日々是好輪走

いつも気持ちの良いサイクリングが出来て良かったね。

3月4~5日 麦草峠

先週の上高地だけでスパイクタイヤを外すのは勿体ない。
というかメンドクサイ。
もう一回何処かの雪上へ・・・と言って頭に浮かんだのは蓼科方面。
そこそこ圧雪してあり雪の壁に阻まれたり埋もれることなく楽しめそうなところが条件ですからね。

週末家族に出かけることを了解申請(?)したのが木曜日。
さっそく宿の手配をするが、冬のリゾート地とあってもここは満杯にはなっていないだろう。
余裕で大部屋雑魚寝分を確保を出来ました。

先週と同じく中央道を再び北へ。
特に混むことなく蓼科へ到着です。
蓼科

まだ早い時間とあって、チョイと寄り道へ。
県道191号線へと逸れます。
意外とというかやっぱりグイグイと標高を上げていきます。
目的地は結構標高が高いところにありますんで。
向かった先は渋の湯の手前にある人造湖の御射鹿池。
御射鹿池

東山魁夷の絵画の一つ"緑響く"のモチーフとなった場所です。
冬の景色がどんなんか見たくなってね。
緑響く

こんな構図でしょうか。
緑も響かず池が雪原となってずいぶんイメージが違いますが
朝の静寂な中で池の周囲をしばし散策します。
池との境界が分からないので、うっかりはまって落ちたら死ねるな!と
あまり池に近づくこともできませんがね。
こんな構図?

R299に戻って更に別荘街を抜けているときに、鹿の群れに遭遇。
10頭以上いましたかね。
冬の食料確保は大変なんだな。
鹿の群れ

展望の開けたカーブで南アルプスの端~正面に中央、北アルプスの山々が一望できる。
展望

国道299号メルヘン広場(地図では蓼科八ヶ岳国際自然学校としか表示されていませんね)
の前の道端に多くの車が駐車されています。
ちょうど冬山トレッキングされる数名がスノーモービルで上がっていく最中でした。
メルヘン広場

ここまでの路上アスファルトには部分的に雪が残っているだけでしたが
通行止めゲートの向こうからは除雪されておらず、雪道が続いています。
通行止めゲート

今回も状況によってはスキーもあるかとクロカン靴も用意していました。
どうにも自転車が無理なら、北八ヶ岳ロープウェイ(旧ピラタス横岳ロープウェイ)から
麦草を目指そうとサブプランも用意しての計画でしたから。
先ずはとりあえずスノーシューズに滑り止め装着して、MTBでトライします。
靴

ゲートからはスノーモービルの圧雪あとが伸びています。
いざ漕ぎ出そうとすると、雪が柔らかくて崩れ、うまく推進力となってくれない。
タイヤも直ぐに埋もれがちでコントロールも怪しい状況。
とても乗れなさそう。今日は風も無く暖かいということもありますが、一応は氷点下。
たぶん雪がスノーモービル程度の圧雪では弱いんでしょうね。
カチカチの雪道でないと雪道は無理だと分かっただけで収穫か。
うーん!困った。
スノーモービル圧雪

チョイと押し登って、下ってみると、ずぶずぶハンドル振られるものの、
意外と走るのは問題ない。
しょうがない。
今回はダウンヒルを楽しむとして、峠まで押し歩きますか。
メルヘン街道(R299)

微妙に足が埋まったり、取られたり歩きづらい中、ひたすらMTBを押し歩く。
途中で日向木場展望台に到着。
空の青さと真っ白な雪が目に染みます。
日向木場展望台

展望台からは八ヶ岳の山々が連なっているのが見渡すことができる。
展望台から

更に登ると、正面に北八ヶ岳の茶臼山が。
そろそろ峠が見えてこないかな?あーしんどい!
正面に茶臼山、縞枯山

やや勾配がゆるやかになり、長い直線路となる。
ようやく峠間近か?
峠ま近

麦草峠に到着。
ここから先はスノーモービル跡も無く、足跡での圧雪が伸びているのみ。
下ってみたい衝動に駆られるが、きっと登り返す労力は先ほどまでの比ではないのだろう。
分別ある大人として止めとこう。
麦草峠到着

周辺の地図。
昔、ロープウェイ駅の縞枯山方面からバックカントリースキーに来たっけな。
自転車でスノーツアーは・・・ムリだろうな。
地図

峠の脇道からすぐの、今夜の宿である麦草ヒュッテに到着。
麦草ヒュッテ

受付をすませて荷物を置く。
準備してある布団の数からも、今晩こんなに結構泊り客がいるんだ。
スノートレイルする人や冬山登山する人も多いんだな。
大部屋

昼食にヒュッテのカレーを食べて、時間もあることだし、
スノートレイルに出かけよう。
スノーシューレンタルもあるようですが、なんとなくこの時間からは勿体ない。
(まあ、1500円ですけどね。)
白駒池までにしようか?五辻方面か?

R155を横切ってヒュッテ反対側にあるトレイル口に足を踏み入れると、
スノーシューが無くても何とかなりそう。
踏み固めた足跡から逸れるとずっぽり埋まりそうですがね。
雪上トレイル

しばらく林間を登ると、大石峠(旧峠道跡)に出た。
ロープウェイ方面と出会いの辻方面に分かれている。
あまり遠くに行けんので、ここは左側の出会いの辻方面へ。
大石峠(旧峠道跡)

突然視界が広がり、見晴らしの良い大きな雪原に出る。
雪原

雪原背後すぐには茶臼山が迫っている。
トレイルからの茶臼山

再び林間に入ってしばらく歩くと、おとぎり平の分岐に到着。
こけももの庭方面でR299にもどるか、出会いの辻か。
もう少しトレイル続けようと、出会い方面へ。
おとぎり平

林間雪道はまだまだ続く。
林間

随分下って、出会いの辻に到着。
ここからは五辻、ロープウェイ駅、縞枯山荘方面に向かうか、R299、狭霧苑地方面か。
まあ、そろそろ戻ろうか。
出会いの辻

下り基調でしばらく歩くと先ほど登ってきたR299メルヘンロードに出た。
また麦草まで登りましょうかね。
自転車無いだけでも登りが随分楽だ。
R299に出る

再び麦草峠に到着。
ヒュッテ前の大雪原を足跡に沿ってぶらつく。
麦草峠大雪原

チョイと運動量が減ると寒くなってくる。
陽が傾いてきたので、そろそろヒュッテに戻ります。
麦草ヒュッテ再び

早い時間からゴロゴロし、置いてある本を読んで時間を潰す。
夕飯を頂いてからはウトウトと寝入ってしまった。
気が付けば就寝時間が過ぎて照明が落ちている。
天気が良かったので星空が綺麗だろうが、
皆が既に就寝に入った後でゴソゴソ出入りするのは気が引けるので
そのまま寝ることにした。残念。
(ホントは十分薄着になってしまっていたので、ガチ寒い外に耐えられそうもない)
朝の始動

翌朝は年寄りが多い登山客からか山の始動が早く、早朝から朝食を召し上がる。
急ぐ必要も無いのでゆっくりと準備を開始するが、
登山でも無く然程装備に時間がかかる訳でも無い。
玄関を出ると、未だトレイル前の同宿泊の方々が集まっていた。
物珍しさの衆人環視の視線の中、本来なら押し歩くべきところを、
何となくの期待感を感じてズブズブの雪の中を無理して漕ぎ出す。
そうそうにハアハア言わせられる状況となってしまった。
ダウンヒル開始

緩やかな斜面ではまだまだペダルが重い。
雪にじんわり埋まりはじめる前に、どんどん進んで勢いつけたほうが良さそうだ。
スタート2

今日も天気は良さそう。
写真撮ったりLINE送ったりしていると、山頂を吹き抜ける風にグローブ脱いだ
指先がどんどん動かんくなっていく。
さっさとダウンヒルを楽しむとしよう。
遠くに山々

とはいっても、景色が良いと直ぐに撮影タイムでなかなか進まない。
自転車はズボッと深雪に立てるだけで、どこでも自立してくれる。
小休止
北八ヶ岳

待望の雪上ダウンヒルは、なかなかのスリリング。
轍にコントロールを取られて不意に横ずれしたりし、カウンター当てることもざら。
勢いよくコーナーに突っ込むと曲がり切れず、雪の中に埋もれるし。
先週の上高地では一面の氷ですらガッチリとグリップしてくれたのとは対照的に
接地面の不安定さが面白い。
スコーンとコケるような突然さは無いので何とか楽しめるレベルでしょうね。
まあ、こけても大して痛くなさそうなのが余計に余裕持って楽しめたんでしょうね。

見覚えのあるコーナー。これ曲がると雪上ダウンヒルも終わる。
これならもう数本やりたいところだ。
スノーモービルで運んでくれんかな?
ゲートGoalま近

冬の蓼科の絶景をあとに、諏訪方面に進む。
北アルプスの山々

向かった先は諏訪湖畔の片倉館。
昨日のヒュッテでは冬季は風呂が無いので、温泉に入って行きたかった。
ちなみに千人風呂とは言っても、流石に風呂の大きさは100人程度の規模だそう。
1.1mと腰まで浸かる深さは特徴的です。
片倉館千人風呂へ

建物は昭和4年に建てられた片倉館。
国重要文化財の風呂というのも貴重ですよね。
片倉館

帰ったらスパイク外すとするか。
(SHOROsの方々並び名古屋近辺のお知り合いの方へ
 650のサイズに合うようならいつでもスパイクお貸ししますので、
 来シーズンお声を掛けて下さい。)

さあ来シーズン、スパイクの次の出番はどこにしましょうかね?

PS.フロントリフトの練習していたら、勢い余って後ろにこけて
   腰を強打しました。まだしっぽが痛い。上げてからの重心移動で止める加減が難しい。誰か教えてちょー。
   MTBで遊ぶのは難・楽しいですね。
  1. 2017/03/13(月) 10:14:02|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月25日 上高地雪上ライド

MTBにスパイク装着して、向かった先は長野県は松本市。
久しぶりに”冬の上高地”に行ってみたかった。
上高地はすごく好きな場所なんですよね~。
(子供の名前を”ほ○か”や、”あ○さ”にしちゃう程に)

昔々の約20数年前に、沢渡(さわんど)駐車場で雪中キャンプしたり、
坂巻温泉付近に路駐し、バックカントリースキーに行って以来。
若かりし日の良い思い出です。

当時は安房トンネルも無く、安房峠は通行止めの本当にドン詰りでしたので
入って来る車も少なく路駐し放題でしたね。

また旧釜トンネルの暗闇と湧き水凍った氷の坂が行く手を阻む感じが
下界との別世界感をいっそう引き立たせ、より神秘さが際立っていたように思う。

で、いざ自転車となると、どうやら釜トンネルからバスターミナルまでの
県道しか走れないらしい。
それだけなら向こうでクロカンというも良いかな?と
スキー担いで行きたいな~。と画策していました。

板入れたスキーバックを襷掛けにしてみたり、
大型ザックに縦固定したり。
はたまた自転車固定できるかハンドルに縛ってみたり。
それで最終的に良さげなのがこの装備。

ところが、いざザック背負って走ってみると、板の間でヘルメットがガシッて固定され
頭を左右に振れないし、前方遠くは見えないしで、
ずっと下ばかり向いて自転車漕ぐことに。
1km程進んでから”こりゃいかん”と諦め、一旦沢渡まで戻ることにした。

さてどっちを優先すべきか?
・タクシーで釜トンネルまで行ってからクロカンするか?
・自転車で河童橋まで行くか?
やっぱ自転車のほうですよね。

ということで、板と靴を下して軽量化したら、仕切り直しの再出発。

意外と遠い釜トンネルまでの国道158号線ですが、
観光シーズンとは比べ物にならない程、交通量がめっきり少なく
狭いトンネル続きでも、気分的にはあまり苦になりませんでした。
登り坂はシンドイですがね。

坂巻温泉を超えると頃には、すっかり冬山の雰囲気。
中の湯温泉の硫黄の匂いが漂ってきます。
DSC03452.jpg


ようやく釜トンネルに到着。
ゲートの係員さんも、”え~自転車っ?”って感じで
色々とアドバイスしてくれました。

要約すると
・工事車両が20台位入っている。主に梓川右岸の治山運搬路は除雪してある。
 除雪幅は車1台分位だが、朝夕くらいしか車は行き来しない。
・左岸の県道側は途中から除雪してないので、踏み固めた足跡が細く1本通っているのみ。
 自転車とのすれ違いが難しくないか?そもそも雪が深いので自転車では走るのが困難か。
・遊歩道は更に雪が深いので自転車は困難。

一応、公には県道以外の工事道は自転車は許可されていないはずなんで
”右岸走っていいのか?”と聞いたら、各々個人の判断によるとのこと。
なんとなく不問な感じのようです。
明確には答えてもらえませんでしたけどね。

もしかしたらゲートで何か言われるかと思っていましたが、
”気をつけてね”と、快く送り出していただけました。


新しい釜トンネルは道幅広く、ずいぶん立派。
もう氷の坂なんてありませんので、軽アイゼンは不要です。
ただ照明は無いので、この写真よりはずっと真っ暗に感じる。
自転車ライトだけの暗闇の中、10%前後の坂がひたすら続く。
大型ザック軽量化していてホント良かった。
DSC03453.jpg

ゼイゼイ言いながら、釜トンネルと上高地トンネル(こちらはずいぶん短い)を超えると
待望の雪道が始まります。


ここまでの舗装路では単に路面抵抗でしか無かったスパイク。
ここからは本領発揮してもらわなければ。
今まで低く連続的なゴムの摩擦音(さしずめ”ヴュゥゥゥゥ”って感じ)に
カリカリと硬い金属摩擦の音でしたが、朝の凍った雪上に入ると”パリパリパリパリ”と
氷を小さく砕きながら引っ掻くような少し高い音に変わる。
圧雪でも凍結路であっても、確実に接地面を捉えて推進力に変えてくれる。
多少の傾斜であっても横滑りすることなく進んでくれるのは凄い!
唯一深い轍のある個所だけは乗り越え角度が小さいと越えるのが難しく、
やや凸凹しているもののタイヤ跡の無い中央のほうが安全に思えた。


梓川左岸の県道と右岸の治山運搬路との分岐では、未だどちらの道も除雪してあり、
どちらからも行けそう。ここは助言どうり右岸側を進むことにして橋を渡る。
雪上走行が面白く夢中で漕いでいると、ふと視界が開けた。
振り返ると左に雄大な焼岳が良く見えた。


しばらく走ると直進、右折の分岐が現れる。
ここは右へ。正面に雪の中で眠りについている帝国ホテルの
赤い屋根が見えてきた。
正面に回り込むと、エントランス(正面玄関の車停め)への通路は未だ雪が深く
入ることが難しそう。


ここで県道に出ると、バスターミナル方面は除雪してあるが、
後方の大正池方面は徒歩での雪上トレイルがあるのみ。
先ほどの分岐からの除雪はやっぱり途中までだったか。
DSC03464.jpg

ここ帝国ホテルからバスターミナルまではもうすぐそこ。


しかしバスターミナルの直前で除雪は終了。ネイチャーセンター前まではトレイルを押して進む。
センター前にMTBとザックを置いて梓川寄りの道から河童橋方面へ。
踏み固めた足跡が少ないところでは、少し外れると一気に膝上まで埋もれる。
ほどなく河童橋に到着。


下流側の焼岳方面は青空が出て良く見える。


ところが穂高方面は曇って山頂まで見えません。
ン~残念。


ネイチャーセンター側の道からバスターミナルへ。
こちらのほうが通行があるのか踏み跡が広く埋もれる心配が無い。


バスターミナルでは全く除雪してなく、雪原が広がっている。
MTBに乗って進もうとするが、深く埋もれて1mも進まない。
もがいて横に倒れて埋もれる。除雪、圧雪路以外はムリだな。
屋根下の一面凍った平坦部分なら全く問題無い。


チョイと運動したらお腹が減ってきた。
アルミ鍋の冷凍うどんをバーナーで加熱開始。冬山はガソリンバーナーに限る。
ところが微妙な火力調節が苦手なこのバーナー。
アルミ鍋の底からポタポタ出汁が垂れてきた。
慌ててコッヘルに中身を移す。危うく焼きうどんになるとこだった。
凍った出汁が十分に溶ける前に強熱加えたので、アルミ鍋は一部溶け掛けてました。


山飯喰ってたら心なし明るくなってきた。
もう一度河童橋方面へと戻る。
先ほど曇って見えなかった前穂奥穂西穂の連山が姿を現してくれました。


焼岳方面もよりくっきり。


嬉しくて、ついでに記念撮影まで。


景色に満足して、先ほどの道を折り返す。
橋を渡った分岐から、もう少し西岸道路を奥へと進む。


ウェストン碑近くを通過しようとしたら、猿が数匹たむろってる。
ロードバイクならいざ知らず、バック背負ったMTBだと襲われても
振り切る自身がない。見えなくなるまでしばしやり過ごしてました。


丁度ここからは蛇行する梓川の正面に六百山が見える。なかなか綺麗だ。


この後、河童橋付近まで除雪してあることを確認し、(その先もまだ続いてましたが。
明神、徳澤付近まで行けるんだろうか?
復路は焼岳を見ながら進む。
温度が上がってきたのか日当たりの良い処ではシャーベット状の雪道になる。
スルズルとタイヤが取られて走りにくい。
凍結路のほうが走りやすいというのが意外な発見。


最後に焼岳の雄姿をもう1枚。


漆黒の釜トンネルの急坂をデイヤ!って下り、ゲートまで戻ってきました。
なんとなく千と千尋・・・の最後にトンネルを抜けたシーンを思い出した。


沢渡に戻る途中で、道路脇にコンコンと流れ出る適温の温泉。
贅沢な温泉垂れ流し状態だ。
そうだ!温泉に入って行こう。


沢渡で車にMTBやザックを押し込み、先ほど通った坂巻温泉へと車でUターン。
DSC03493.jpg

まだ早い時間とあって、露天風呂は終始貸し切り状態。
冷え切った体に極楽極楽。
DSC03496.jpg

今回スキーと自転車の両立に無理があったと感じました。
今度はスノーシューか和かんじきを入手して、スノートレッキングと
組み合わせるのが良さそうです。

1ライドでスパイク脱ぐのは勿体ない。
今度のステージは・・・あそこかな?
  1. 2017/02/27(月) 11:58:25|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2月某日 近況報告

ご無沙汰しております。

いきなり自転車以外の話題から入らさせて頂きますが、
昨年4月に鼠生をまっとうしたモルモットの”まモル”以来、
空席が続いていた我が家の一画。
そこに新しい家族として、この1月から同居を始めておりまして・・・
14875040550.jpeg

ウサギの”ぴょん吉”でございます。
14875040420.jpeg

まだ子ウサギですが、モルモットに無い人懐っこさに
家族全員がメロメロでして。
家族LINEにはぴょん𠮷アルバムがいっぱい。
その幾つかを・・・。
14875040270.jpeg
14875040140.jpeg
14875031760.jpeg
14881075710.jpeg
14881076090.jpeg
春になったら、ウサんぽが楽しみですね~。

で、一方自転車はっと言うと、
琵琶湖以来ロード乗ってませ~ん。
専らMTBのみ。
一応シクロ応援を1週挟み、4週連続で八曽に行ってました。
この八曽自然休養林周辺は、名古屋近郊のMTBコースの代表格だとか。
昔から聞きますもんね。
14875033010.jpeg

14875032810.jpeg

山の中だと、結局何処写真撮っても基本的に木しか写ってませんので、
ほとんどこの1ヶ月写真撮らんかったような。
14875033690.jpeg

最初にSHOROsのMTB部で連れてってもらったコースを基本とし、
以後、知らない道が分かれていれば脇道に逸れるのを繰り返しておりました。
14874701130.jpeg

とりあえずヘリポートへ。
14875035660.jpeg
向かいの八曽山は未だ未踏ポイントなんで、
次回行くとしましょうかね。

今まで脇道逸れて、大概はハマるパターンが多く、
元のスタート地点付近に戻ったり、
道が無くなるのはまだしも
時には道の無い沢に下りて沢下りするハメになったり。
14875033990.jpeg

それでも意外な場所に出たり、
思わぬ景色が見れたりするのが楽しかったりする訳で。
14875035410.jpeg
それにしてもバランスとったり、急斜登るのが難しくって、
まだまだ至らないと痛感します。
なかなか奥が深い乗り物ですな。

そういえばシクロクロスの応援で愛知牧場の試走
(エントリーしていませんが)出来たんで1周だけ走ってみました。

んがっ、とても何周も出来る気がせん。未舗装路は休む暇がありませんね。
ロードだとチョイチョイ休むこともできるのに対し、ペダル止めたらすぐに失速しよる。
周り見て体力の無さを感じさせられます。(という以前に乗ってませんしね。)
14875033170.jpeg


4月は(桜の)アルプス安曇野センチュリーライドに。
(単に面白そうだったんで。ソロ参加なんですがね。前後に美ヶ原あたりを絡めて信州三昧で)
5月は春の鈴鹿エンデューロ アタック120と、SDA大滝100kmにエントリーしてしまっております。
SDAの方はシンドそうで、ちょっと憂鬱気味なんですけどね。
体力作りから始めんといかんですかね。
(ん~練習とか基礎トレとか自身に最も縁の無い
思考な気がする。
モチベーション上がんないと、全く動けんタチなんで。)

と言いながら、興味は別の方向へ。
先週初めてamazonでこれを買っちゃいました。
Schwalbe シュワルベ ICE SPIKER PRO EVOLUTION LiteSkin スパイク タイヤ2本セット
とスペア用スパイク50個 (専用工具付き)
14881076950.jpeg

実は自転車関連の物を通販で買うのは初めてでして、
諸々の価格明細が家族に知れるのがマズいんですよね。
今までさんざん散財しながら色々と買うておりますが、
一切価格言ったことが無いんです。
しかし今回、店で取り寄せると時間かかりそうで、季節柄そう待ってはいられん。

早速会社から帰った平日深夜に装着。
14881077180.jpeg

とりあえず予てから行ってみたかった、冬山に自転車でGo!やで~。
  1. 2017/02/19(日) 20:41:18|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Nao

Author:Nao
愛知県名古屋市近郊に在住。
今年とうとう齢50代に突入。
自転車を2012年1月末に始め、
愛知、岐阜県を中心に週末ライドを
楽しんでいます。
愛車はジャイのDefy3Composite
とLook 695AeroLight。
色々な自転車旅をしてみたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ロードバイク (149)
ミニベロ (9)
お出かけ (14)
カヌー (3)
ロードバイク(海外編) (14)
MTB (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR