ったので、もうすぐ日が暮れようとする時間になってしまった。
琵琶湖夕日
スタートした道の駅草津近くにある目印の風車が遠くから見えるので、それを目印に
最後はダッシュで1人スプリントして到着。本日のポタリングも脚も終~了。
道の駅草津
あまり前情報も無い所を、適当にポタポタ走るのも楽しいね。
地図をなるべく見ないようにして、意図的に(確信的に)迷っているんだが、
ここへ出たかという驚きやスリルが面白い。
雨は勘弁してほしいけど。

自転車も服も砂でじゃりじゃりになったので、後でしっかり掃除しなくては。

正月休み中にもう一回くらい何処かに行きたいな。
伊勢パールロードで牡蠣三昧ってのもいいな~。
  1. 2014/01/03(金) 11:28:36|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

1月1日 元旦

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
まモル
ネズミ年ではありませんが。
我が家の一員モルモットのまモル君です。
  1. 2014/01/01(水) 09:43:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (149)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR