日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

10月29日 鈴鹿エンデューロ作戦会議

6日後に控えた”鈴鹿8時間エンデューロ”に向けて作戦会議の為、半田市内いきつけのお好み焼き屋に
参加メンバーの選手6名と総監督、飛び入り応援団の計8名が参集した。

周回何周で交代するかとか、どの順番で走るかとか、目標ラップTimeや順位についてとかの相談ではもちろん
ありません。決して。


実はレース当日前後泊で鈴鹿サーキットキャンプ場にキャンプ泊をすることになったので、
誰がどのキャンプ道具を持ち寄るか?と、食事は何を作るか?とか、実家が鈴鹿のメンバーに2サイト並びで
確保する旨の先発隊指令など、キャンプに向けての作戦会議である。

あくまでも真の目的は”楽しい宴会”・・・じゃなかったレースの”前乗り臨戦準備と反省会”に向けて、
バカ話 作戦会議は大いに盛り上がった。

最早、本当の敵は前夜の飲み過ぎと夜更かしによる体調管理不足だけと言っても過言ではない。

やばいなー。いつぞやのキャンプ&強化練習イベントで二日酔いダウンしたことが脳裏によぎってしまう。
立派な大人として節制できればいいのだが、既にみんなお祭り騒ぎである。
寝坊で受付に遅刻したら目も当てられないし。

天気は前日の日曜が微妙か?
テント設営しなければいけないので何とかもって欲しいが、まあ今から心配しても始まらない。

いずれにしてもとっても楽しみだ。

1111.png
  1. 2013/10/30(水) 00:56:40|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月27日 三国山となんとなく岩村へ

 昨晩から避難所体験訓練で炊き出しや小学校泊まり込みを行い、朝7時頃には帰宅。朝食や新聞など見て
8時半頃に遅めの出撃となった。特に無目的にとりあえずR363方面に走り出す。
その結果今日のルートはこんなんでした。
今日のルート
走行距離136km。獲得標高1815m。

矢田川沿いの堤防道路を走り出して気が付いたのだが、雲ひとつ無い快晴だ。気分がいい。
矢田川堤防
今日はちょっ迷った末の冬の服装を選択。丁度寒くも暑くもなくいい気候だ。

R363を走行中に雨沢TTを開始したが、急に思い立って中止。上品野バス停から右にそれる。
いつもの表三国や、裏三国(どのルートをそう称しているかは不明だが?)とは違った道で三国山を
登坂し始めた。緩い山道を想像していたが、予想に反して10%程度の坂が続き息が上がる。
三国山登坂中1

すれ違うのはあちこちで道路脇の草刈りをしているおじさんらが運転する軽トラックのみ。
車が少ないのが助かる。空はどこまでも澄んでいて快晴が続く。
三国山登坂中2

途中2か所くらい分かれ道でどっちに行こうか迷い、また結構長い下り道もあり、いったい自分は
どこに向かっているか不安になるが、遠くから鉄塔が見えたので取りあえず道は間違ってなかったようだ。

三国山山頂の展望台からの景色を楽しみに登ったものの、生憎展望台は工事中で登れず。
そういえば誰かのブログに書いてあったっけ。
残念だが早々に引き揚げることにした。
展望台は工事中

いつもお地蔵さん通りは少々不気味だが、リラックマの帽子(靴下?)を被ったお地蔵さんに和む。
お地蔵様

狛犬まで来たところで売店があるのに気がついた。
いつもはもっと早い時間に通るので、営業時間より前だったから気が付かなかったのだろうか?
ここでは五平餅と鴨肉串を頂いた。
狛犬前

道の駅”おばあちゃん市 山岡”でお腹がすいたので昼食を取る。季節限定の栗おこわ定食にした。
道の駅山岡で栗おこわ定食

岩村まで走ると恒例のかんから餅と・・・
かんから餅

食後のコーヒーに岩村茶寮で一服する。
風が強くなり始め、幸せの黄色いハンカチが風に強くはためいていた。
この時点で気が付けば空には雲が出始め、恵那山山頂にも雲がかかり見えなかった。
岩村茶寮から恵那山

阿木でR363をそれる。直進した先の根の上高原は前回しんどかったので当分登りたくはない。
阿木駅近辺においしいパン屋があるという記事を見た記憶があったが、詳細位置を覚えておらず
結局見つからなかった。
今回初めて阿木川ダム沿いを走った。車が多そうなR257側ではなく東側を通ると、予想したとおり
のんびり走ることが出来た。
ただ次回は反対側のR257から、なかなか行くことが出来ない東濃牧場に行ってみようと思う。
登りはしんどそうだが。
阿木川湖

恵那駅を過ぎ、元競輪選手がマスターをしているという”高見茶寮”に行こうか、それとも以前から
気になっている”銀の森”に行ってみようか、八百津ルートで帰ろうか?など迷いながら恵那ICまで来たら
背後に恵那山が綺麗に見えた。
気が付けば2時を過ぎようとしていた。綺麗な景色を見ることができたので、今日はこれで良しとしよう!
日暮れも早くなってきており、帰りが心配になったので諦めていつものR19で引き返すことにした。
恵那ICからの恵那山

途中せめて美味しいケーキでもと思い、恵那川上屋(瑞浪店)で栗山(モンブラン)を食べる。
店内は名産の栗のシーズンだからかお客さんがたくさんいた。
自転車なのでお土産は勘弁してもらおう。(いつものことか。)
それでも毎週のように出かけられることに感謝!

(この後で家に帰ると、東京に野田秀樹の観劇に行っていた母娘の手にはモンブランのホールケーキがあった。
娘の誕生日が近いのだが、良かったダブらなくて。
とはいえ今日は栗三昧な1日だな。・・・好物だからいいけど。)
恵那川上屋の栗山+コーヒー

この後多治見、春日井を頑張って走るが、志段味でとうとう日が暮れる。
あと7kmほどなので何とか暗くなる前に帰れそうだ。
志段味で日没

今日は三国山に登った影響からか、または途中から向かい風が強くて往路では脚が回らなかったが、
R19からの復路は追い風に助けられて順調に走ることができた。

今はサイクリングには丁度良いシーズンだな。

ここんとこあまり走り込めてなかった印象があり、短時間でも全力で回すとすぐにへばってしまう。
来週の鈴鹿エンデューロは大丈夫なのか?
  1. 2013/10/28(月) 00:32:29|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月26日 避難所体験訓練で小学校泊まり込み

この愛知県では、台風の影響は心配したほどのことは無さそうだ。

土曜の休日出勤要請もお偉いさんから”やめとけ”のひと言で中止になったが、
”やっぱり出てくれ”とはならなくてホッとしている。

明日(もう日付が変わって今晩か!)は小学校の体育館に泊まり込み、避難所体験訓練だ。
こちらは中止になろそうも無い。
せっかくカミさんと娘が東京に遊びに行くので、高校生の息子はほっといて自転車三昧できる環境だったのに。

地震発生(想定)から5分間の間に、避難所で必要と思う物を何か考えて持ち寄ることになるが、
(あ!これはそれまで見てはいけない封筒の指令に書いてあることなので、未だ知らないことになっているが)
何を持っていこうか?
寝袋、懐中電灯、ラジオか小型テレビ、水とコップ、シングルバーナー、カイロ、着替え+上着などですかね?

講習会も何時間かしっかり組み込まれているし、明日は熟睡できるかしら?
楽しみは炊き出しくらいか。

日曜日は晴れそうなので、9時過ぎからの出発となり時間は限られるが、自転車でどこ行こうか、
体育館でゆっくり思案しよう。
  1. 2013/10/26(土) 00:33:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月20日 ぐる輪サイクリングはDNS

 前日は早く寝て朝3時に起床。それまで何度も目が覚めてしまったが、小学校の遠足前状態でなかなか寝られず。
気が付くと目覚ましが鳴り、ウトウトしていて少し寝ていたことに気が付いた。
外を見ると期待に反しザーザー本降りの雨に、思わずため息が出た。

取りあえず出発準備を済ませ、現地までは行ってみることにした。
ほぼ同じ頃、仲間からのメールや電話で「どうする?」の問い合わせに、若干期待を込めた返事で出発を促す。

豊橋に着く頃には若干小降りとなったきたが、まだ走り出すような気分にならなかった。

そういえば蒲郡を過ぎたあたりで三河湾チャリティー100km歩け歩け大会とすれ違った。
真夜中の雨の中の行軍に心の中で応援しつつも、反面皆フラフラな状態であり、”物好きやなー”とも思った。
もしかしたら数時間後に、雨の中サイクリングするかもしれない自分を棚に上げて・・・。

夜が明けようとしている5時半頃には第2駐車場に到着したものの、車は未だ4~5台のみで、
全員が車の中で待機しているようだった。きっと皆迷っているのだろうか?

1時間ほどボーっとしていると駐車場も埋まりつつあり、仲間の1台もようやく到着。
最近購入したばかりのキャンピングカーを見学しながらも、皆まだ迷っている模様。

実は今日は地域の運動会があり、昨日はその準備をしてきており、今日の運営(進行係)は妻に任せての
参加であったが、メールにて雨天中止の連絡と併せて後片づけの要請が来た。
もともと撤収作業までには帰宅するつもりだったので、皆にあっさりDNS宣言し11時までに帰って
撤収作業をすることにした。

どうせなら参加賞だけでも貰っとこうと受付だけ済ました。第1駐車場に車を回してから受付に向かう。
駐車場や受付前には、雨の中にも係らずやる気満々の方々ばかりで、それを見ていると気持ちが揺らぐが、
”騙されてはいけない。この人達は変態なんだ!”と心に言い聞かせる。
まだ出走に迷っているメンバー4人の内の1名を後目に会場を後にした。
スタート前

結局この1名(A君)は参加したようで、メールでやりとりしたら3着だったとのこと。(順位は無いはずだが?)
このA君は、のんびり島1周する”淡路島ロングライド150”イベントでガムシャラに走ってTop着するとか、
真夏炎天下なのに雨沢峠を焚き付けたら、初計測で19分チョットで登ってしまうような、剛脚なんだけど
チョット”あれ”な変態な人なので、こういうマゾヒスティックな状況でこの結果は十分予測してました。
逆境な環境ほど変態度が増すようなので、今度の鈴鹿エンデューロにはぜひ周回数チョイ盛りで追い込んで
楽しませてもらいたい。

家に帰って参加賞(参加してないけど?)を見ると、スポーツ飲料とマフラータオル、観光案内が入っていた。
参加賞

来年のぐる輪こそは参加したいと思いながら、気分はすでに再来週の鈴鹿エンデューロへ向かっている。
前後泊でキャンプすることにしたので、どうもそっちがメインになりそうな気がしているが、
いつぞやのキャンプ遠征で、2日酔いして出走できなかったことの二の舞だけは避けたいと思う。

来週末は防災訓練があり、小学校の体育館に泊まり込みなので、いつ、どこへ走り出そうかを
今から思案している。
  1. 2013/10/20(日) 23:54:23|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月19日 タイヤ交換

 明日はぐる輪サイクリングだが、どうも雨予想だ。

距離も短いし小雨程度なら平気だが、イマイチ気分が盛り上がらなくなってきた。


先週サイドカットが原因と思われるパンクもあり、今日後輪を買っておいたタイヤに交換しておいた。

真新しいタイヤは滑りやすいというが、雨だとなさら心配になってくる。


地域の運動会も明日あり、今日その準備に参加していたが、そちらも心配だ。

明日の運営参加(進行係)は妻にお願いしておいたが、片づけまでには戻っていたほうが良さそう。

14:30運動会の終了予定も、結局は雨次第で短縮される可能性があるし、ちょっと時間が読みづらい。

一応9:00頃スタートするとして、12:30までにはゴールできるように頑張って走ってこようと思う。

明日は雨が本降りとならないで欲しい。
  1. 2013/10/19(土) 19:19:02|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月14日 無目的ポタとパンク魔 可児、犬山

昨日のお祭りで出た段ボールや発泡スチロール、空き缶、プラごみをリサイクルセンターに持ち込むために、

今日は早朝から出かけることが出来なかった。

9時の開門に合わせて持ち込んで、急いで自転車に乗り出発した。

とは言っても、今日の目的地は特に決まっていない。あまり通ったことのない道を選びながらのポタとした。

走行ルートは(結果的に)こんなんでした。走行距離93km。獲得標高1004m
尾張ポタ


走りだして早々の森林公園前の交差点で突然”パーン”という音でパンク発生!

前回のは2月にパールロードを走って以来だから半年ぶりだ。

交差点脇で交換したが、特に何かを踏んだ形跡は無し。バルブのねじが1回緩んで外れていた為に

超スローパンクし続けていたチューブだったので、この時は特に気にも留めていなかった。

パンク1回目 森林公園

瀬戸のゆるやかな山の中を走るとR248に出た。その後多治見市街を走っていると再び後輪がパンク。
パンク2回目 多治見IC

よくよくタイヤを見ていると側面にサイドカットで出来た小さな穴が出来ており、チューブを入れて膨らますと

ポッコリ膨らんでいる。先週落車した際に出来た傷みたいだ。

タイヤパッチ片も今回持ってきていないし、騙し騙し走ることにした。

パンクしたのはパッチ当て修理の練習をしたチューブだったのでダメージはあまり無いものの、残りは新品2本。

これ以上のパンクは勘弁して欲しい。

でも先週の日本海ライドの為にチューブ多めに準備していたのが幸いした。普段は予備1本しか持たないことが多い。

行ったことの無いどこか山間部でも行きたいな・・・と途中から考えていただけに、坂での酷使は無理そうだ。

人気のない山奥も心配になってくる。


ということで路面がよさそうな道を選択しながら多治見から可児、犬山を回る。

それでもできるだけ知らない道を選びながら走ると、突然リトルワールドの前に出た。

その先はのどかな田園風景が広がる。
犬山

途中入鹿池で小休憩。
入鹿池

ここからは概ね知った道ばかりなので、タイヤを買いに小牧のカミハギと遊をまわって帰宅した。

来週のぐる輪までにはタイヤ交換しよう。


今回は時間的にも負荷的にも中途半端となったが、のんびりと走れたのでまあ良しとしよう。
  1. 2013/10/14(月) 22:28:24|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月13日 お祭り

昨日は地区のお祭りで1日中動き回った一日であった。

町内会にとっては年最大のイベントで、準備の為に事前に臨時役員会を開いて担当分けしたりした。

前日から集会所で祭壇、お神輿、獅子舞、テーブル類を準備し、全戸配布する紅白饅頭を配ったりした。

当日朝からテントやブルーシートを準備し、午前中は坂下の組を”ワッショイ”の掛け声のもとで練り歩きます。
おまつり準備

戻って昼食前には各町内会を巡回している警固隊と棒の手による奉納が行われた。

爆竹や手筒砲の合図から、”ホイサー、ホイサー”の掛け声で、飾り着けられた”馬の塔”と一緒に練り

歩いたり、歌に合わせて扇子で舞ったり。
警固隊

その後子供らによる”棒の手”の演武が披露された。

この市無形文化財の”棒の手”は文献によると

はじまりは室町時代ごろと考えられています。
最初は、農民自らを守るための武術としてはじまりました。
戦いが起これば、武士だけでなく、農民も、兵士として参加しなければなりませんでした。
そこで、農民も自らを守るために、「突く」「払う」をおもな動作とする棒の技を工夫し、磨きをかけ、
遂に棒術を完成しました。
しかし、その立ち会い稽古は、武士の武芸とはちがい、お互いが申し合わせたもので、儀式的な動作となっている。
武士の磨いた武芸は剣道として今に伝わり、農民の身につけた棒術は、「棒の手」として伝わり、神社やお寺の
祭礼などで、天下泰平、五穀豊穣を祈願する奉納行事となりました。
更に時代が進むと、祭りなどで観衆を楽しませる演技として、「棒の手」を盛んに行うようになりました。
明治時代には、棒や太刀に加え、キレモノと呼ばれる真剣や槍なども登場して、現在の武術的な「棒の手」が形作られました。
現在、尾張旭市内では五つの流派が、保存会を組織して長い伝統を守りつづけています。

とあります。

少年少女らの演武はまだまだかわいらしいもんですが、それに比べて青年指導者による演武は迫力満点です。
それにしても伝統ある文化財を維持していらっしゃる方々には頭が下がります。
棒の手1
棒の手2

午後は神社参拝後、小学校に集合して神主によるお祓いを受け、坂上の組を練り歩き、宿へ戻りました。
各地区集合

子供会によるお楽しみ会、反省会をして撤収。

朝から酔っ払いつつ、近所付き合いが薄い男衆にとっては近所の皆様を知る貴重な機会であり、お喋りに楽しい1日でした。

  1. 2013/10/14(月) 21:47:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月12日 ぐる輪サイクリングの案内来たー!

飲み会からほろ酔い気分で帰宅すると、封筒が机の上にあった。
DSC04396.jpg

来週10/20(日)開催のぐる輪サイクリングの案内だ。なかなか来ないなとは思っていたが、

これで参加する実感が湧いてきた。

大会雰囲気もコースもお気楽なイベントだが、当日は町内の運動会があり進行係などの運営(進行係)を妻に

代わってもらっての参加だ。だから申し訳ないので14:30以後の片づけ開始までには戻っていたい。

ということは結構ダッシュで回ってこなければならなさそうである。

ただ今度の鈴鹿エンデューロ(秋)の練習には丁度いいトレーニングになるのかも。

頑張って走ってきます。


しかしこの手の案内っていつも発送遅いですよね。
  1. 2013/10/12(土) 00:23:34|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月7日 R41で日本海ライド(その3)

富山駅前のビジホ(ペイチャン無料キャンペーン期間中だったのでラッキー!ってのは、ここだけの話で

内緒です。)で朝食の鱒寿司やおにぎりを目一杯食べ、今日の走行に備える。

1晩屋外駐輪場保管が不安で、輪行袋に入れて部屋に持ち込んだ自転車を、ホテル前で再度組み立てる。

実はこの輪行袋のファスナーが壊れて、閉めても閉じていない状態で全く袋として機能していない。

ホテルフロントに見えないように上手くスルーできたが、電車では無理だろう。どこかでガムテープがホチキスを

調達しなければ。

通りがかりのオッサンと談笑しながら準備を進め、9時過ぎの遅いスタートとなった。

昨晩はホント疲れて良く寝れたからで、無料ペイチャンのせいでは決してありません。本当に!

R41終点までは残すは9km余り。ゆっくり走っても30分程度で到着だ。立体交差の上を走るR8との交差点に

着くと、”一般国道41号線 終点”の案内が掲示されていた。それ以外は当然元標など何も無く

交差点自体はありふれた普通の交差点だ。

金泉寺交差点

その金泉寺交差点をそのまま直進し、R415で左折。

昨日高山から川沿いを走った宮川と高原川が合流し、富山県では神通川として市内を流れるが、その橋の上から

見ると結構水がきれいな川であった。遠くには立山連峰が連なっているが、かすみがかって輪郭しか見えない。

冬ならきっと綺麗に見えるのだろうな。
神通川

そのまま直進するとほどなくして日本海に到着した。昨年のR156では高岡まで到着して海を見ずに帰って

しまったので、2年ごしの目標達成である。
日本海

遠くに見えた新湊大橋を渡るためにさらに海岸沿いをはしると、巨大な橋脚が近づいてきた。

道路を走っていくと橋への道には通行禁止の標識が見えた。自転車は通行不可で歩道すら見えない。

新湊大橋

仕入れた情報と違うな?と思いながら更に近づくと、橋脚手前の柱部分に大きなエレベーターがあり、

どうやら自転車ごと乗せられそうだ。
橋脚のエレベーターに乗って

エレベーターで2階に登るとそこは道路のすぐ下の階で歩道となっていた。側面は完全に閉ざされており、

下を見ても全く怖くない。
橋の下の遊歩道

ここまで数か所に”自転車は押して歩いてください”の看板があり、そこかしこに監視カメラがあったので、

否応なく自転車を押して歩いた。
自転車は押して歩いてください

この歩道からは景色もよく、海王丸パークや能登半島もよく見えた。
遊歩道からの景色

橋を渡りきると、すぐに海王丸パークがある。人が少ないな~と思ったら、月曜日は定休日で船内には乗船見学は

できなかった。今回は居酒屋といい定休日にはまっている。
海王丸パーク

見学もそこそこに、新湊きっときと市場を見てから高岡駅を目指す。途中、万葉線のトラムとすれ違う。

富山市内を走るのと同じようだが、広島のそれとも良く似ている。

ってゆうかあまり興味が無いので、記憶だけでは全く見分けがつかない。鉄ちゃんじゃないもんで。
万葉線

昼食を食べる手ごろなところが無いまま高岡駅に到着した。昼食は駅の改札脇で簡単な寿司で間に合わせ、

輪行袋に自転車を詰め込む。高岡市内までの途中にある古城公園前に自転車屋があって輪行袋を調達も出来たが、

取説が無く、初の前後輪を外すタイプであったため、少し手こずった。
高岡駅改札口前で昼食

13時18分発の特急しらさぎ10号に乗って帰った。電車賃7760円は痛い。輪行袋の余計な出費もあったし。
特急しらさぎ10号名古屋行

今回の1人反省会を開く。

議題の”出費が多すぎ”について考えているうちに、ビール500ml×2本+350ml×1本が消費されて

いった。・・・反省点はそこでしょ!

そういえば終わってみれば高岳To高岡の旅程だったな。
帰りも1人宴会

次回の日本海行きは酷道157号か九頭竜ルートのR158を絡めて福井入りし加賀の温泉でまったりしたい

ものだと秘かに脳内ライドしています。


だらだら長いログにおつきあい頂き、ありがとうございました。

今回も良い自転車日和で楽しかった!
  1. 2013/10/09(水) 22:59:52|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月6日 R41で日本海ライド(その2)

高山を出発し一旦はR41に乗るも、中部縦貫自動車道へ続く自動車専用道路のほうに逸れてしまい、迷走しながら

再びR41に戻る。

今日はおっさんバイク集団が多い。頑張って集団後ろで追走しながらしばらく走ると飛騨古川に到着する。

古い小京都の風情を残す街並みを眺めながらポタポタ観光し、R41にまた戻る。
飛騨古川

飛騨古川

走りだしてすぐに、ずっと迷っていた懸案事項を決断する地点に到着してしまった。

このままR41を走るか?である。

その場合、数河高原への登り道が続くが、生まれたてのバンビのようにプルプル脚が終わってしまう可能性と、

峠越えに時間がかかり最後に夜間走行となるのは避けたい。

R471→R360の宮川沿いなら登りが無いが、R41走破とは言えなくなってしまう。

分かれ道

補給のコーラを飲みながら考え、少々迷ったが・・・結論はやっぱり左折ですよね。当然!

まあ完全走破にそれほどこだわっていたわけではないし・・・という大人の客観的な判断で

エスケープルートを進むことにした。
コーラで補給

このエスケープルートは微妙な下り勾配であったが、谷筋に向かい風が終始吹いていて、あまり恩恵を受けず。

また片側車線工事が随所にあり、対向車が来るまでに通過するようにダッシュと長い信号停止を繰り返し、

結構疲れた。

夜間は通行止めともあったので無駄な停止時間に少々あせりながら、現在どのへんを走っているかもわからず、

日が傾くにつれて心配になってきた。

唯一の救いは走行する車が少ないので、トンネルが続いても安心して通過できたことだ。
R360

そんなこんなで頑張って走っていると、フッと右を見て既視感が。

まるで矢作第1ダムの下の集落のような景色が広がっていた。

蛇行した川と裏山に囲まれたテーブル台のような集落があり、似たような景色があるもんだとこのときは驚いた。

(でも後で良く見比べるとあまり似ていないので、記憶も結構いい加減なものだ。)
まるで矢作ダム下

R360終盤のR41合流目前でとうとう富山県に突入。でもまだまだ山は深い。

この先富山平野に出るまでは20kmちかくを残す。急げ!
富山県突入

まだ何とか明るいうちに平野部に出るとホッとしたが、今度は信号や車が増えて思うようにすすめなくなった。

富山市中心部の富山城址公園に到着する頃には16時半を回ろうとしていた。富山城址公園

途中で見かけたレンタサイクルピット。自転車が整然と並ぶ。急いでいるのにシゲシゲ観察してしまいました。
レンタサイクル

R8と交わるR41終点まで行ってから、再度街中まで戻る時間はたぶん無い。

暗くなってからの宿探しはしたくないので、今日は富山駅までとして周辺のビジホを探すことにした。

日曜日ということもあって元々あまり心配していなかったが、案の定安い宿泊料金を看板に掲げた

1件目に空きがあり即決でチェックインできた。
工事中の富山駅

ただホテルの人に美味しい日本海の幸が食べられるお勧めの居酒屋を聞くと、軒並み日曜日は休日だそうで、

自分の感をたよりに当てずっぽうで居酒屋に入った。

とりあえず(ほぼ)完走ということで、一人で”乾杯~”。 おいしく夕食を頂きました。
1人で宴会

その後、締めのラーメン(またラーメン?)を食べたくなり、飲みながら富山タウン誌(フリーペーパー)で

調査済みの元祖”富山ブラック”の大喜が近くにあったので、迷わず突入した。

元祖 大喜

既にお腹はいっぱいだったので”小量”を選択したが、締めのラーメンには賛否分かれそう。

このラーメンしょうゆ味がメッチャ濃いし、メンマがとてもしょっぱい。肉体労働してからランチでどんぶり白飯

と一緒にかっこんだら美味しいだろうな。という感想だが、お腹一杯のほろ酔いで食べるには少々ヘビーでした。

太麺ということもあり、大盛りを選択しなくて良かった。
富山ブラック

とりあえず1日目はこれで終了!2日目はR41終点まで行き、日本海を見てから輪行で帰ります。

・・・その3に続く(ひっぱりますね)
  1. 2013/10/09(水) 01:08:15|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月6日 R41で日本海ライド(その1)

 昨年夏にR156でひるがの高原を超えて富山県高岡市に行った日本海ライドは、

藤子F不二雄の出生地でもある高岡市の聖地めぐりをしていて、肝心の日本海を見ずに輪行で戻ってしまった。

今回はそのリベンジを兼ねて、予てから計画していたR41経由の日本海ライド第2弾です。

最近の日本ライドのブログ記事(KTMさんayuさん)に触発されたということもありますが、

高山より向こうは行ったこと無かったので、非常に楽しみにしていた企画でした。

コースはこんなんでした。
10月6日 走行距離262km。獲得標高1868m。到達標高782m10月6日 R41で富山へ
10月7日 走行距離40km富山~新湊~高岡

というわけで遠足前の小学生状態なのか、ただ前日早くに就寝したからなのか、夜中2時前には目が

覚めてしまった。再び寝れそうに無く、しょうがないので出かける準備を真夜中にゴソゴソしだす。

3時すぎに家を出発したが、辺りは田舎の住宅街ということもあって静まりかえっている。

新聞屋さんが配達の準備をしている以外は人影も見えず。夜はまるで高速道路と化すR363も、

さすがにこの時間となると車はまばらだ。

尾灯3個と蛍光バンドで最大限後続車にアピールしながら名古屋市の高岳交差点を目指す。

4時にはR41の出発点でもあるその交差点に到着し、真夜中にあちこち撮影して不審人物と化していた。
高岳交差点
高岳交差点

走りだしてすぐに道路案内で富山の文字が。 さあ! 251km先を目指して出発だ!

って普段自動車で走っていても、高速道路でも無いのに200km以上先の案内地を意識することは無いよね?

この案内見て富山までまだまだ遠いな~って思う人はトラック運転手くらいかな?普通は高速道路使うだろうし。
高岳交差点

小牧を過ぎるまでは、止まってばかりでタイミングの悪い信号機にイライラしながらも、お腹が減ったことに

気が付き早朝から牛丼で朝食を取りった後、順調にR41を北上する。

美濃加茂を過ぎたあたりでうっすら空が白みがかって日が昇りはじめる。

寒さ対策に厚着をしたが早朝なのに蒸し暑い。

後で知ったが季節外れに名古屋は真夏日となったが、この時は自己発熱で順調に脂肪燃焼していると勘違いしていた。


飛水峡あたりのトンネル入り口で、走りながら尾灯を点けようと体をよじった際に蛇行してしまい、路肩の縁石に

接触して落車してしまった。

実は落車はこれで4回目なのだが、今までは不思議と怪我は無かった。(もっとも手袋はボロボロにはなったが。)

しかし今回は左手首の打撲と右親指の切創、数か所擦り傷を負ってしまった。

自転車も前後のクイックレリーズもはずれていたが、特に異常は見られず一安心。

何とも間抜けな自爆だが走れないわけでは無さそうだ。ただダンシングで体重を乗せると左手首がチョット痛い。

急坂でのダンシング封印は辛いな~。

これからは横着せずに止まって点灯するようにしよう。転倒しないために。

この落車後当初は怪我が傷んで少々落ち込んだものの、風もなく良い景色を見ながら走っているうちに

気分が良くなっていくのだから我ながら現金なものだと思う。
R41

9時過ぎには下呂に到着し、橋の下で休憩。
 
下呂で休憩
しばし芝生の上に寝転がって流れゆく雲と澄み切った空をボーっと見ていた。
下呂の空

10時前に出発し高山を目指す。1%に満たない勾配なので順調に走るが、この後は宮峠が待っている。

途中”道の駅 渚”の川沿いで日陰になったベンチに横になっていると、フっと気が付けば1時間近く寝ていた。

しまった!おかげで昼前に高山へ到着する予定が13時頃になりそうだ。

ただそれまで単調な走りと早起きで眠気を感じていたが、すっきりしてそれも無くなった。

これ以上不注意での事故、落車はご免だ。

この後、4%程度の坂を登ると宮峠に到着した。前回来た時は真夏の灼熱地獄の中を登ったので意識が朦朧として

辛い記憶しか無かったが、今回は意外にあっけなく到着した。
宮峠
これまでの地味な登りに飽きていたので、高山までのダウンヒルを軽快に飛ばす。

景色も少し広がり位山などの山々が見えて気分がいい。
位山、舟山

高山では毎度高山ラーメンで昼食だが、今回はいつもの”甚五郎ラーメン”では無く、少し気分を変えて”豆天狗”にした。
高山ラーメンは言ってしまえば普通の中華そばの細麺版て感じだが、かつお出汁が濃くて旨く、シンプルで飽きの
こない味で結構好きなラーメンだ。
豆天狗
中華そば

高山市内をフラフラ観光しながら走ってから、道に迷いながらもR41に復帰した。

この先は行ったことの無いところだ。

期待に足取りが軽くなるのを感じた。って単に下り勾配だからなんだけど。
高山 宮川

・・・夜も遅いので続編に続く。
  1. 2013/10/08(火) 00:49:46|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月6日 R41で日本海ライド

本日朝4時から名古屋高岳を出発し、下呂、高山経由で夕方に富山市に到着しました。

鮮魚を夕食の肴にビールで1杯やり、締めの富山ブラックでお腹いっぱい。

暗くなりそうなのでR41富山側の端と日本海は明日ということで、富山駅前で本日は終了。

ビジネスホテルの無料パソコンより。

写真付きレポは後日ということで。

お休みなさい。
  1. 2013/10/06(日) 20:42:49|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の走行計画

 10月は町内会行事で大変忙しい!

秋祭り(土・日)、運動会(土・日)、防災訓練+避難所生活体験泊まり込み(土・日)、別の防災訓練(日)と

4週連チャンで週末は拘束される。

その隙間を縫って行く”ぐる輪”は弾丸で走行→帰宅の強硬プランになりそう。


山では紅葉が始まり、これから気候も良いベストなサイクリングシーズンなのに・・・。

ということで行事が無い今週末は思いっきり自転車を楽しむことにした。

やってみたいライド企画の上位にあった『R41走破』してみようかと。

名古屋高岳交差点から下呂、高山を通っての富山行です。

昨年のR156走破に続いての日本海ライド第2弾はとっても楽しみ。

後半の数河高原登坂に脚が持つのかチョット自信がないが、高山から向こうは行ったことの無い土地なので

冒険心がくすぐられます。


一昨日に日曜休日出勤の話が出たが、『ちょっと都合が・・・』とゴニョゴニョ抵抗したていたら何とか無事回避できた。
更に月曜は忙しいという会社の雰囲気を押しのけ、有給も確保。

家庭の2日間フリーパス券もGet!

また心配された天候も何とか良さそう。

もう残す障害は何故か”残り小遣いが少ない”の1点のみ。まーその原因は帰り電車内の飲み代や宴会なのだが。

今回も宿泊+輪行プランのため、残金で月末まで乗り切れるのか心もと無いが、何とかなるだろう。


会社自転車仲間の高山まで見送りライドする話は、どうも他の都合やら体調不具合やらで無くなりそうなので、

いつもののように1人で走ることになった。


日本海の幸を肴に美味しいビールを頂きたいな。


どうか今週も良い自転車日和でありますように。
  1. 2013/10/03(木) 23:40:23|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (149)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR